いざ出陣!調布リトルリーグ世界大会へ

「調布リトルリーグ日本一おめでとう!」

 

そんなお祝いの横断幕が、調布市グリーンホール前にある大きなパネルに掛けられています。写真はその優勝した調布リトルリーグの選手たち。

 

調布リトルリーグは、7月22日に行われた全日本リトルリーグ野球選手権大会の決勝戦で見事優勝し、3年ぶりに日本一の座を奪還。8月15日からアメリカで開催されるワールドシリーズに出場することが決まりました!

ワールドシリーズは、全国制覇を成し遂げたチームだけが参加できるというもの。7月20日から開催された今年の大会において調布リトルリーグは圧倒的な強さを発揮。1回戦12-1、2回戦11-0、そして準決勝6-0と勝ち進み、決勝戦も8-0で相手チームを完封、優勝を飾りました。「大会ではそれぞれが落ち着いてプレイができ、攻守にわたってバランスの良い試合運びができたと思います」と話すのは調布リトルリーグ副会長・山本征さん。

 

選手のみなさんはすでにアメリカへ渡り、ペンシルベニア州・ウィリアムズポートで練習中とのこと。ワールドシリーズでは世界一をかけて様々な国のチームと戦います。どんな戦いを見せてくれるのか楽しみですね。

 

遠征前の8月5日、調布クレストンホテルで行われた調布市主催の壮行会では長友貴樹市長をはじめ、たくさんの方々の激励を受けました。選手たちは「まずは1勝、そして優勝を目指して戦う」ことを誓いました。

調布リトルリーグは、調布市、狛江市、三鷹市に在住の年長から満12歳までの子どもが所属している硬式野球チームです。「リトルリーグ」とは硬式ボールを使用し、野球を行うチームの事。ただし、小学2年生まではやわらかいボールを使い、バッティングティーといわれる台の上に載せたボールを打つので安全にプレイすることができます。

また、チーム内では野球の技術向上だけでなく、挨拶や礼儀なども大切にしています。

何より、調布リトルリーグは荒木大輔元選手や関川浩一元選手など、プロ野球選手も多く輩出している名門チーム。調布基地跡地運動広場内野球場を本拠地に子どもたちは日々練習に打ち込んでいます。活動の様子はFacebookでも確認できますよ!

野球といえば甲子園がヒートアップする8月ですが、アメリカで頑張る調布リトルリーグの活躍にも、ぜひご注目ください!

 

 

 

 

コサイトマガジン, 調布, 子連れ, 夏休み

夏のおでかけ♪ 親子で遊ぶ、学ぶ、体験する!

コサイトマガジン2019年7・8月合併号配布中! 内容をちょっとだけお見せしますね♪

調布市子ども生活部の窓口や、子ども家庭センターすこやか児童館、 図書館などの市内の子育て関連施設や親子カフェaonaなどで配布しています)

コサイトマガジン, 子連れ, 調布, おでかけ, 夏休み

 

親子で遊ぶ、学ぶ、体験する!

 

●気軽に立ち寄れる親子の居場所

子連れ歓迎のコミュニティ喫茶。テニス教室やイベントも「ほんのもり

 

●解説員さんのいる週末が狙い目!

多摩川の生き物や植物について親子で学べる「多摩川自然情報館

 

●赤ちゃんと一緒に古民家でのんびり

ママもゆったり過ごせる子育て支援の家「ぷくぷく・ポレポレの家

 

●夏休みの子ども向け企画いろいろ♪

美術鑑賞のほか実篤公園の散策もおすすめ「武者小路実篤記念館

 

●思い出の一足を手作りで

靴作りワークショップ開催中「関口靴工房ワークショップスペース

 

おでかけ先を探すなら「イベント情報」や編集部員によるコラム「おでかけ日和」も参考にどうぞ♪

 

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ ご登録はこちらから!コサイトマガジン, コサイトクラブ, 調布, 子育て, 子連れ, イベント

国領, wish, 美容院, ヘアサロン, 美容室, 調布市

キッズカット、男の子に人気のヘアスタイルは?

