いざ出陣!調布リトルリーグ世界大会へ

「調布リトルリーグ日本一おめでとう!」

 

そんなお祝いの横断幕が、調布市グリーンホール前にある大きなパネルに掛けられています。写真はその優勝した調布リトルリーグの選手たち。

 

調布リトルリーグは、7月22日に行われた全日本リトルリーグ野球選手権大会の決勝戦で見事優勝し、3年ぶりに日本一の座を奪還。8月15日からアメリカで開催されるワールドシリーズに出場することが決まりました!

ワールドシリーズは、全国制覇を成し遂げたチームだけが参加できるというもの。7月20日から開催された今年の大会において調布リトルリーグは圧倒的な強さを発揮。1回戦12-1、2回戦11-0、そして準決勝6-0と勝ち進み、決勝戦も8-0で相手チームを完封、優勝を飾りました。「大会ではそれぞれが落ち着いてプレイができ、攻守にわたってバランスの良い試合運びができたと思います」と話すのは調布リトルリーグ副会長・山本征さん。

 

選手のみなさんはすでにアメリカへ渡り、ペンシルベニア州・ウィリアムズポートで練習中とのこと。ワールドシリーズでは世界一をかけて様々な国のチームと戦います。どんな戦いを見せてくれるのか楽しみですね。

 

遠征前の8月5日、調布クレストンホテルで行われた調布市主催の壮行会では長友貴樹市長をはじめ、たくさんの方々の激励を受けました。選手たちは「まずは1勝、そして優勝を目指して戦う」ことを誓いました。

調布リトルリーグは、調布市、狛江市、三鷹市に在住の年長から満12歳までの子どもが所属している硬式野球チームです。「リトルリーグ」とは硬式ボールを使用し、野球を行うチームの事。ただし、小学2年生まではやわらかいボールを使い、バッティングティーといわれる台の上に載せたボールを打つので安全にプレイすることができます。

また、チーム内では野球の技術向上だけでなく、挨拶や礼儀なども大切にしています。

何より、調布リトルリーグは荒木大輔元選手や関川浩一元選手など、プロ野球選手も多く輩出している名門チーム。調布基地跡地運動広場内野球場を本拠地に子どもたちは日々練習に打ち込んでいます。活動の様子はFacebookでも確認できますよ!

野球といえば甲子園がヒートアップする8月ですが、アメリカで頑張る調布リトルリーグの活躍にも、ぜひご注目ください!

 

 

 

 

多摩ファミリーアカデミー

子どもにかかるお金のこと、考えてみませんか?

ファイナンシャルプランナー(FP)によるコンサルティングサービスを提供する「多摩ファミリーアカデミー」が、6歳以下の子を持つママに向けてマネーセミナーを開催しています。

 

8月のテーマは、教育と働き方。

習い事や受験にかけるお金をどう考えたらいいのか、子育てしながらスマートに働くためのライフプラン術など、自身も子育て中という代表の井上貴広さんが講師となり、最新の教育事情や地域のトレンドを含めて解説。教育費や住宅費、将来への備えなど「お金」の悩みや不安を抱いている方にピッタリの内容で、1回ずつの単発講座だから気軽に受講できます。

 

ただいま8月下旬のセミナー(子連れ参加OK)の申し込みを受付中! 気になる方は イベントページ で日程をご確認のうえ、お早めにお申し込みください。

産前産後のマイナートラブルケア&お悩み相談も

産前産後の体や心は不安定。産前にはつわりや腰痛、産後には乳腺炎や腱鞘炎など日常生活に支障が出てしまうこともあります。また、日常生活に影響が出るほどではないけれど、なんとなく体が重い、疲れやすい、気持ちが落ち込みやすいなど、いろいろなお悩みを抱えがち。そんな時には、助産師の力を借りてみてはいかがでしょう。

調布市入間町にある「産前産後助産院moegi」では、助産師の森崎真澄さんがひとりひとりに寄り添い、母乳ケアや授乳相談、育児相談やマイナートラブルケア、デイケアなどを行っています。オンライン相談にも対応しているので、外出ができない場合でも利用OK。妊娠前の相談にも乗ってくれますよ。

