多摩ファミリーアカデミー

子どもにかかるお金のこと、考えてみませんか?

ファイナンシャルプランナー(FP)によるコンサルティングサービスを提供する「多摩ファミリーアカデミー」が、6歳以下の子を持つママに向けてマネーセミナーを開催しています。

 

8月のテーマは、教育と働き方。

習い事や受験にかけるお金をどう考えたらいいのか、子育てしながらスマートに働くためのライフプラン術など、自身も子育て中という代表の井上貴広さんが講師となり、最新の教育事情や地域のトレンドを含めて解説。教育費や住宅費、将来への備えなど「お金」の悩みや不安を抱いている方にピッタリの内容で、1回ずつの単発講座だから気軽に受講できます。

 

ただいま8月下旬のセミナー(子連れ参加OK)の申し込みを受付中! 気になる方は イベントページ で日程をご確認のうえ、お早めにお申し込みください。

どうする? 子どもの教育費やママの働き方

これからかかる「お金」や今後の働き方について、漠然とした不安を抱えている方も多いのでは? 子育てママ向けにマネー講座を開いている多摩ファミリーアカデミー代表の井上貴広さんによると、産休・育休中に「お金」や「働き方」について勉強しておこうと考えるママが増えているそうです。

 

どんなことを学んでいるのか。セミナーの様子は?

 

編集部員によるインタビューとレポートをぜひご覧ください!教育費, 子育て, 働き方, 家計, マネー講座, セミナー

カウンセリング, 悩み相談, メンタル, 五月病, うつ,

悩みや心の疲れ、ため込んでいませんか

新年度のスタートから大型連休を経てひと段落。体だけでなく心の疲れも出てくる頃です。

俗にいう「五月病」をはじめ、ずっと抱えてきた小さな悩みやネガティブな感情が、この時期に増幅してしまうことも・・・。

 

「あることが気になって、ずっと悩み続けている」

「悲しいことがあって、なかなか前向きな気持ちになれない」

「こんなふうに考えてしまう自分はおかしいのかな…」

 

家族や友人には打ち明けにくい悩みがある方も、専門のカウンセラーに話を聞いてもらうことで自分の気持ちが整理され、一歩前へ踏み出すことができるかもしれません。

 

リスニングルームmochi」では、相談者の気持ちに寄り添う丁寧なカウンセリングを行っています。小さな悩みが深刻な悩みになる前に、いちど相談してみてはいかがでしょうか。

 

カウンセリングルームの様子が分かるコサイトレポートも、ぜひご覧ください。

カウンセリング, 悩み相談, メンタル, うつ, 五月病, 調布市

リスニングルームmochi, カウンセラー, カウンセリング, 悩み相談, 調布, 国領, 傾聴

国領の「リスニングルームmochi」を取材

誰かに聞いてほしいけれど、家族や友だちには相談しづらい悩みやモヤモヤ、ありませんか?
キャリアカウンセラーの資格を持ち、「傾聴」という手法でカウンセリングを行っているリスニングルームmochiさんにお邪魔してきました。

詳しくは、編集部の取材記事「コサイトレポート」をご覧ください。

リスニングルームmochi, カウンセラー, カウンセリング, 悩み相談, 調布, 国領, 傾聴

新生活の準備、進んでいる?

コサイトマガジン2019年3月号配布中!

調布市子ども生活部の窓口や、子ども家庭センターすこやか児童館、 図書館などの市内の子育て関連施設や親子カフェaonaなどで配布しています)

 

その内容をちょっとだけお見せします♪

 

期待の入園入学や新生活!準備もめいっぱい楽しんで!

 

いつもの街で特別な時間を!

子連れでも上質な家族の記念日を過ごせる「調布クレストンホテル

 

●キッズスペースのある美容院

調布駅徒歩2分の子連れに優しい「ヘアメーク パッセージ 調布北口店

 

●困ったときの“ぬいもの代行”

入園入学準備や衣装づくりもお任せ!「てづくり倶楽部 おたすけママ

 

●初心者からベテランまで通う手芸店

作ってみたいを応援する「マーノクレアール 調布パルコ店

 

●センスが光るセレクトショップ

作家ものの新生活グッズが大集合「aona shop

 

入園入学準備に困ったらコサイトをチェック!

 

内閣府ベビーシッター券で最大月52,800円の補助!スマートシッター

仕事と子育てを両立しようと日々葛藤しているママたちが安心して働くことができる環境作りにも積極的に取り組み、「病児保育」や「30分送迎」など次々にママたちのニーズにこたえるサービスを展開中のスマートシッター。

 

スマートシッターのサービスは調布市のベビーシッター利用料助成制度の対象のみならず、この度、マッチング型のベビーシッターサービスでは初めて、内閣府が実施するベビーシッター派遣事業割引券(以下、内閣府ベビーシッター券)の利用料助成の対象となりました。内閣府ベビーシッター券を採用する企業にお勤めの方がスマートシッターを利用した場合、最大2,200円/日×24日間、月52,800円の補助を受けることが可能です(2018年8月1日(水)以降のご依頼から)。

 

また、友達紹介機能をリニューアルし、紹介者および紹介を受けた側の双方にスマートシッターの2,000円割引クーポンをプレゼント中。

 

初めての方もぜひこの機会にご利用してみてはいかが?

詳しくはこちらをご覧ください♪

 

_MG_8444

30分からOK!「送迎サービス」開始!スマートシッター

「出張で早朝に家を出ないと…保育園への送りをどうしよう?」

「今日は園が終わったら習い事。でも、急用でお迎えも習い事も間に合わない!」

 

短い時間の送迎だけ頼めたらとても助かる!ということありませんか?