子連れで行きやすいと評判の美容院 Hair Healing Wish で、いまいちばん人気がある男の子のヘアスタイルは、サイドを刈り上げるツーブロック!

 

「どんな頭の形でも似合い、カッコよく仕上がるのがポイント。メリハリのある髪形なのでシンプルな服を着てもオシャレに見えて、子どもにもママにも大好評! 男の子のヘアスタイルは耳まわりや襟足の髪が伸びて、すぐにやぼったくなりがちだけど、ツーブロックなら襟足がスッキリしているので少し伸びても気にならず、かっこいいスタイルが長もちしますよ」(マネージャー・小林直樹さん)

キッズカット, ヘアスタイル, 男の子, 子供, 国領, 美容院, 髪型

Wishのウェブサイトには子どものヘアスタイル写真がたくさん掲載されていて、その写真を見て来店する親子連れも多いそう。女の子のかわいいヘアスタイルも多数掲載中です。

髪形で迷ったら、Wishで相談してみませんか?

 

Wishは子連れのお客さんが多いから、泣いたりぐずったりしても大丈夫。子どもの対応に慣れたスタッフさんが臨機応変に対応してくれ、動画を見ながら楽しくカットできますよ♪

 

人気の親子メニューのほか、平日限定で、初めてWishを利用する6歳までのお子さんは男女ともに2160円(税込)でキッズカットができます。

子連れ大歓迎のHair Healing Wishの情報は、こちらをご覧ください。

キッズカット, ヘアスタイル, 美容院, 調布, 国領, 美容室, 髪型

カフェaona4周年記念!ハズレ券なしくじ引き開催

子連れで気兼ねなく利用できるカフェaonaがオープンして、4年。4月21日のオープン記念日に向けて、ハズレ券無しのくじ引きを開催します!

 

27畳の座敷スペースでは赤ちゃんを座布団にねんねさせながら、ゆっくりおしゃべり。くつを脱いで上がるから、ハイハイしても気にならないという、乳幼児連れには嬉しいカフェ。4年前にオープンして以来、多くの子育てファミリーが利用しています。

「赤ちゃんからシニアの方まで、どなたでも利用できるカフェとしてオープンしました。赤ちゃんが泣いても大丈夫。授乳スペース、おむつ替えスペースもありますので、ゆっくりしていただけます。4月21日(日)はaonaの誕生日。利用してくださっているお客さまへの感謝を込めて、19日(金)、20日(土)、21日(日)の3日間、ハズレ券無しのくじ引きをご用意しています。ぜひ、ご来店ください!」(aona店長・田子良子さん)

 

何が当たるかはお楽しみに!

また、くじ引き期間でもある4月第3週の週替わり定食は、大人気「小松菜餃子」が登場します。ゆでた小松菜がぎっしり入った餃子で、野菜が苦手なお子さんがぺろりと平らげたという「伝説のメニュー」なのだそう。ぜひお試しください。

 

aona席予約(予約なしでも入れますが、混雑している場合がありますのでご予約をおすすめします)

 

 
Wish, ウィッシュ, 国領, 調布, 美容院, 美容室, ヘアサロン, キッズカット

「親子メニュー」で美容院デビューを応援!

国領駅から徒歩1分の美容院 Hair Healing Wish には、初めて利用する方限定で、0歳から小学生未満のお子さんを対象にした、お得な「親子メニュー」があります。

 

「赤ちゃんの髪が伸びてきて気になるけど、自分で切るのはちょっと心配」とか「イヤイヤ期で、家ではぜんぜん髪を切らせてくれない」という方は、思い切って子どもと一緒に美容院にでかけてみてはいかが? 親子メニュー以外にも、平日限定で、初めてWishを利用する6歳までのお子さんは2160円(税込)でキッズカットができます。

Wish, キッズカット, 国領, 調布, 美容室, 子連れ, ヘアサロン

Hair Healing Wishは日頃から子連れのお客さんが多いから、子どもが泣いたりぐずったりしても大丈夫。子どもの対応に慣れたスタッフさんが臨機応変に対応してくれますよ。

 

家ではうまくいかない子どものヘアカットも、美容院なら意外とすんなり成功するかも!?