 

また、さまざまなワークショップも随時開催しています。たとえば小豆袋のアイマスクを作ったり、悩みや不安を抱える人が多い帝王切開について語り合ったり、薬膳の講座や映画の上映会なども。

もちろん乳幼児連れでの参加もOK。周りを気にすることなく、ワークショップを楽しむこともできます。

     ▲ワークショップは心づくしのお茶とお菓子も。

 

妊娠前から産後にかけてのちょっとした困りごとから気になるマイナートラブルまで、産前産後助産院moegiに相談してみてはいかがでしょう。

調布で楽しむ♪ブルーベリー狩り

調布市内には毎年7月から8月にかけてブルーベリーの摘み取りを体験できる観光農園がいくつかあります。そのうちの1つ、深大寺近くの「篠宮果樹園」さんに、コサイト編集部員が4歳の娘と2歳の息子を連れて、実際に体験してきました。


 
▲深大寺近く、住宅街の中にある「篠宮果樹園」さん。

 

篠宮果樹園さんは、開催シーズン中の毎週土曜日に開園しています。予約不要なので、子どもの当日の体調や天候と相談して決行できるのが、乳幼児のいる家庭には嬉しいところ。

 

受付をして入園料を払ったら、早速農園の中へ。

 ▲およそ300坪の畑に、12品種210本のブルーベリーが無農薬で栽培されています。

 

農園では自由にブルーベリーを摘み取り、重さに応じて買い取ります。農園の篠宮功さんによれば「美味しいブルーベリーを見分けるポイントは、青黒くなっている実を選ぶこと。触ると簡単にぽろっと取れることが完熟の目安です」とのこと。

▲赤い部分がある実は未完熟!

 

子どもたちもはじめはどれを選べばいいのか慎重に観察していましたが、何度か教えるうちに完熟の実を見分けられるように。

パリッとした食感が特徴の「クライマックス」や芳醇な香りの「フェスティバル」など、品種によって味わいの異なるブルーベリー。食べ放題ではありませんが、好みの品種を見つけるための試食はOKとのこと。

▲摘み取りの合間には、緑のカーテンの下の休憩所で水分補給も忘れずに。

 

小一時間摘み取りを楽しむことができました。娘は「なんだかブルーベリー狩りの達人になってきた!」と自信満々の様子。

▲大きな果物と比べてたくさん摘むことができるのも、子どもには嬉しかったようです。

▲摘み取ったブルーベリーは、グラムに応じて買い取り価格が決まります。

 

「摘みたて完熟のブルーベリーの美味しさをぜひ味わってください。生食はもちろん、実は凍らせてシャーベットのようにして食べるのも美味しいんですよ」(農園代表・篠宮功さん)。

 

篠宮果樹園では、2019年は8月下旬頃までブルーベリー狩りを楽しめる見込みということです。閉園が早まる可能性もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

 

調布市内には、ブルーベリーのほかにもいろいろな果物狩りが楽しめる農園があります。夏休み後半にはぶどう狩りのシーズンに突入!ぶどう狩りは、はさみを使用しますので、小さなお子さんと体験する際は、大人の方が補助するなど気を付けてご参加ください。

 

調布市内のブルーベリー観光農園

篠宮果樹園(深大寺南町5-13-1 042-482-5781

中村農園(飛田給2-43-1 042-498-6212)※2019年は既に終了

調布柴崎ブルーベリー農園(柴崎1-54-8 042-499-2151転送電話になります)※2019年は8月中旬頃開園予定。詳細はお問合せください。

 

8月中旬頃からはブドウ狩りシーズン!

