MY助産師を見つけませんか? マザリーズ助産院

出産前後に関わることが多い助産師さん。実はお産だけでなく、妊活相談、妊娠中の相談、母乳ケア、産後ケア、育児相談、赤ちゃん~思春期のお子様の性教育、大人への性教育、更年期と老年期の相談まで、女性の一生涯の健康に関わるスペシャリストです。

「10年来の馴染みの美容師さんがいるように、あなたの一生涯に伴走してくれるMY助産師を見つけませんか?」と話すのは、深大寺でマザリーズ助産院を運営している助産師の棚木めぐみさん。マザリーズ助産院ではお産や産前産後ケアはもちろんですが、それ以外にも実にさまざまな相談を受けているのだそう。

たとえば、

「パパやお姑さんとの仲が悪くてストレス」

「妊活に疲れ果ててしまった」

「わが子がかわいいと思えない」

「自分が女性であることを心から喜べない」

など、すぐには答えが出ないものばかり。

 

「女性の悩みは一人一人なんと複雑で、そして皆さん、よりよく生きようと懸命にもがいているのだなと、感動しながら傾聴して、共に泣いたり笑ったりしています。私に話すことで、少しでも心が軽くなってくださればいいなと思います」

もちろん産前産後のマイナートラブルのご相談も遠慮なくどうぞ、と棚木さん。

「母乳ケアは24時間対応しています。乳腺炎は待ったなしですから、痛くて困っているという方は090-3535-9227までお電話ください」

 

最近では「性の多様性」についての講演依頼も増えているのだそう。11月30日(日)には聖路加国際大学で「性の多様性とグローバリズム」という講演を予定。当事者ゲストも招いて行われます。医療従事者でなくても、性教育や子どもの教育に関わる方、一般の方、どなたでもでも参加できますので、ご興味のあるかたはぜひお出かけください。

 

産んでも産まなくても、老いも若きも!ぜひ助産師さんにご相談を。

 

シニア世代の「充実した住まい」も提供

たとえば私たちの「親世代」の住まいについて、考えたことはありますか?終の住処は、安心して楽しみながら暮らしてもらえたら…と誰もが願うことでしょう。

 

調布市深大寺にある「アメリア深大寺南(外部リンク)」は、渋谷不動産エージェントが提供している、サービス付き高齢者向け住宅です。

平成25年に開設して以来、サービスの充実はもちろんのこと、「ブルーベリー狩り」などの外出イベントや「サロン・ド・アルメリア」(住宅内イベント)など、居住者向けに多様なイベントを実施。居住者同士が交流する場も多数設けていて、いずれも大人気なのだそう。

渋谷不動産エージェントは、賃貸や売買物件を紹介するだけでなく、高齢者向け住宅にも力を入れている地域に根ざした不動産屋さん。調布駅東口降りてすぐのところにある店舗内には、キッズスペースを設け、子連れでもゆったり相談できる雰囲気を整えています。

何より、スタッフの多くが地域で生活している女性というところも、地域情報が得られるという点で大きな魅力。ニーズに寄り添い、丁寧に対応してくれます。

今年11月にはサービス付き高齢者向け住宅「アルメリア成城北」(調布市入間町・重量鉄骨3階建て・全20戸・24時間有人管理で安否確認、生活相談、緊急対応あり)がオープン予定。すでに多数の問い合わせ、申込みがあるという人気物件です。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

 

 

更新続々! 新着まち情報

コサイトは毎月、たくさんの「まち情報」が新規に掲載されています。今回は9月に新しく登場したお店をご紹介。編集部スタッフが今月も足で稼いだ美味しいものや気になる雑貨店の情報はこちらからっ!

 

千代富 清風堂(ちよふ せいふうどう)

昭和2年創業の和菓子屋さん。定番カフェ大福が人気♪

だるチャンのおうち

海外からのお客さまをお連れしてもよさそう♪「だるチャン」に会えるかな?

 

深緑(MIEN)

畳の「へり」を使って制作されたバッグなどを販売しています。

 

深大寺まいり あめや

深大寺の門前に立つ土産店。そばパンなど美味しいものがいっぱい♪

 

深大寺門前そば本舗

昭和29年創業、地域の人たちに親しまれているお蕎麦屋さんです。

 

AOSAN

仙川にある行列ができるパン屋さん。角食が大人気!