 

ママの「こんなのあったらいいな♪」にこたえるサービスを次々と展開する保育最大手ポピンズグループのスマートシッターでは、2018年5月10日(木)より以下の「30分送迎」という新サービスを開始しました!

 

・送迎は30分から依頼可能(初回は面談必要)
・料金は30分2,000円、15分超過毎に個々のシッターの保育料が発生

 

スマートシッターの登録シッターは保育士、幼稚園教諭、助産師などの有資格者を中心に保育・子育て経験者のみで、いずれも厳しい審査やポピンズの研修・実習を突破した人たち。マッチング型のサービス提供者として高い評価を得ています(2017 年12 月、日経DUAL「マッチング型ベビーシッターサービ ス」ランキング1位)。

 

今なら「30分送迎」初回お試し2,000円割引クーポンもプレゼント中ですよ。

初めてという方もぜひこの機会にお試しください♪

 

 

短時間からOK!資格を活かした新しい働き方を提案

東京都が平成30年度の予算案に「ベビーシッター利用時の助成金制度」を50億円組み込む発表をしたことをご存知ですか?

 

それを受けて、ベビーシッターのマッチングサービスを提供するスマートシッターが、株式会社ネオキャリアが運営する「保育ひろば」と共同で “ベビーシッターの仕事に関する認知度調査”を実施したところ、都内の保育士や保育経験者の間で「ベビーシッターサービス」の認知度は93%、「ベビーシッター」の仕事について「興味がある・就業意向がある」の回答が72%と、関心の高さが明らかになりました。

 

一方、就業意向がない理由TOP3は、「個人宅での保育が不安」「責任が重いと感じる」「単独での保護者対応が不安」との結果でした。

スマートシッターではベビーシッター業界最大手のポピンズグループの教育研修・サポート体制により、新人のベビーシッターへのサポートが充実。スキルアップのために保育園勤務を取り入れるしくみや、定期的に実施する勉強会・交流会もあるので、初めての方やブランクがある方でも安心して働くことができます。さらに、時間単位での保育園勤務やベビーシッターと保育園勤務を両立するという新しい働き方も提案しています。

 

スマートシッターのシッターサービスおよび、働き方にご興味のある方はこちらをご覧ください!

 

実は色々♪ 調布の「子育て広場」情報

友達が欲しいなと思ったら… ご近所の「子育て広場」情報をまとめてみました。

調布児童館の子育てひろば

子育てに関する悩み・疑問など専門の相談員が話を聞いてくれます。相談内容については、秘密を厳守し、内容により適切な専門機関を紹介してもらえることもあります。

相談事業のほか、乳幼児対象の事業をはじめとして、さまざまな講座の企画、地域のお母さんたちや児童館で会った仲間でつくる自主サークルの支援などを行っています。詳しくは下記のリンク先を確認するか、各児童館子育てひろばに直接お問い合わせください。

調布市児童館の子育てひろば

 

 ●調布駅あたり

調布市子ども家庭支援センター すこやか

プレイセンターちょうふ

 

●布田駅あたり

子育て支援 ぷくぷく・ポレポレの家

 

 ●富士見町あたり

こんぺいとうひろば

 

●狛江

プレイセンターにしのがわ

在宅医療ってどんなもの?家族だけで抱え込まないために

市内の開業医を中心に構成されている調布市医師会は、市民の健康を守るために行政とも連携し、様々な活動を行っています。調布市が都内でも先進的に取り組み始めた「ちょうふ在宅医療相談室」も、調布市医師会の主力事業の一つです。

 

そこでコサイト編集部は、調布市医師会が「東京都相互理解のための対話促進支援事業」の一環として、毎月1回各地域の福祉センターやふれあいの家で開催している講和会「在宅医療について考えてみませんか?」(講師:西田伸一先生)に参加、取材しました。

 

DSC_0180

 

高齢者人口の急増と高齢者の高齢化が進む「2025年問題」は家族の介護を担う私たち子育て世代の問題です。子育てと介護を一手に担うことも少なくない現代において、元気なうちから家族で「もしものとき」の希望を話し合っておくことはとても大切。

 

「在宅医療は特別なものではなく、『医療の出前』。住みなれた自宅で療養できることは『病人ではなく生活者でいられる』メリットがあるものの、家族の介護負担を心配する声が多いのも事実です。療養生活を支えるためには、家族だけで抱え込むのではなく、医師や訪問看護師だけでなく、歯科医師、薬剤師、ホームヘルパー等の様々なスタッフがチームで療養生活を支えることが大切です」(西田先生)

 

DSC_0185

 

そのために「ちょうふ在宅医療相談室」では、在宅医療に関するご相談・ご質問を受け、在宅ケア関連職種との連携も行っています。在宅医療についてご検討の場合はまず「ちょうふ在宅医療相談室」にご相談ください。

 

 

ちょうふ在宅医療相談室

電話番号 042-480-2751(受付時間:月~金 10時から15時)※祝休日・年末年始を除く

 

 

また、次回の講和会「在宅医療について考えてみませんか?」(毎月1回開催)は3月5日(月)13時30分から多摩川住宅ロ号棟大会議室で予定しています。講和会の後には、懇話会(ご質問やご不安な点などお話できます)も設けられています。予約なしで参加できますので、こちらも合わせてどうぞ。

 

※調布市が発行している冊子「ちょうふ在宅医療ガイドブック」も合わせてご活用ください。

http://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1514168845175/index.html

 

guidebook