春から気分一新! 暮らし方、変えてみる!?

ただいまコサイトマガジン2020年4月号を配布中!
今回の特集は「防災」と「新生活」。その内容をちょっとだけ紹介しますね♪

 

※「コサイトマガジン」でご紹介した一部のイベントが感染症対策のため開催中止となりました。お出かけ前に公式サイト等をご確認くださいますようお願いいたします。

春から気分一新! 新生活特集
▲調布市子ども生活部の窓口や子ども家庭センターすこやか、児童館・図書館など市内の子育て関連施設や調布駅近くの親子カフェaonaで配布しています。

見つけよう! 私らしい暮らし方

もうすぐ新年度。いろいろな変化が訪れる季節ですね。今回は、コサイトに掲載中の情報の中から、新生活に役立つ情報や子育て中のママに便利なサービスをピックアップしてみました♪

 

●“ちょっとした困りごと”をサポート

ぬいもの代行や家事代行、講習会など「てづくり倶楽部 おたすけママ

 

●ママの「働きたい!」を応援

子連れで就職相談ができる「調布国領しごと情報広場マザーズコーナー

 

●楽ちん布おむつライフ♪

布おむつ・トレーニングパンツのレンタル専門店「nu.norm世田谷通り沿い店

 

●物件情報も地域情報もお任せ

子連れ歓迎! ママ目線の物件探しをお手伝い「渋谷不動産エージェント

 

●今日はカフェで夕食!

16時以降の親子でお得なメニュー♪ カフェaonaの「 帰ったらお風呂だけセット」

 

●お部屋の模様替えで気分一新

自然素材で作られた家具や雑貨が多数「インテリアショップKAJA調布店

 

●自分で選べる多様な働き方を提案

“はたらく”を考える座談会を定期開催「非営利型株式会社Polaris

 

生活リズムや環境が変わる春先は疲れがたまりがち。誰かを頼ったり、いろいろなサービスを活用したりして、上手に乗り切りましょう!

 

新年度が始まる前に防災対策もチェック!

今回のもう一つの特集テーマ「防災」については、こちらのレポートもご覧くださいね♪
↓↓↓
あなたの「防災力」大丈夫?子連れで備える風水害

 

月1回の無料メルマガ「コサイトクラブ」

調布, 子育て, 子連れ

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ 不定期でメンバーのオフ会”リアルコサイトクラブ”も開催!
ご登録はこちらからどうぞ。

 

● Instagram始めました! 気軽にフォローしてくださいね♪
https://www.instagram.com/cositecosite/

ルコワンアンソレイエ

お疲れママに癒やしと元気を!

コサイトマガジン2020年1・2月合併号配布中!

今回は、身近な地域・社会参加と、頑張っているママにおすすめの癒やし&リラックス情報を特集。その内容をちょっとだけ紹介しますね♪

コサイトマガジン2020年1・2月合併号
▲調布市子ども生活部の窓口や「子ども家庭センターすこやか」、児童館・図書館などの市内の子育て関連施設や「カフェaona」などで配布しています。

たまには自分にご褒美を! ママのための癒やし&リラックス

●地域の助産師が育児をサポート

母乳ケアや育児相談など心と体の悩みに寄り添う「産前産後助産院moegi

 

●アロマテラピーで至福の時間を

産前産後から更年期まで、さまざまな女性の悩みに対応「ル・コワン・アンソレイエ

 

●女性と子ども専門の鍼灸院

完全予約制で女性の鍼灸・あん摩マッサージ指圧師が施術「ao akua治療院

 

●妊婦もOKのリラクゼーションサロン

古民家でタイ古式メソッドに基づいたケアを受けられる「ゆるのば

 

●子連れ歓迎! 着付けもできる美容院

調布駅から徒歩1分。着付け・ヘアメイクの出張サービスも「媛~en~

 

●気分が上がる♪ 自分らしいネイル

シンプルなデザインからアートネイルまで対応「たまリバネイル

 

 