 

アトリエうかい トリエ京王調布

一つ一つ丁寧に作ったお菓子が美味。イートインもあります。

 

野地精肉店

西調布の精肉店。メンチカツなどのお惣菜が人気です。

困ったときの「子どもごはん」レシピ1 

コサイトでは、調布市内の認可保育園「パイオニアキッズ」で提供している給食を取材しています。子どもの心と身体を育む食事とは?詳しくはコラムをお読みくださいね。

 

ここでは取材した日の、給食のレシピをご紹介します。パイオニアキッズの給食は和食が基本。「ま・ご・わ・や・さ・し・い」を意識して、バランスのよい食事を提供しています。

味覚が敏感な子ども時代は、できるだけ素材の味を感じさせてあげたいもの。ご家庭での味付けの参考にしてください。

 

パイオニアキッズある秋の日の給食

 

・さんまの塩焼き

・鶏肉と大豆の切り干し大根煮

・じゃがいもとかぼちゃのグリル

・わかめ、冬瓜、まいたけのいりこだしみそ汁

・ごはん

 

さんまの塩焼き

材料(1人分)と作り方

さんま(頭・内蔵抜き) 1/2切れ

油 少々

塩 少々

 

1 天板に油を敷き、その上にさんまを並べる。

2 さんまに塩をふる。

3 オーブンで200度、15〜20分ほど焼く

4 さんまに焦げ目がついたらできあがり。

※コラムでは、園庭にかまどを作って焼いた様子を取材しましたが、ここでは給食室内で調理した場合、オーブンを使った調理法をご紹介しています。

鶏肉と大豆の切り干し大根煮

材料(1人分)と作り方

鶏もも肉 10グラム

切り干し大根 3グラム

人参 10グラム

えのき 10グラム

水煮大豆 5グラム

醤油 小さじ1/3

三温糖 小さじ1/2

片栗粉 少々

 

1 切り干し大根を水に浸して戻す。戻したら4センチ長さに切る。

2 にんじん、えのきを長さ4センチの千切りにする。

3  なべに全ての材料としょうゆ、三温糖を入れ、少量の水を加えて煮る。

4 火が通ったら、少量の水で溶いた水溶き片栗粉を回し入れ、とろみをつけたら完成。

 

じゃがいもとかぼちゃのグリル

材料(1人分)と作り方

じゃがいも 20グラム

かぼちゃ 20グラム

油 少々

塩 少々

ごま 少々

 

1 じゃがいもとかぼちゃを厚さ5ミリの薄切りにする。

2 ボウルに切ったじゃがいもとかぼちゃと油を入れ、よく混ぜる。

3 天板にうつし、オーブンで200度、10〜15分焼く。

4 塩、ごまをふって完成。

わかめ・冬瓜・まいたけのいりこだし白みそ汁

材料(1人分)と作り方

わかめ 0.3グラム

冬瓜 10グラム

まいたけ 10グラム

いりこだし 80グラム(いりこ5尾)

みそ・白みそ 合わせて小さじ1/2

 

1 頭とはらわたを取ったいりこを、フードプロセッサーで粉末にする。

2 鍋に水80グラムと粉末にしたいりこを入れる。

3 わかめを水に浸して戻す。戻したら1.5センチ角に切る。

4 冬瓜、まいたけを一口大に切り、いりこだしで煮る。

5 火が通ったら、みそ、白みそを入れ、ひと煮立ちさせる。

 

この日のみそ汁のだしは粉末にしたいりこ。粉末をそのまま使うので、みそが少なめでも味がしっかり、満足感が得られます。ぜひお試しください♪

 

 

 

 

 

アフタースクールワイズ調布

編集部が取材! 民間学童の人気講座

子どもの探究心を育むプログラムが充実している民間学童「アフタースクールワイズ調布」。人気講座の1つ「図形・パズル」に編集部がお邪魔してきました。子どもたちが熱中する授業の様子を<コサイトreport>で紹介しています。

 

「アフタースクールワイズ調布」は放課後の預かり保育だけでなく、英語、暗算、プログラミングなどの専門プログラムを有料オプションとして提供。多数の教育事業を手掛けるZ会グループならではのラインナップで、学童に通いながら充実した学びの機会を得られるのが特長です。

 

年少〜年長のお子さんには、小学校入学年度4月からの利用を予約する「プレ会員」制度があります。ご興味がある方は「アフタースクールワイズ調布」にお問い合わせください。

アフタースクールワイズ調布 アフタースクールワイズ調布

身体をつくる「バランス」子ども食

心も体も、子どもは日々成長しています。その成長を支えているのが毎日の食事。成長期だからこそ、心がけたいことはきっとたくさんあるはずです。そこで今回は、幼児期の食を提供している保育園の給食を通して、あらためて「子ども食」について考えてまいりましょう。

 

 

調布市内に5つの認可保育園を持つパイオニアキッズの給食には、さまざまなこだわりがあります。それはいずれも子どもの成長を支えるため。まずは取材当日の献立を見てみましょう。

