春から気分一新! 暮らし方、変えてみる!?

ただいまコサイトマガジン2020年4月号を配布中!
今回の特集は「防災」と「新生活」。その内容をちょっとだけ紹介しますね♪

 

※「コサイトマガジン」でご紹介した一部のイベントが感染症対策のため開催中止となりました。お出かけ前に公式サイト等をご確認くださいますようお願いいたします。

春から気分一新! 新生活特集
▲調布市子ども生活部の窓口や子ども家庭センターすこやか、児童館・図書館など市内の子育て関連施設や調布駅近くの親子カフェaonaで配布しています。

見つけよう! 私らしい暮らし方

もうすぐ新年度。いろいろな変化が訪れる季節ですね。今回は、コサイトに掲載中の情報の中から、新生活に役立つ情報や子育て中のママに便利なサービスをピックアップしてみました♪

 

●“ちょっとした困りごと”をサポート

ぬいもの代行や家事代行、講習会など「てづくり倶楽部 おたすけママ

 

●ママの「働きたい!」を応援

子連れで就職相談ができる「調布国領しごと情報広場マザーズコーナー

 

●楽ちん布おむつライフ♪

布おむつ・トレーニングパンツのレンタル専門店「nu.norm世田谷通り沿い店

 

●物件情報も地域情報もお任せ

子連れ歓迎! ママ目線の物件探しをお手伝い「渋谷不動産エージェント

 

●今日はカフェで夕食!

16時以降の親子でお得なメニュー♪ カフェaonaの「 帰ったらお風呂だけセット」

 

●お部屋の模様替えで気分一新

自然素材で作られた家具や雑貨が多数「インテリアショップKAJA調布店

 

●自分で選べる多様な働き方を提案

“はたらく”を考える座談会を定期開催「非営利型株式会社Polaris

 

生活リズムや環境が変わる春先は疲れがたまりがち。誰かを頼ったり、いろいろなサービスを活用したりして、上手に乗り切りましょう!

 

新年度が始まる前に防災対策もチェック!

今回のもう一つの特集テーマ「防災」については、こちらのレポートもご覧くださいね♪
↓↓↓
あなたの「防災力」大丈夫?子連れで備える風水害

 

月1回の無料メルマガ「コサイトクラブ」

調布, 子育て, 子連れ

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ 不定期でメンバーのオフ会”リアルコサイトクラブ”も開催!
ご登録はこちらからどうぞ。

 

● Instagram始めました! 気軽にフォローしてくださいね♪
https://www.instagram.com/cositecosite/

入園・入学の準備はいかが?

4月からの新年度に向けて、そろそろ準備を始めている方も多いのでは?

コサイトに掲載中のなかから、入園・入学・進級の準備に役立つ情報をまとめました♪

 

布ものグッズの準備に

●ぬいもの代行や家事代行でママを応援

ネットから見積もり・相談できる「てづくり倶楽部 おたすけママ

 

●仙川のオシャレなカフェでミシンカタカタ♪

ミシンのレンタル利用ができる「ミシンカフェ&ラウンジnico

 

●ちょこっと縫いたい・教わりたい!にも対応
通園・通学用品作りも習える。完全予約制で1時間単位で利用できる「洋裁教室 K sewing

 

●迷ったら知識豊富なスタッフに相談

初心者からベテランまで通う手芸専門店「マーノ・クレアール 調布パルコ店

 

●お店で材料を選んで通園・通学用品のオーダーも

品揃え豊富で会員サービスも充実「クラフトハートトーカイ イトーヨーカドー国領店

入園入学グッズ, 通園通学用品オーダー

 

特別な日を演出

・おしゃれな写真スタジオで卒入園・卒入学の記念撮影「Irodori Studio

 

・いつもの街で上質な時間を「調布クレストンホテル

 

・駅近で便利! プライベートサロンでヘアメイクから着付けまで「媛~en~

 

・思い出の写真を”遊べる記念品”に「シャフト株式会社(オリジナルグッズ製作)

 

・センスが光るセレクトショップ「aona shop (カフェaona内)

▲ aona shopで大人気のコサージュ。売り切れたらごめんなさい!