日頃の疲れに加えて、寒さで体が縮こまったり、冷え性や胃腸の疲れなど不調が現れやすい時期です。忙しい毎日。自分のことは後回しになりがちだけど、なんとかやりくりして上手に息抜き&リラックスできるといいですね。

 

コサイトには「ストレス解消」など今の気分で検索できる機能もあります。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

月1回の無料メルマガ「コサイトクラブ」

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ ご登録はこちらから!コサイトマガジン, コサイトクラブ, 調布, 子育て, 子連れ, イベント

 

● Instagram始めました! 気軽にフォローしてくださいね♪
https://www.instagram.com/cositecosite/

MY助産師を見つけませんか? マザリーズ助産院

出産前後に関わることが多い助産師さん。実はお産だけでなく、妊活相談、妊娠中の相談、母乳ケア、産後ケア、育児相談、赤ちゃん~思春期のお子様の性教育、大人への性教育、更年期と老年期の相談まで、女性の一生涯の健康に関わるスペシャリストです。

「10年来の馴染みの美容師さんがいるように、あなたの一生涯に伴走してくれるMY助産師を見つけませんか?」と話すのは、深大寺でマザリーズ助産院を運営している助産師の棚木めぐみさん。マザリーズ助産院ではお産や産前産後ケアはもちろんですが、それ以外にも実にさまざまな相談を受けているのだそう。

たとえば、

「パパやお姑さんとの仲が悪くてストレス」

「妊活に疲れ果ててしまった」

「わが子がかわいいと思えない」

「自分が女性であることを心から喜べない」

など、すぐには答えが出ないものばかり。

 

「女性の悩みは一人一人なんと複雑で、そして皆さん、よりよく生きようと懸命にもがいているのだなと、感動しながら傾聴して、共に泣いたり笑ったりしています。私に話すことで、少しでも心が軽くなってくださればいいなと思います」

もちろん産前産後のマイナートラブルのご相談も遠慮なくどうぞ、と棚木さん。

「母乳ケアは24時間対応しています。乳腺炎は待ったなしですから、痛くて困っているという方は090-3535-9227までお電話ください」

 

最近では「性の多様性」についての講演依頼も増えているのだそう。11月30日(日)には聖路加国際大学で「性の多様性とグローバリズム」という講演を予定。当事者ゲストも招いて行われます。医療従事者でなくても、性教育や子どもの教育に関わる方、一般の方、どなたでもでも参加できますので、ご興味のあるかたはぜひお出かけください。

 

産んでも産まなくても、老いも若きも!ぜひ助産師さんにご相談を。

 

シニア世代の「充実した住まい」も提供

たとえば私たちの「親世代」の住まいについて、考えたことはありますか?終の住処は、安心して楽しみながら暮らしてもらえたら…と誰もが願うことでしょう。

 

調布市深大寺にある「アメリア深大寺南(外部リンク)」は、渋谷不動産エージェントが提供している、サービス付き高齢者向け住宅です。

平成25年に開設して以来、サービスの充実はもちろんのこと、「ブルーベリー狩り」などの外出イベントや「サロン・ド・アルメリア」(住宅内イベント)など、居住者向けに多様なイベントを実施。居住者同士が交流する場も多数設けていて、いずれも大人気なのだそう。

渋谷不動産エージェントは、賃貸や売買物件を紹介するだけでなく、高齢者向け住宅にも力を入れている地域に根ざした不動産屋さん。調布駅東口降りてすぐのところにある店舗内には、キッズスペースを設け、子連れでもゆったり相談できる雰囲気を整えています。

何より、スタッフの多くが地域で生活している女性というところも、地域情報が得られるという点で大きな魅力。ニーズに寄り添い、丁寧に対応してくれます。

今年11月にはサービス付き高齢者向け住宅「アルメリア成城北」(調布市入間町・重量鉄骨3階建て・全20戸・24時間有人管理で安否確認、生活相談、緊急対応あり)がオープン予定。すでに多数の問い合わせ、申込みがあるという人気物件です。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

 

 