ママのヘアカラーやパーマも、時間を気にせずお任せできます。

親子で髪スッキリ! オシャレなヘアサロンで気分転換してみませんか?

Hair Healing Wishの詳しい情報は、こちらをご覧ください。

Wish, キッズカット, 国領, 調布, 美容院, 子連れ, ヘアサロン

 

収入が夫婦逆転?そして気づいたこと 竹中裕晃さん

コサイトの住人、コサイトウです。

 

ママ友と集まると盛り上がる、それぞれの夫の話。家事育児に協力的なパパもいれば、そうでないパパもいますよね。コサイトウはこれまでたくさん調布のママに会ってきたけれど、パパたちからも話を聞いてみたいなあ。

ということで、今回は4歳の女の子のパパ、竹中裕晃さんにお話を伺いました。

 

竹中さんは調布市内で奥さまと娘さんとの3人暮らし。1年前までは都内の会社にお勤めのサラリーマンでしたが、思うところがあって会社を辞め、自身の会社を設立。現在は住んでいる調布を拠点に、主に周辺地域でお仕事をしています。また地域のイベント等でも積極的に活動中です。

 

お話を伺ったのはお仕事のある平日だったので、立ち上げから関わっていて、現在の主な職場になっているという府中のコミュニティエフエム局「ラジオフチューズ」さんにお邪魔しました。

▲優しい笑顔で出迎えてくださいました〜♪

 

 

たまたま住み始めた調布で

地域で活動するようになった理由は何なのでしょう。

「結婚前までは、地域について関心はなかったですね〜(笑)。たまたま、夫婦お互いの勤務地の間をとって調布に住み始めただけのことでした。でも、子どもが生まれてからは少しずつ地域の見え方が変わったように思います」

 

それに、東京では毎日満員電車に乗って通勤するのが当たり前みたいな感じだけれど、職場と住まいがもっと近くにあれば、ストレスも軽くなるし、子育てにもプラスになる…そんなふうに考えていったら、自然と「地域で働く」ことに目が向いていったのだそう。

 

わかるな〜その感じ!だって、コサイトウも以前は毎日ギュウギュウ詰めの電車で会社へ往復していたんですもの。それが、いざ娘が生まれると、もう少し娘と一緒に過ごせる時間がほしいなあと思うようになったのよね。というわけで、現在は「コサイト編集部」の一員として、こうして地域で取材をさせてもらっているというわけ♪パパさんである竹中さんも同じように感じていたなんて、すごく共感できちゃうな。

 

 

「当たり前」と思っていたことも、実は…

とはいえ…会社員を辞めて、地域でやりたい仕事をするなんてすごくかっこいいことだけど、気になるのは収入よね。

「まだ独立したばかりということもあって、収入は大きく減らすことになりました。今は、妻が働いてくれているので何とかなっていますけれど」(竹中さん)

 

竹中さんの「独立」したい気持ちを、奥さまがしかと受け止めてくださったのですね。そして、奥さまに支えてもらうことになり、気づいたことがあるのですって。

「僕はずっと仕事においては男だとか女だとか、夫婦どちらが稼いでいるとかなんて関係ないと思っていたはずなんですよ。でも…」

 

独立により自分の収入が奥さまより少なくなるという現実を目の当たりにして初めて、実は心のどこかで「僕のほうが稼いでいる」という意識があったのかもしれない…と気づいた竹中さん。