調布市内のブドウ狩りが楽しめる観光農園

馬部ぶどう園(深大寺東町7-5-1 042-487-8825)※2019年は820日頃から開園予定

山内ぶどう園(若葉町3-28-7 03-3300-5741)※2019年は825日のみ開園

 

夏休みは、地元の「果物狩り」へぜひおでかけください。

コサイトマガジン. 調布, 仙川, しまねこや

手土産や「ご褒美おやつ」に♪ 調布のスイーツ

コサイトマガジン2019年9月号配布中! 内容をちょっとだけお見せしますね♪

調布市子ども生活部の窓口や、子ども家庭センターすこやか児童館、 図書館などの市内の子育て関連施設や親子カフェaonaなどで配布しています)

コサイトマガジン2019年9月号

食べてニッコリ♪甘いもの

 

●かわいい焼き菓子やケーキがずらり

百貨店催事で人気のフランス菓子店。イートインも可「J’arrive!! (ジャリーヴ)

 

●オシャレなカフェでスイーツを堪能

フォトジェニックな季節のデザートを楽しめる「cafe VANNIER(カフェ・ヴァニエール)

 

●ポーランド生まれのふわふわドーナツ

看板商品ポンチキのほかポーランド料理も味わえる「ポンチキヤ KIKUNODAI

 

●厳選素材を使った低糖質おやつ

月替わりおやつセットが人気。各種ワークショップも「しまねこや~低糖質おやつのお店

 

●こだわりの餡を使った和スイーツ

美しい季節菓子は手土産にも。モダンな雰囲気の和菓子店「餡の輪

 

調布のおいしいものを探すなら「カフェ・レストラン」や「食料品店」もチェック♪

 

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ ご登録はこちらから!コサイトマガジン, コサイトクラブ, 調布, 子育て, 子連れ, イベント

【新着】2019年7月公開「まち情報」

一気に夏!暑い日が続きますがみなさまいかがお過ごしですか。

 

さて、今月もコサイトの「まち情報」に新しい情報が加わりました。どのページも、編集部スタッフ(それぞれ子育て真っ最中)が手分けして、1件ずつ丁寧に取材、記事を作成しています。

 

親子で美味しいものを食べたり、ときには自分だけの時間を楽しんだり。認可外保育園や児童発達支援施設の情報も!

 

山本牛乳店

こだわりのソフトクリームが気になる〜。

 

たまりばネイル

アートなデザインが人気です。たまには自分へのギフトに。

 

ぎんのいずみ子ども園

シュタイナー教育を基に保育を行っている認可外幼児教育施設。

 

空と大地と

素敵なインテリア&身体にいいお食事や飲み物を提供。

 

TRATTORIA TIMO

広々&明るい店内。子連れでも利用しやすいイタリアンレストラン。

 

TAKUMI調布店

運動療育などを中心とした、児童発達支援・放課後等デイサービス。

 

また、調布市内を子連れでおでかけする皆さんのために作った「赤ちゃんおでかけ安心まっぷ」に掲載された2件のファミリーレストランにもご注目を!

 

ビッグボーイ調布店

 

ジョナサン調布駅前店

2019年版夏のお出かけ先リスト~調布周辺~

夏のお出かけ先探しに、おすすめの情報をまとめました。ぜひご活用ください♪

 

●おでかけ先の授乳・おむつ替え・キッズトイレ探しには「赤ちゃんおでかけ安心まっぷ

●夏らしいイベントを探すなら必見!「イベント情報一覧

 

目次

1 有り余る体力を発散させたい!涼しい室内でめいっぱい遊ぼう

2 暑さでちょっとお疲れ気味… ゆっくり過ごしたいなという日に

3 自由研究にもおすすめ!のスポット

4 赤ちゃんと一緒でも過ごしやすい 親子でほっとできる場所

5 お昼どうする? おでかけしたら、ごはんはここ♪

6 おすすめルートを探すなら コラム「おでかけ日和」

 
 
 

  

有り余る体力を発散させたい!
涼しい室内でめいっぱい遊ぼう

暑さを気にせず、どんどん身体を動かそう♪
 
 

 
クライミングジム hungout ハングアウト(コラムにて掲載中♪)
京王れーるランドコラムでも掲載中!)
  