カウンセリング, 悩み相談, メンタル, 五月病, うつ,

悩みや心の疲れ、ため込んでいませんか

新年度のスタートから大型連休を経てひと段落。体だけでなく心の疲れも出てくる頃です。

俗にいう「五月病」をはじめ、ずっと抱えてきた小さな悩みやネガティブな感情が、この時期に増幅してしまうことも・・・。

 

「あることが気になって、ずっと悩み続けている」

「悲しいことがあって、なかなか前向きな気持ちになれない」

「こんなふうに考えてしまう自分はおかしいのかな…」

 

家族や友人には打ち明けにくい悩みがある方も、専門のカウンセラーに話を聞いてもらうことで自分の気持ちが整理され、一歩前へ踏み出すことができるかもしれません。

 

リスニングルームmochi」では、相談者の気持ちに寄り添う丁寧なカウンセリングを行っています。小さな悩みが深刻な悩みになる前に、いちど相談してみてはいかがでしょうか。

 

カウンセリングルームの様子が分かるコサイトレポートも、ぜひご覧ください。

カウンセリング, 悩み相談, メンタル, うつ, 五月病, 調布市

リスニングルームmochi, カウンセラー, カウンセリング, 悩み相談, 調布, 国領, 傾聴

国領の「リスニングルームmochi」を取材

誰かに聞いてほしいけれど、家族や友だちには相談しづらい悩みやモヤモヤ、ありませんか?
キャリアカウンセラーの資格を持ち、「傾聴」という手法でカウンセリングを行っているリスニングルームmochiさんにお邪魔してきました。

詳しくは、編集部の取材記事「コサイトレポート」をご覧ください。

リスニングルームmochi, カウンセラー, カウンセリング, 悩み相談, 調布, 国領, 傾聴

クリスマス気分が盛り上がる♪UFOキャッチャー

仙川駅からバスで5分。入間町西友2階にある「屋内ゆうえんち Magical T-Pot(マジカルティーポット)」の人気コンテンツUFOキャッチャーがクリスマス仕様に模様替えして登場しました♪

▲クリスマスオーナメントをGetできるUFOキャッチャー。オーナメントは飴かラムネと交換できます。マジカルティーポットにいる間は何回でもトライできますよ。

▲スーパーボールが長靴に入るとスーパーボールをゲットできます。

 

※UFOキャッチャーやゲームの内容は一部変更になる場合があります。

 

この他にも、Magical T-Potには家族みんなで遊べるオモチャがいっぱいです。

▲傾斜をつけて、小さい子どもでも登りやすくなっているボルダリング

▲充実のおままごとコーナー

▲何作ろうかワクワク♪巨大ブルーブロック

 

「屋内ゆうえんち Magical T-Pot」では、12月25日まで「コサイトを見た」で500円割引をしてくれる特典を開催中!

年末年始も1月1日以外は毎日営業中。この機会に是非遊びに行ってみてくださいね。

 

親子3代で春を満喫♪京王多摩川駅近の欧風庭園

春ですね~。近所をお散歩しているだけでぽかぽか陽気や春の草花に自然とうきうきしてしまう編集部員のイシカワです。夏の暑さがやってくる前に、1日ゆっくり春を楽しみたいな。というわけで、娘と私の母(娘の祖母)と一緒に、母娘3代で京王フローラルガーデンアンジェへ行ってきました。

 

ここはおとぎの国?

京王フローラルガーデンアンジェは京王多摩川駅改札を出てすぐ。左手に可愛らしいお花たちが並ぶショップを見つけました。方向音痴の私でも見落とす心配がないほどの近さです。

 DSC_0313▲おばあちゃんとのおでかけにルンルンの娘♪

 

 

園内に一歩足を踏み入れると…

DSC_0368

 ▲色とりどりのチューリップが美しい小道。

 

まるでおとぎ話の世界のようではありませんか!色とりどりの花が咲き乱れ、ここが駅前だということを忘れてしまうほどです。

 

娘は気の向くままに歩きまわり、お気に入りの場所を見つけては「ここで写真撮って~」とリクエスト。私も母に頼んで、普段はめったに撮れない娘とのツーショットをパチリ。

 

 

DSC_0477

 

DSC_0492

 ▲里さくらが満開!