「この気づきは大きかったと思います」

 

思いがけない気づきがあったのね!「俺が(私が)稼いでいるんだから」は、少なくとも夫婦間ではNGワードだと思うなあ。竹中さんは、心のどこかで「自分の方が稼いでいるのだから家事や育児の分担は軽くていい、と考えていた自分に気づいてからは、心持ちや家での役割が大きく変わりました。

 

たとえば保育園の送り迎え。サラリーマン時代も保育園の朝の送りは竹中さんの役割でしたが、フレキシブルに働けるようになった今はお迎えも行くことが増えました。

仕事柄、週末も忙しいのだけど、できるだけ子連れで出勤したり、子どもと一緒に地域のイベントに参加するようにしている竹中さん。フルタイムで働き、家事も頑張っている奥さまをせめて週末だけでも休ませてあげたいという思いもあるのですって。

 

「休日に仕事の打ち合わせも多いのですが、あらかじめ『子連れでもいいですか』とお伝えすると、たいていの方が快諾してくださいます。みなさんの理解があってこそのことなので、感謝しています」

▲娘さんと一緒に地域の街歩きイベントに参加

 

 

イベントを企画&失敗!?

そういえば、子連れのパパ向けイベントも企画したことがあるとか?

「『お母さんに一人でのんびりできる時間を』をテーマに企画しました。たっぷり時間をかけて父親と子どもでクッキーと餃子を作り、お母さんにはお土産のクッキー。持ち帰った餃子は夕ご飯にできる、という内容です」

 

なんて素晴らしい!楽しそうだし、ママも助かるし!

 

「それが、ちょっと盛り込みすぎだったこともあり上手くいかなかったので、それきりになっていて…(苦笑)」

おっと、それは残念!イベントの時間が長すぎたこと、餃子を皮から作るというところが、パパたちにとってハードルが高かったと分析。今後はもう少しライトな内容でリベンジしたいとのことでした。期待しています!

 

得意分野を活かした家事分担

竹中家での毎日は、共稼ぎ家庭ならではのタイトなスケジュール。夫婦で協力して効率よく家事を分担しています。

「平日は子どもをいかに早く寝せるかが夫婦共通のミッション(笑)なので、そのために家事はお互い得意な分野を担当しています。役割が決まっているから考えなくていいし、『これやってないじゃない』と相手にイライラすることもなくなりました」

 

なるほど~。分担が曖昧だと、つい相手に期待しがちだもんね。具体的には、平日夜竹中さんが保育園へ迎えに行き、帰ったら洗濯。その間奥さまは買い物などをして帰宅後に食事作り。夕ご飯を食べた後は竹中さんが洗い物をしている間に、奥さまと娘さんはお風呂。土日にまとめて掃除をしますが、水回りの担当はすべて竹中さん、と決まっています。

「僕の帰宅が遅くなるときも、洗い物はそのままにしておいてもらって、帰宅後に洗ったりしているんですよ」

素晴らしい〜。そんな竹中さんから奥さまへの思いを最後に一言!

 

「勝手なことやらせてもらって、とにかく感謝しています。直接はなかなか言えないけれど…」(ちょっと照れながら)

 

わぁ~!素敵です!

 

 

取材を終えて

改めて、夫婦って協力し合うことがとても大切だなあと思いました。日々の家事・育児の協力はもちろんですが、転職に限らず転勤や病気などで収入が減ったり、無くなったりすることだってあるかもしれない。人生、先のことはわからないのだから!竹中さんご夫婦は、お互いを尊重しながら、支え合っているのだと感じました。

 

ちなみにコサイトウ家も、3歳の娘を夜早く寝かせたい気持ちは夫婦で同じはずなのに、夫が帰宅すると娘も夫も楽しくなって遊んでしまい、結果、興奮して寝ないというのが現実…(笑)。娘ラブな夫の気持ちもわかるけれど、竹中さんのお宅を参考に、今一度夫婦で話し合ってみようかな。

 

子連れ大歓迎♪「Hair Healing Wish」を取材!