 

サンマの塩焼き

鶏肉と大豆の切り干し大根煮

じゃがいもとかぼちゃのグリル

わかめ・冬瓜・舞茸の白味噌汁

おにぎり

フルーツ(すいか・ぶどう)

 

 

パイオニアキッズでは、食物アレルギーの子どももできるだけ同じように食事ができるようにという配慮もあり、卵・乳製品・小麦は使いません。またどちらかというと家庭では食べる機会が少ない魚料理を中心に和食の献立を提供しています。

 

 

「今日はかまどごはんの日なんです。園庭にかまどを作って火を起こして、今日はそこで子どもたちと一緒にサンマを焼きます!園庭で食べますので、ごはんもおにぎりなんですよ」(管理栄養士・めぐみさん)

 

あえてみんなで火を起こして、焼くという経験もセットでいただく食事とは、楽しそう!

 

 

「ま・ご・わ・や・さ・し・い」

 

ところでこのフレーズ、聞いたことがありますか? これは日本で伝統的に食べられてきた「和食」に使われる食材の頭文字をとって、覚えやすくしたというものです。

 

ま…豆類や豆腐、味噌など加工品など。良質なたんぱく質。

ご…ごまやナッツ類。ミネラルがたっぷり。

わ…わかめなどの海藻類。カルシウムなどのミネラルが豊富。

や…野菜全般。ビタミン、ミネラルが豊富。

さ…魚類。たんぱく質の栄養価が高くDHAやEPAなども含む。

し…しいたけなどきのこ類全般。食物繊維やビタミンDなど。

い…いも類全般。炭水化物、糖質、ビタミンC、食物繊維など。

 

 

パイオニアキッズの給食では、この「ま・ご・わ・や・さ・し・い」を常に意識して献立を作っているとのこと。

 

「子どもの身体を作る栄養素として欠かせないのはたんぱく質ですが、やはりいちばん大事にしているのはバランスです。何か1つだけ食べればよいというものではありません。いろいろな栄養素をバランスよく摂取するよう献立づくりをしています」(めぐみさん)

たとえばカレーライスの日はスープに魚を入れるなど工夫しているのだそう。家庭で日々「ま・ご・わ・や・さ・し・い」をパーフェクトに摂取するのは難しいことですが、ゆるやかにでも意識することで、自然と日々の献立のバランスが取れてくるかもしれません。たとえばきのこや海藻、野菜はお味噌汁に入れて具だくさんにするなど、工夫すれば意外にできそうな気がしてきませんか?

 

 

火を起こしてサンマを焼く

 

さあいよいよ火起こしが始まります。子どもたちが慣れた手付きで、かまど用のブロックを運びはじめました。ブロックで囲いを作り、中心に木っ端や炭、火付け剤にジュースの紙パックなどを重ね、その上に大きな金網を乗せました。

 

のりこ先生は火起こしの名人!重ね方にもコツがあるという木っ端類を手際よく重ね、火をつけます。そこからはひたすら団扇であおぎます。子どもたちもみんな全力で!

炎が安定してきたところで、めぐみさんがサンマを持ってきてくれました。一人半身ずつ。小さい子たちはしっかり骨を抜いた切り身ですが、年中、年長ぐらいになると骨付きでいただきます。

焼けています!美味しそうです!アルミホイルに包まれているのは、かぼちゃとじゃがいもです。

サンマは直火でガンガン焼いているので、丸焦げになってしまうのではないかと、見ている取材チームはハラハラしてしまいましたが、いらぬ心配だったよう。しっかりほどよく焼けました。

アルミに包んでグリルした野菜はどうなったでしょう。「そろそろいいかな?」とアルミホイルを開いてみると…湯気が立ち上りふわ〜っ!

「わ〜いいにおい!」

「じゃがいもだ!おいしそう!」

「ぼく、においでじゃがいもってわかる!」

「ふわ〜〜〜(うっとり)」

「ほかほかだ!」

一人ずつ鼻を近づけて匂いを嗅いで大喜び。楽しい体験と美味しそうな香り。子どもたちにはこんな経験こそさせてあげたいものです。決して難しく考えず、たとえば家庭でもパンをトーストする香り、炊きたての御飯の香り…香りだけでも一緒に楽しむと、親子で幸せな気持ちになれそうです。

 

「子どもにとって、食べることはお腹を満たすだけでなく、心の成長のためにも大切なことだと考えています。お友だちと一緒に、共感しながら食べる楽しさが大事だと思います」(めぐみさん)

 

 

食べてみたら「なーんだ食べられた」

 

魚、海藻、きのこ類…。パイオニアキッズでは毎日しっかり献立に入っている食材ですが、子どもたちに人気の食材とは言えないような…?