 

それにしても本当に花々が美しくて、園内を巡りながら「綺麗だね~!」「かわいいお花だね」と3人とも感動の連続(笑)。娘は図鑑で花の名前を調べたり、香りをかいでみたり。

 IMG_3662

▲どんな香りがするかな?

 

初めての「写生」に夢中

園内をゆっくり散策しながら、広い芝生の広場(ロウンガーデン)に到着。ぽかぽか陽気で喉も乾いたので、ウッドチェアーに座って少し休憩です。

 DSC_0381

 

ここで娘は目の前の可愛らしい花壇の花々に心を動かされたらしく、初めての写生に挑戦!45分ぐらい集中して描き続けたでしょうか。なかなかの仕上がりに、「できた!」と満足そうな様子。写生をする娘の姿は私にとってはとても新鮮で、何度ものぞきこんでしまいました。

 

すると孫の姿に刺激を受けたのか、母も絵を描き始めたではありませんか。でも、先に描き終えた娘に「おばあちゃん、おばあちゃん!」と話しかけられ、こちらは完成せず…残念でした(笑)。

 

 IMG_3671

 

copy_IMG_3652▲猛ダッシュ!「走るの速いんだよ~おばあちゃん見てて!」

 

それにしても元気が有り余っている娘。広場を何周もぐるぐると走り回ります。芝生なので転んでも痛くはなさそうだし、こちらは座ってゆったり見ていられるので楽ちんだし。気がすむまで走ってもらいました。

 

花びらの笛をふぅー

取材した日は、まだ桜の花びらが散り始めていたころ。おばあちゃんが「桜の花びらは笛になるみたいよ」と楽しそうな遊びを提案してくれたので、早速娘と一緒に花びら探し。散ったばかりでまだキレイそうな花びらを見つけて「ふーーーっ!」と何度も吹くと…。

 

「ぴーっ!」

 

音は小さかったけれど、桜の花びらの笛が鳴りました!

 

 Icopy_MG_3710

▲かすかに「ぴーっ」

 

ジェラートがおいしいカフェ

約2時間半、アンジェを満喫した後は、駅から徒歩1分ほどのカフェ大好きへ移動。編集部メンバーから「美味しいよ〜!」と聞いていた手づくりのジェラートやシフォンケーキを注文して、ゆっくりおやつを楽しみました。調布産のいちごを使ったジェラートも、シフォンケーキも甘さ控えめで優しいお味。

IMG_3806

▲チョコレート(左)といちご(右)のジェラート。手焼きワッフルにのせて。

 

店内には絵本やぬりえ、クレヨンが置いてあり自由に使えます。子連れには嬉しいサービス!

 DSC_0228

▲店内にある絵本と手作りのぬりえ

 

娘はぺろりとおやつを食べ終わると、「おばあちゃん読んで~」と早速絵本を読んでもらっていました。その間に私は店内に並んだ手作り作品をゆっくりと鑑賞できました。

IMG_3829

▲壁面は無料ギャラリースペース。この日はチョークアートの展示中

 

お出かけの日の夕飯は楽ちんに

1時間ほど、ゆっくりカフェで過ごした後は、京王多摩川駅までの帰り道にある「肉のはせ川」で夕飯のお総菜を購入。十数種類のカツなどが並び、迷いながらもメンチカツやカニクリームコロッケなど5種類のフライを買いました。

 IMG_4352

▲十数種類のお総菜が並ぶショーケース。

 

IMG_3857

近場だから、平日でも次の日の予定を気にすることもなく、親子3代で思いっきり楽しい1日を過ごすことができました!