イヤイヤ期まっさかりで、おしゃれなヘアサロンに行きづらい、というママ・パパに朗報です!
「お子さんの相手はお任せください!」という子連れに優しいヘアサロン、国領のHair Healing Wishさんにお邪魔してきました。

詳しくは、編集部の取材記事「コサイトレポート」をご覧ください!

 

新入園児さんをご招待!学期末子ども会

駿河台大学第一幼稚園では、12月13日、14日に2学期末子ども会が開催されました。

学期末子ども会では、クラスごとに劇を発表します。1日目は来年度入園予定の新入園児を招待し、2日目は保護者を招待して練習の成果を披露しました。

 

年少組では、大好きな絵本の話をもとに役になりきったり、声を合わせて簡単なセリフのやりとりをして、元気いっぱいに発表しました。年中組はこれまで幼稚園で遊んできた遊びを劇中に取り入れながら、それぞれのセリフを大きな声で伝えました。

年長組では一緒に演じるお友だちと相談しながらセリフや劇に必要なものを考えて制作しました。あるクラスの演目は「オズの魔法使い」でした。みんなで話し合って衣装やセリフを考えたり、背景や大道具を作ったり。

なんと、劇中歌の多くは先生と子どもたちのオリジナル!たくさんの意見を出し合って、自分たちで作品を作りあげました。年長の園児にとっては幼稚園最後の子ども会、一生懸命全力で取り組んだという思いが伝わってきました。

駿河台大学第一幼稚園では、「お父さんと遊ぼう会」園外保育年長合宿保育など、他にも魅力的な活動が盛りだくさんです。園長先生へのインタビューや日々の様子はコサイトまち情報に掲載中です!ぜひご覧ください♪

12月18日(火)どんな公園にする? 意見交換会開催

 

調布市役所の西側にある、鉄道敷地(相模原線の上)に公園が整備されることが決まりました。

12月18日(火)、子育て中の方々の声を届けるための、意見交換会が開催されます。

公園ができる前に意見を言えるチャンス!
ぜひ、あなたの声を聞かせてください。

イベント詳細・申し込みはこちらから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子連れで国際交流!保育ボランティア募集

じゃんけんぽん! 楽しそうなかけ声とともに自己紹介をしているのは、フィリピン、インド、中国、韓国、ロシア、ウズベキスタンなどさまざまな国から来て日本に暮らす「だっこらっこくらぶ」のみなさんです。去る10月11日、調布市文化会館たづくりの一室。年に一度のお楽しみ会の真っ最中で、それぞれのお国のじゃんけんやダンスを披露しながら、終始笑い声やおしゃべりが絶えない様子です。

 

「だっこらっこくらぶ」は未就園児をもつ外国籍の人が、子連れで参加できる日本語教室。「調布市国際交流協会」のボランティアスタッフがマンツーマンで日本語を教え、その間、別のボランティアが子どもの面倒を見ています。普段は国領駅前にある、調布市子ども家庭支援センター「すこやか」で木曜の午前10時~正午に活動をしています。

 

「調布国際交流協会」では、随時ボランティアスタッフを募集中。学習ボランティアは現在代講要員のみの募集ですが、保育ボランティアは空きがあります。

 

慣れない土地で子育てをしている外国籍の方には、同じように子育てをしている方のボランティアがたいへん喜ばれています。子連れで参加でき、さまざまな国の方と交流するチャンス! あなたもボランティアスタッフに登録してみませんか。

・調布市文化会館たづくり 

https://cosite.jp/town/facility/tadukuri/489/chofushougai

・調布市国際交流協会 

https://cosite.jp/town/facility/kokusai/kokusaikouryu/chofu/36243

・だっこらっこくらぶ(外部リンク)

https://cifa.tokyo/japanese/