  

暑さでちょっとお疲れ気味…
ゆっくり過ごしたいなという日に

絵本を読んだり、芸術に触れたり。ちょっとのんびり楽しみたいときに。

 

 
 
  

  

自由研究にもおすすめ!のスポット

好奇心をくすぐるスポットや、家じゃない場所の方が宿題がはかどるかも!な子ども向けの場所もご紹介。

 
多摩川自然情報館コラムでも掲載中♪)
JAXA調布航空宇宙センター(コラムにて掲載中♪)
 
 
  

  

赤ちゃんと一緒でも過ごしやすい
親子でほっとできる場所

暑いとつい家に閉じこもりがち…ちょっとおでかけでリフレッシュ♪

 

 
トリエ京王調布ニュースでも掲載中!)
はにかみやコラムでも掲載中♪)
  
 
 
 
 
 

おすすめルートを探すなら
コラム「おでかけ日和」

近頃アクセスの多いページをピックアップしてご紹介!

野川公園「わき水広場」

 
 
子どもも大人も暑さに負けず、楽しく元気に夏を乗り切りましょう♪
 
 

「たたいてあそぼう」! 子どもと楽しむ音楽祭

6月23日(日)から6月30日(日)まで開催された「調布国際音楽祭2019」。

期間中は調布駅前やグリーンホール、文化会館たづくり、深大寺や市内のカフェなど、調布のまちのいたるところで「ここでしか聴けない」上質の音楽があふれました。

 

赤ちゃんや子どもにも一緒に音楽を楽しんでもらいたいと、キッズコンサートも充実。今年はクラシックの名曲で観客を笑顔にするデュオ“スギテツ”による、ワークショップ&コンサートに、打楽器の魅力が満載の「たたいてあそぼう2019」、テレビでもおなじみのねんドル・岡田ひとみさんのねんど制作×コンサート(ピアノ演奏はいっしょに育て隊にも登場!の森下唯さん)の、3プログラム・計5公演が実施されました。

 

その中で、6月30日(日)に調布市グリーンホール小ホールで行われた「たたいてあそぼう2019」に、4歳長男と2歳次男と一緒に参加してきました!

 

 

2013年から毎年開催されている「たたいてあそぼう2019」は、桐朋学園大学打楽器科有志メンバーで結成された“アンサンブルYTE”による参加型のコンサートです。

 

学生有志なので、メンバーの交代もありつつ続いてきたアンサンブルYTE。かつてのメンバーの中には、現在世界で活躍する演奏家も。メンバーの得意分野や個性を生かしながら、編曲から演出まで趣向を凝らしたコンサートを作っています。

 

▲開場10分ほどで、客席前方のマットスペースはいっぱいに

 

子どもたちが「早く始まらないかな」とそわそわするなか、ついに出演者のみなさんが登場!

やったね、始まったね…と子どもたちの方を見てみると、既に次男は演奏に合わせて、早くも手拍子を開始(笑)

長男はキラキラ回り始める頭上のミラーボールや、曲に合わせて赤や緑に変わる照明に大興奮していました。

 

▲よく知っているお話が始まった、と思いきや…!?
 
 
ステージ横のスクリーンに写し出される、「ブレーメンの音楽隊」のお話になぞらえて、出てくる動物にちなんだ楽曲が演奏されていきます。
物語のおかげで、聴いたことのある曲はもちろん、知らない曲でも「へー、こんな曲があるんだね!」と興味津々の長男。
 
 
ただ、お話が進むにつれ……蜂? カエル!?
予想できない展開に、「次はなにが出てくるのかな?」と子どもたちは思わず前のめり気味に。
特にアフリカゾウ(!)が仲間に加わったときに登場した、ジャンベというアフリカの打楽器。力強いリズムにつられて、長男は思わず自分の膝を叩き出していました。
 
 
打楽器と一口に言っても、小さなものから大きなものまで種類はさまざま。全身を使って太鼓を叩いたり、大きなマリンバの周りをぐるぐる回りながら演奏したり…音の奏で方もそれぞれで、目が離せません。
打楽器のリズムや音の振動が身体で感じられるのも、生演奏ならではでした。
 
 
▲音楽祭を支えるボランティア・チームCIMFのみなさんの姿も
 
 
ラストは茶筒でできた太鼓や、手のひらサイズのマラカス、洗濯板のギロなど、手作り楽器が子どもたち一人一人の手に配られ、みんなで大合奏!
 