「全員がはじめから順調に食べてくれるわけではありません。本当に苦手な食材もあるでしょう。けれど、保育園で子どもたちと接していて感じるのは、『食べたことが無いから、食べたくない』という、いわゆる『食べず嫌い』が案外多いということです」(のりこ先生)

 

 

給食時、幼児さんたちは自分で食べたい量を自分で盛り付けます。だから当然のことながら、苦手なものには手を出そうとしません。そんなときはごく小さいかけら程度でも1つ、必ず盛り付けるよう促しているのだそう。そして、そのひとかけらが食べられたら全力でほめてあげます。

いったん食べることができると「なんだ、食べられるじゃん」という体験になり、すぐさまおかわりする子もいるのだとか。見た目が嫌で「減らしてください」と言ってきた子も、食べてみたらおかわりすることも。

 

「食べたことがない食材は、一口目を口に入れるまでが大変です。その日の気分や体調にもよります。だから保育園では『食べてみようかな』という気分にもっていけるムード作りを大切にしています」(のりこ先生)

どうしても苦手なものは、無理に食べさせないことも大事だといいます。どうしても匂いが嫌だったり、食べようとしてもオエッとなってしまうこともあります。

 

「じっくり時間をかけてゆっくり少しずつ食べられるようにしていくことを目指しています。だから今日食べられなくてもいいじゃない、また次の機会に食べてみようか、と。何よりも重要なことは、食事が楽しいこと、だと考えています」(のりこ先生)

 

 

食べる量と栄養バランス、咀嚼の関係

 

一人ひとりが食べる量は個人差があります。食べる量が少なめでも、身長と体重がバランスよく増えていれば気にしなくてもよいのだそう。

 

「数カ月間ずっと体重が増えない場合は食事を見直したほうがいい場合があります。たとえばお菓子をたくさん食べている子は日々お腹は満たされているものの、成長に必要な栄養素が足りていない可能性があると考えられます」(のりこ先生)

 

また、家庭ではたくさん食べているという子どもたちの中には、実はあまり噛まずにそのまま飲み込んでいる場合もあるのだそう。よく噛んで食べると味わうことはもちろん、満足感にもつながります。

「食べる量は多いけれど、実は咀嚼が十分ではないこともあります。噛まないとどうしても食べすぎてしまうので、やはり噛むことは大事。咀嚼は滑舌とも関係があり、よく噛んでいると滑舌もよくなると言われています」(めぐみさん)

 

身体にも滑舌にも大切な咀嚼を促すため、保育園では噛むことを促す献立を提供する「かみかみ月間」なども設けているそう。

 

「噛みごたえのあるメニューを、と思いたたきゴボウを出したことがあるのですが、人気がなくて(笑)。いろいろ工夫して甘味噌味のたたきゴボウにしたら、喜んで食べてくれるようになりました。玄米も週に2回ほど提供しています」(めぐみさん)

▲ワンプレートに盛り付けました。 写真のサンマは調理室のグリルで焼いたもの。 味噌汁もつきます。

 

今日はお外で「いただきます」

 

さて、子どもたちの食事が始まりました。かまどで焼いたサンマをみんな器用に食べています。

▲こちらはかまどで焼いたサンマ。焼き色がワイルド!

 

かまど調理の日は、外でテントを張ったり、どろんこ遊びをしたり…朝から夕方まで屋外で過ごすことが多いそう。

「栄養バランスよく、量もしっかり食べるだけでなく、身体づくりに大切なことは外の光を浴びて遊ぶことだと考えています。それが子どもの体力を育み、ますます元気に成長していく土台となるからです」(のりこ先生)

子どもの身体作りに欠かせない「食」。ただお腹を満たしていればいいというものではありません。とはいえ、毎日の食事作りは大変なこと。保育園の給食を参考に、みなさんのご家庭でもできそうなところから、子どもの身体づくりのために始めてみませんか。

コサイトマガジン, 大人の習い事

ママだって楽しみたい! 大人の習い事

コサイトマガジン2019年11月号配布中!

