調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

「たくましい子どもづくり」と「生涯健康の支援」を使命に掲げ、調布で創業50年を迎えた老舗スイミングクラブ。これまでに、競泳・シンクロナイズドスイミングそれぞれで数々のオリンピック・国際大会代表選手を輩出。その選手育成過程で培った、できるだけ身体に負担ないフォームで効率よく泳げるようになる指導方法には定評があり、子ども向けレッスンでもそのメソッドを導入。水泳を通じ成功体験を積むことで強い心を育むことも大切にしています。

コサイトinterview

「オリンピック選手育成のためのスイミングクラブかと聞かれることもありますが、そんなことはありません」

そう話すのは、代表の金子日出澄さん。スクールのフロントには、ジュニアオリンピックやオリンピックで活躍した所属選手の写真が貼り出されていたので、選手育成が中心なのかと思いましたが…。

「いえいえ、確かに世界大会で競える選手を育成するコースもありますが、そのコースで蓄積した『楽に速く泳げる』メソッドを、初心者クラスのレッスンに活かしているのです。競技水泳の指導は日々進化しています。アクラブの水泳指導も常に進化しているというわけです」

子ども向けのクラスでも活かされているのですね。
「はい、そうです。ただ、子どもは言葉で身体の使い方を指導しても理解が難しいこともあるので、レッスンでは実際に泳ぐことで、身体で覚えるように指導しています」

子どもだけでなく、ママやパパが参加できる大人のクラスもありますね。
「アクラブ調布では現在、マタニティから92歳まで幅広い年齢層の方々に通っていただいています。また、泳げるようになって、スキューバダイビングなどに興味を広げられる方もいらっしゃいます。私たちは、これからも地域の方々が水に親しめる場を提供し続けます」

コサイトreport

親子水泳キッズコースに、4歳の娘と参加しました。

バタ足の練習の後、コーチが一組ずつアドバイス。娘の水慣れ状況を見て、腕の伸ばし方などの教え方を私に伝授。そう、ここは親が子どもに教えることを大切にしているクラスなのです。早速レッスン開始。コーチの指示どおり3m先で待ち構えます。娘は私のところまで浮き身(けのび)で到着。その後、何度か浮き身を練習して25mプールの端にタッチした娘は満面の笑み!

隣のレーンに移動し、大きなビート板やフープで遊びながらコーチの元へ。気が付いたら5往復、私も歩いているだけなのに結構な運動量となって一石二鳥。

夕飯時「今度はもっと長く浮かびたいなあ」と話す娘。私からはパパに水泳の教え方を共有できたし、家族の話題が一つ増えました。(取材・渡辺セイコ)

名称アクラブ調布(スイミングスクール)
所在地東京都 調布市 国領町 6-27-12
大きな地図で見る
電話042-483-3230
FAX042-488-1586
メールchofu@aqlub.com
ホームページURLhttp://www.aqlub.com/chofu/
休み無休
営業時間10時~18時
(木曜10時~20時30分、土曜9時~17時30分、日曜8時45分~16時30分)
アクセス国領駅 徒歩 8分
バス停「調布第二小学校」下車徒歩2分
駐車場16台
他、提携駐車場有
駐輪場30台
開講プログラム●親子水泳
ベビー … 生後6カ月〜3才とその保護者、30分/回、毎曜日開講。
キッズ … 2才〜未就学児とその保護者、45分/回、毎曜日開講。
キッズ・アドバンス … 浮き身が少しでもできるキッズ受講生とその保護者。45分/回、毎週土曜日開講。

●ジュニア水泳(週1回〜)
ジュニアA … 3才〜未就学児、45分/回、毎曜日開講。
ジュニアB … 4才〜小学生、45分〜/回、毎曜日開講。
ジュニアC … 4才〜中学生、60分/回、毎曜日開講。
ジュニアD … 5才〜、60分/回、毎曜日開講。
その他、A級選抜クラス、個別指導、障がい児水泳クラスなど

●マタニティスイミング … 妊娠16週以降、60分/回、木・日曜日開講。
●スキルアップ体操 … 3〜5才・5〜8才・8〜12才クラス、月・木・土曜日開講。

※開講時間や料金、体験レッスン受講申し込みなどの詳細は、公式ホームページをご覧いただくか、アクラブ調布まで直接お問い合わせください(042-483-3230)
 送迎バス、振替制度、休会制度、家族割引や家族間振替制度(「無駄無ネクサス」など)あり。
 成人(15才以上)向けレッスンも多数、自由遊泳会員も受付中。
その他●毎年、春休みと夏休みには完全少人数制の短期スイミング教室を実施。2017年夏休みの日程はこちら(コサイト特典料金あり)

●ただいま、コサイトではジュニア水泳に通う子どもを毎月密着取材中!取材の様子はこちらのコラム「密着!子どもスイミング」をご覧ください。
ページトップへ