 

入園・入学前後のお悩み相談

幼稚園入園式 泣いてママから離れない子どもへの接し方

 

・「入園後、風邪をひいてばかり…」(子育てお悩み相談室)

 

「小1プロブレム」が心配です」(子育てお悩み相談室)

 

入園・入学のとき、どうだった? (編集部員のブログから)

・筋金入りのイヤイヤ娘が!!
わが家のイヤイヤ大魔王

 

・親子ともに手探りの園生活
はじめての幼稚園、1学期を終えて

 

・家と保育園とのギャップにビックリ!?
保育参加 子どもの新たな一面に冷や汗

 

・見つからないように物陰からこっそり
毎日探偵気分?! 新一年生登下校の見守り

 

・ママは不安でいっぱいだったけど
ドキドキの1年生、無事クリア!?

入園・入学に向けた準備って、なかなか大変ですよね。何か忘れていないか、親もドキドキ…。
子連れでお買い物の途中、調布市周辺で授乳・おむつ替えスペースやキッズトイレを探すなら「赤ちゃんおでかけ安心まっぷ」が便利! ぜひ使ってくださいね♪

マリアの園の幼稚園「こどもまつり」がスタート!

晃華学園マリアの園幼稚園では、今年も園児さんやそのご家族がとても楽しみにしている「こどもまつり」が行われています。2020年のテーマは「こころをひとつにレッツトライ」と題して開催。2月8日の展覧会を取材しました。

 

この日午前中は在園児さんとそのご家族が楽しむ時間。幼稚園の入り口では園長の小田伴子先生は家族で訪れる園児さんたちを、一人ひとり丁寧に出迎えます。

 

「今年の展覧会では、縦割りのグループで協力しあって作り上げた作品が見どころだと思います。日頃から縦割りでの保育は定期的に行ってはいるのですが、展覧会前に縦割りグループで集中的に保育を行ったのは初めての取り組みです。年上の子どもたちが年下の子どもたちと力を合わせて作ったのは、遊べるおもちゃ。来週水曜日(12日)にはそのおもちゃを使ってゲーム大会も予定しているんですよ!」(小田先生)

 

 

会場内では、すでにたくさんの親子が作品を楽しんでいました。

それぞれのお部屋は学年ごとのクラスの展示のほか、縦割りグループの作品も1つずつ展示されています。たとえば「さかなつりゲーム」「まとあて」「ピンボール」「タワーゲーム」など。どれも大きな作品で、子どもたちが協力しあって作り上げた様子が目に浮かぶようでした。

共同で作品を作るプロセスでは、いろいろなアイデアを出したり、工夫をこらしたり。異年齢のチームで取り組むからこそ、年長の子どもたちが年下の子どもたちを上手にフォローしたり、リードしたりする場面もあったとか。それぞれが少しずつ成長できる機会だったかもしれません。そして、そんな子どもたちの成長を喜ぶ園長先生をはじめとする先生方の様子からも、園のあたたかなムードが伝わってくるようでした。

 

園内のホールでは、保育の様子を映像で紹介するコーナーや、展示されている織物の制作体験コーナーなどもあって、ゆっくり過ごせる配慮もたくさん。

 

「こどもまつり」は、2日目12日(水)は展示していた作品で実際に遊ぶ「ゲーム大会&喫茶店&映画会」。13日(木)は縦割りチームや学年で練習を積み重ねてきたうたを発表する「まりあのそのコンサート」が予定されています。

 

抜群の自然環境に恵まれ、預かり保育なども充実をはかっている「晃華学園マリアの園幼稚園」について、詳しくはまち情報もご覧ください。

 

騎馬隊の方と♪幼稚園の交通安全指導

11月14日、国領町のくすのき団地内にある駿河台大学第一幼稚園で、交通安全指導が行われました。

警視庁から6名の警察官と2頭の騎馬がやって来て、子どもたちに交通安全についてのお話をしました。

▲園児全員でご挨拶。

その後は、年長さんお待ちかねの乗馬体験。ヘルメットをかぶり一人ずつ馬に乗りました。いつもより高いところからの眺めを楽しみながら、馬の歩くリズムに合わせて体を揺らす子どもたち。乗る前は緊張していた子どもも、馬にまたがるとあっという間に笑顔に!騎馬隊による交通安全教室は毎年行われていて、年長さんは貴重な体験をすることできます。