調布市子ども生活部の窓口や、子ども家庭センターすこやか児童館、 図書館などの市内の子育て関連施設や親子カフェaonaなどで配布しています)

 

今回は人気コラム「育てる」こどもごはんや、ママの習い事を特集。その内容をちょっとだけご紹介しますね♪コサイトマガジン2019年11月号

始めよう! 大人の習い事

●女性専用スタジオで楽しくキレイに

岩盤ホットヨガのほかバレエやダンスレッスンも「ルキナ仙川

 

●親子で英語絵本に親しもう

読み聞かせ方法や絵本の選び方が学べる「バイリンガル絵本クラブ

 

●ママも子どもも通えるフラダンス

体験レッスンあり。子連れで参加できるクラスも「Halau O Pilialoha(ハーラウ オ ピリアロハ)

 

●子連れで参加できる編み物教室

好きなものを自由に編めるニットカフェも開催「あおいろニット

 

●手軽なパン作りを単発レッスンで

元保健師の先生が指導。子連れOK!「小さなおうちパン教室CLOVER

 

 

いつかはと思っていても、つい後回しになりがちなママの習い事。思い切って始めたら、いい息抜きになるかも♪ 上手に自分の時間を持てたらいいですね。

 

気分転換にピッタリな「大人の習い事」は、こちらもチェック!

 

月1回の無料メルマガ「コサイトクラブ」

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ ご登録はこちらから!コサイトマガジン, コサイトクラブ, 調布, 子育て, 子連れ, イベント

おいしい「ドゥーラごはん」をプチ体験

産後の暮らしをサポートしてくれる「産後ドゥーラ」。産前産後の女性の特性を理解し、妊娠中から産後の女性の不安定になりがちな気持ちに寄り添い、ママとそのご家族のくらしを支える専門家です。

 

調布市内を中心に活躍中の産後ドゥーラ・今利由季さんは、掃除や洗濯物などはもちろんですが、お料理の手早さ、美味しさ、野菜たっぷりのメニューの豊富さが魅力!短時間で何種類ものおかずを作ってくれるので、産後でお疲れのママは大助かりです。

 

ドゥーラごはんをまずは体験してみたい、という方におすすめなのが「マタニティケア+産後ドゥーラ事前相談」プラン。はじめに産後の暮らしをイメージしながらのドゥーラとの相談タイム。その後、タイ古式ケア・ゆるのばの曽根かな子さんによるマタニティケアを受けている間に、野菜たっぷりの一汁二菜のドゥーラごはんを今利さんが作ってくれます。

 

また、つつじケ丘の古民家「もえぎ家」で開催されている「【マタニティさんも歓迎】お出かけや家事も楽々♪抱っことおんぶ講座」でも、今利さんのドゥーラごはんを体験できます。

不定期開催中のイベントなので、もえぎ家のSNSやウェブサイトをこまめにチェックしてくださいね。

 

 

 

多摩ファミリーアカデミー

子どもにかかるお金のこと、考えてみませんか?

ファイナンシャルプランナー(FP)によるコンサルティングサービスを提供する「多摩ファミリーアカデミー」が、6歳以下の子を持つママに向けてマネーセミナーを開催しています。

 

習い事や受験にかけるお金をどう考えたらいいのか、子育てしながらスマートに働くためのライフプラン術など、自身も子育て中という代表の井上貴広さんが講師となり、最新の教育事情や地域のトレンドを含めて解説。教育費や住宅費、将来への備えなど「お金」の悩みや不安を抱いている方にピッタリの内容で、1回ずつの単発講座だから気軽に受講できます。

 

ただいまセミナー(子連れ参加OK)の申し込みを受付中! 気になる方は イベントページ で日程をご確認のうえ、お早めにお申し込みください。

産前産後のマイナートラブルケア&お悩み相談も

産前産後の体や心は不安定。産前にはつわりや腰痛、産後には乳腺炎や腱鞘炎など日常生活に支障が出てしまうこともあります。また、日常生活に影響が出るほどではないけれど、なんとなく体が重い、疲れやすい、気持ちが落ち込みやすいなど、いろいろなお悩みを抱えがち。そんな時には、助産師の力を借りてみてはいかがでしょう。

調布市入間町にある「産前産後助産院moegi」では、助産師の森崎真澄さんがひとりひとりに寄り添い、母乳ケアや授乳相談、育児相談やマイナートラブルケア、デイケアなどを行っています。オンライン相談にも対応しているので、外出ができない場合でも利用OK。妊娠前の相談にも乗ってくれますよ。

 

また、さまざまなワークショップも随時開催しています。たとえば小豆袋のアイマスクを作ったり、悩みや不安を抱える人が多い帝王切開について語り合ったり、薬膳の講座や映画の上映会なども。

もちろん乳幼児連れでの参加もOK。周りを気にすることなく、ワークショップを楽しむこともできます。

     ▲ワークショップは心づくしのお茶とお菓子も。

 

妊娠前から産後にかけてのちょっとした困りごとから気になるマイナートラブルまで、産前産後助産院moegiに相談してみてはいかがでしょう。