調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

子育てお悩み相談室

第6回
回答 教育支援コーディネーター 吉本裕子さん
「小1プロブレム」が心配です(その1)

2016年4月25日 公開

小学校に入学したばかりの息子がいます。どちらかというと落ち着きがない方なので、きちんと席について授業が受けられるかどうか少し心配です。最近よく「小1プロブレム」という言葉を聞きますが、入学後しばらくは気をつけたほうがいいのでしょうか。(6歳男の子のママ)

 (回答:教育支援コーディネーター 吉本裕子さん)


 

気になる場合は相談を

 

一般的に「小1プロブレム」とは、小学校入学直後の子どもたちに「話が聞けない」「つい手が出てしまう」「授業中立ち歩く」といった、学級が落ち着かない状況などを指します。

以前は、4月から5月ごろまでには教師の指導などによりおさまっていたのですが、最近はいつまでもおさまらない傾向にあります。

 

それには、いくつかの原因があると考えられています。

 

ひとつは本人の特性によるものです。

平成24年度に文部科学省が全国を対象に行った調査によれば、発達障害がある、またはその傾向があると思われる子どもたちは、児童全体の6.5%という結果が出ています。この数字自体は10年前の調査とほとんど変わりません。しかし、学年別に見ると小学1年生は9.8%、2年生では8.2%。1クラスに1人から2人はいることがわかり、低学年のクラスで高い割合を示していることが明らかになりました。

 

この状況で、最も大切なことは、そういった特性を持つ子ども1人1人に適切な対応をすることです。

 

発達障害は早期に見つけて対応することで、ずいぶんと状況が改善します。そして学校現場での対応も研究が進んでいるので、わが子について気になることがある場合は、ぜひご相談ください。

 

発達に特性のあるお子さんの場合は地域の小学校に在籍しながら、特別支援教室で指導を受けることで、安定する場合もあります。調布市の教育支援コーディネーター室では、保護者の方からの相談を受け付けています。

 

「小1プロブレム」の原因は他にもあります。次回公開の「お悩み相談室」で詳しくご紹介しますのでそちらもぜひお読みください。

 

 

バックナンバー

第15回2017年1月24日
受験本番直前!今、親ができること
第14回回答:西牧たかねさん(元調布市立中学校教諭・ 調布市子ども・若者総合支援事業学習コーディネーター)2016年11月4日
思春期の「目は離さない」子育てとは
第13回回答:西牧たかねさん(元調布市立中学校教諭・ 調布市子ども・若者総合支援事業学習コーディネーター)2016年10月7日
思春期の子育て 「手を離して目を離さない」って?
第12回回答:保育士 徳田武史さん・沼澤弥生さん・田村明子さん2016年9月9日
お友達とおもちゃの取り合いばかり…
第11回回答:保育士 徳田武史さん・沼澤弥生さん・田村明子さん2016年8月19日
食事中に気が散ってしまいます
第10回回答:保育士 徳田武史さん・沼澤弥生さん・田村明子さん2016年7月25日
暑い夏の過ごし方
第9回回答:教育支援コーディネーター 吉本裕子さん2016年7月11日
小学生になったら(その2)
第8回回答 教育支援コーディネーター 吉本裕子さん2016年7月2日
小学生になったら(その1)
第7回回答 教育支援コーディネーター 吉本裕子さん2016年4月25日
「小1プロブレム」が心配です(その2)
第6回回答 教育支援コーディネーター 吉本裕子さん2016年4月25日
「小1プロブレム」が心配です(その1)
ページトップへ