 
コンサートの説明に「いっしょにたたいて、いっしょにわらって」とある通り、「子どもたちと音楽の楽しさを共有したい」という桐朋学園大学打楽器科のみなさんの思いが伝わってくるような、あっという間の45分間でした。
 
 
「もう終わっちゃうの?」「帰ったらこの楽器作ってみたい」と興奮冷めやらぬ子どもたちと、「来年はどんなコンサートか楽しみだね」と話しながら会場を後にしました。
 
 

調布市文化・コミュニティ振興財団では、音楽祭のほかにも、親子で楽しめるコンサートやイベントを多数開催中。保育サービス付きの公演・講座を多数開催しています。

7月28日(日)には、コンサートデビューにもおすすめ♪の「子どものための音楽とおはなし はじめてのコンサート」が開催されます。

 

子どもと一緒だからこそ楽しめるイベントもたくさん! ぜひ、チェックしてみてくださいね。

育てて!作って!みんなで食べる!

国、地方公共団体、関係団体などは、毎年6月を「食育月間」(外部リンク)として、食育推進運動を実施しています。国領にある駿河台大学第一幼稚園でも、6月には野菜の収穫や調理、昼食指導や講演会と「食」についてたくさんの活動を行いました。

 

年長さんが行ったのは、自分たちで育てたジャガイモを使ったカレー作りと梅ジュース作り。年中さんの時に植えたジャガイモを収穫し、カレーを作りました。みんなでスーパーにカレーの材料を買いに行き、野菜を洗ったら、むいたり切ったり。作ったカレーをみんなで食べました。普段は苦手な野菜でも食べられちゃうから不思議です。「さらにたくさん遊んで、お腹がすいていることも大切な要因ですね(園長・田所 恒子先生)」

    ▲みんな真剣な表情です。

梅ジュースを作るきっかけは、園内にある梅の木にいくつかの梅の実を見つけたこと。園の梅と先生が用意してくれた梅を年長さんたちが洗ってへたをとり、乾かし、氷砂糖につけました。おいしい梅ジュースが出来上がるのが楽しみです。

    ▲梅と氷砂糖がどうなるのか興味津々です。

 

さらに、年中さんはイチゴジャムを作りました。年少さんの時から自分たちで育てた大切なイチゴを収穫し、冷凍庫に保存していたものを大きな鍋に入れて煮ました。イチゴがジャムになる様子が見えるようにと脚を折り低くした机の上にコンロを置き、イチゴをクツクツと煮込んでいきます。完成したイチゴジャムは他の学年にもおすそ分けして、みんなでおいしく食べました。

    ▲園長先生も一緒にジャム作り♪

 

 

年長さんは、夏休みに入ると2泊3日の箱根合宿保育に出発します。もちろん、みんなで同じご飯を食べる時間も。6月中の食育体験が合宿保育の食事にも繋がっているのですね!

 

毎日、たくさん遊んでしっかり食べる。子どもたちの元気の源を感じられた食育月間でした。

ストレートパーマをかけなくてもうねり改善♪

湿気の多い時期。髪の毛のうねりや縮れ、毛先の広がりなどが気になっている方は多いのでは?ヘアメーク パッセージ調布北口店では、縮毛矯正やストレートパーマをかけるのはちょっと…という方に、髪を修復しながら広がりを抑えられる「髪質改善トリートメント」をおすすめ中。

「ストレートパーマではないので、適度なハリ・コシを残しながらうねりを抑えます。『ハイダメージ毛だけど、広がりは抑えたい』という方にもおすすめです」とオーナーの土屋朋文さん。

 

ヘアメーク パッセージ調布北口店は大人の女性向けながら、キッズスペースも備わっているサロン。ママの隣に座れるキッズチェアや、動画やゲームができるタブレットの用意などもあり、子連れや子どものカットにも嬉しい美容院です。

育児や家事、仕事に忙しく日々の髪のケアまで手が回らないというママ達も「髪質改善トリートメント」、ぜひお試しを!