調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

子育てお悩み相談室

第12回
回答:保育士 徳田武史さん・沼澤弥生さん・田村明子さん
お友達とおもちゃの取り合いばかり…

2016年9月9日 公開

公園などに遊びに行ってお友達ができても、すぐにおもちゃの取り合いになってしまいます。(2歳の女の子のママ)

(回答:上石原保育園保育士 徳田武史さん・沼澤弥生さん / 下布田保育園保育士・田村明子さん)

 

お友達のおもちゃで遊びたいと思ったら、すぐに手が出てしまうのが2歳ごろの子ども。しょっちゅう起きるトラブルに悩む方も多いと思いますが、こういう時はお友達との関係性を身につけるチャンス。

「お友達のものを取っちゃだめ!」「お友達に貸してあげなさい!」など、ただ叱ったり、無理やり強要したりするのではなく、子どもが自分で行動できるよう話してみましょう。 

 

おもちゃを取ってしまったら

「自分もそのおもちゃを使いたい」という本人の気持ちを、お友達に伝える方法を教えてください。たとえば「これは◯◯ちゃんのおもちゃだから、まず◯◯ちゃんに返そうね」と伝え、「『貸して』ってお願いしてみようか」などと声をかけます。

 お友達に「いいよ」と言われたら、自分で気持ちを伝えられたことを褒めてあげましょう。また、「まっててね」と言われたら、「貸してもらえるまで、◯◯して待っていようか」などと伝え、一緒に待ってあげてくださいね。

 

「貸して」と言われても貸せない時は…

「おもちゃで遊んでいたい」と思うわが子の気持ちに寄り添ったフォローが大切です。たとえば「お友達に貸してあげようか?それとも、もう少し遊んでから貸してあげる?」など、いくつかの選択肢を子どもに伝え、子どもに選ばせてあげます。

 

そして、お友達に貸すことができたら、「貸してあげられてえらかったね」など、できたことをいっしょに喜びましょう。



DSC_5182

そうしたお友達とのやり取りを何回も経験するうちに、「おもちゃを使いたい時は、気持ちを伝えればいい」ということが分かってきます。そうすると、親に促されなくても自分から行動できるようになり、自然とトラブルも減ってくることでしょう。

IMG_2909

子どもは何度も同じようなことをやり、そのたびに親が伝えてあげる…その繰り返しが子育てです。少しずつ「どんなふうに伝えたらいいかな」と考えてみてください。

 

今は大変な時期だと思いますが、子どもの気持ちになって考えられる余裕ができるといいですね。 

 

バックナンバー

第15回2017年1月24日
受験本番直前!今、親ができること
第14回回答:西牧たかねさん(元調布市立中学校教諭・ 調布市子ども・若者総合支援事業学習コーディネーター)2016年11月4日
思春期の「目は離さない」子育てとは
第13回回答:西牧たかねさん(元調布市立中学校教諭・ 調布市子ども・若者総合支援事業学習コーディネーター)2016年10月7日
思春期の子育て 「手を離して目を離さない」って?
第12回回答:保育士 徳田武史さん・沼澤弥生さん・田村明子さん2016年9月9日
お友達とおもちゃの取り合いばかり…
第11回回答:保育士 徳田武史さん・沼澤弥生さん・田村明子さん2016年8月19日
食事中に気が散ってしまいます
第10回回答:保育士 徳田武史さん・沼澤弥生さん・田村明子さん2016年7月25日
暑い夏の過ごし方
第9回回答:教育支援コーディネーター 吉本裕子さん2016年7月11日
小学生になったら(その2)
第8回回答 教育支援コーディネーター 吉本裕子さん2016年7月2日
小学生になったら(その1)
第7回回答 教育支援コーディネーター 吉本裕子さん2016年4月25日
「小1プロブレム」が心配です(その2)
第6回回答 教育支援コーディネーター 吉本裕子さん2016年4月25日
「小1プロブレム」が心配です(その1)
ページトップへ