 

 

【所要時間】

13時ごろ京王多摩川駅に到着し、「京王フローラルガーデンアンジェ」へ。たっぷり2時間30分ほど散策や写生を楽しみ、15時30分ごろ「カフェ大好き」へ移動。おやつを食べて絵本を読んだり、店内を見たりまったり1時間ほど滞在。多摩川駅までの帰り道に「肉のはせ川」へ寄り、夕飯のお総菜を買って帰路につきました。

 

いまどきばあばじいじ ガイドブック刊行!

孫が生まれて喜ぶ祖父母のみなさん。でも、ちょっとした言葉がママやパパを傷つけているかもしれません。でもいったい、どんな言葉や行動が「いけない」のか、当事者は気づきにくいものですね。

「孫とパパ・パパを支える祖父母世代へのガイドブック」と称してこのたび刊行されたのが、この「いまどきばあばじいじガイドブック」です。

DSC_5140 

監修は調布市助産師会。妊娠から出産、子育てとつづく大変な時期に寄り添う助産師さんたちが、祖父母世代が「言ってしまいがち」「やってしまいがち」な行動をピックアップ。言っていいことは「◯」、ちょっと配慮が必要な発言には「△」、新米ママやパパを傷つけかねないNGワードには「☓」をつけて仕分け。それぞれ詳しい解説とともに、漫画やイラストでわかりやすく紹介しています。

DSC_5145 ▲市内在住の加納史絵さんがイラストや漫画、デザインを担当。

たとえば食物アレルギーのある子どもを預かるときには、どんな配慮が必要なのか、ブログやSNSなどインターネットに孫の写真を勝手に掲載するのはNGなど、いまどきの事情に合わせた内容になっています。気になる方は、一度手にとってみてはいかがでしょう。

オールカラー24ページ、イラストや漫画で楽しく読める1冊です。京王線調布駅近くの真光書店北口本店で販売中。1冊200円(税別)。

 

●問い合わせ 真光書店北口本店 

在宅医療ってどんなもの?家族だけで抱え込まないために

市内の開業医を中心に構成されている調布市医師会は、市民の健康を守るために行政とも連携し、様々な活動を行っています。調布市が都内でも先進的に取り組み始めた「ちょうふ在宅医療相談室」も、調布市医師会の主力事業の一つです。

 

そこでコサイト編集部は、調布市医師会が「東京都相互理解のための対話促進支援事業」の一環として、毎月1回各地域の福祉センターやふれあいの家で開催している講和会「在宅医療について考えてみませんか?」(講師:西田伸一先生)に参加、取材しました。

 

DSC_0180

 

高齢者人口の急増と高齢者の高齢化が進む「2025年問題」は家族の介護を担う私たち子育て世代の問題です。子育てと介護を一手に担うことも少なくない現代において、元気なうちから家族で「もしものとき」の希望を話し合っておくことはとても大切。

 

「在宅医療は特別なものではなく、『医療の出前』。住みなれた自宅で療養できることは『病人ではなく生活者でいられる』メリットがあるものの、家族の介護負担を心配する声が多いのも事実です。療養生活を支えるためには、家族だけで抱え込むのではなく、医師や訪問看護師だけでなく、歯科医師、薬剤師、ホームヘルパー等の様々なスタッフがチームで療養生活を支えることが大切です」(西田先生)

 

DSC_0185

 

そのために「ちょうふ在宅医療相談室」では、在宅医療に関するご相談・ご質問を受け、在宅ケア関連職種との連携も行っています。在宅医療についてご検討の場合はまず「ちょうふ在宅医療相談室」にご相談ください。

 

 

ちょうふ在宅医療相談室

電話番号 042-480-2751(受付時間:月~金 10時から15時)※祝休日・年末年始を除く

 

 

また、次回の講和会「在宅医療について考えてみませんか?」(毎月1回開催)は3月5日(月)13時30分から多摩川住宅ロ号棟大会議室で予定しています。講和会の後には、懇話会(ご質問やご不安な点などお話できます)も設けられています。予約なしで参加できますので、こちらも合わせてどうぞ。

 

※調布市が発行している冊子「ちょうふ在宅医療ガイドブック」も合わせてご活用ください。

 

 

guidebook