▲乗馬体験を年中さんと年少さんも見学しました。

駿河台大学第一幼稚園では1年に2回、交通安全指導を開催しています。信号を守る、横断歩道を使う、道路に飛び出さないなど、お話を聞いたり実際に体験したりすることで交通マナーを勉強します。日々の登下校や遊びの中でも交通ルールが身についていると、毎日安全に過ごすことができるからです。

▲横断歩道を渡る練習も。

駿河台大学第一幼稚園の活動の様子は、園のホームページ(外部リンク)内「園だより」でも知ることができますよ。もちろん、コサイトのまち情報ニュースでも掲載しています!ぜひご覧ください。

子どもも!お父さんも!全力で取り組んだ運動会

「心もからだもじょうぶな子」「くふうしてよく考える子」「思いやりのあるやさしい子」を教育目標に掲げる駿河台大学第一幼稚園。お天気に恵まれた10月5日に国領小学校にて運動会が開催されました。

 

運動会が始まるのを楽しみに待つ子どもたち。全学年で行う「するがだいマーチ」の演奏に備え、ちょっと緊張気味の子どもの姿も。指揮者の笛の音に合わせ、演奏開始です。年少組さんはカスタネット、年中組さんはタンバリン、そして年長組さんは大太鼓や小太鼓、鍵盤ハーモニカにシンバル、ウッドブロックなど様々な楽器を持って演奏したり、旗を持ったり。

全園児が一つになった「するがだいマーチ」の演奏で運動会が始まりました!

 

全園児によるかけっこや、親子競技、綱引きや未就園児競技など、プログラムが進んでいきます。前半の部の最後は年長組さんによる「体操大好き」。様々な隊形を披露し、最後にソーラン節を元気いっぱいに演技しました。

後半のプログラムでは、全園児による自由表現や卒園児の競技、そしてお父さんリレーも行われました。学年対抗のお父さん有志によるリレーは子どもたちも大好きな競技です。「お父さんたちが本気でトラックを走る様子を見て子どもたちは一生懸命応援します。毎年、人気の競技なのでメンバー選出が抽選になることもあるのですよ」(園長・田所恒子先生)

駿河台大学第一幼稚園のプログラムにはどの学年にも親子競技があるので、保護者も子どもと一緒に出場し、運動会を楽しむことができます。今年も家族との時間を楽しむことができる運動会となりました。

 

駿河台大学第一幼稚園の様子や園長先生が思いを語っているインタビューは、まち情報でご紹介しています。こちらもぜひお読みください!

令和2年度 調布市認可保育園申込み心得

令和2年度調布市認可保育園入園案内の配布が始まっています。黄色い表紙の入園案内、もうお手元にお持ちでしょうか?

いよいよ来年4月からの認可保育園入園へ向けての申込みのシーズンが近づいてきました。

 

調布市における令和元年度の待機児童数は182人(認証保育所などへの入所者を除く)。平成30年度の167人からは少し増えています。(詳しくはこちらをご覧ください)

今年度は2園が新たに開園します(厳密には既存の1保育園が分園化して2園になります。もう1園は小規模保育所が認可保育園に移行します)が、大幅に募集人数が増えるということはありません。さらに調布市はその利便性から転入者も増えることが予想される上、働く女性がますます増えていることから、来年度の保育園入園も、引き続き厳しい状況が予想されます。

 

そこでコサイト編集部は、今年も調布市子ども生活部保育課のご担当者に、令和2年度の入園申し込みについて心得を取材しました。

▲保育課の長井さん(右)と、浅賀さん(左)

 

利用調整指数とは?

 

「調布市は待機児童対策にはかなり力を入れてまいりました。平成27年度に策定された『調布っ子すこやかプラン』において新設を予定していた25園はすべて開園され、今年度も2件が認可保育園としてオープンし、来年度も実質1園増える予定です。引き続き待機児童対策は進めてまいりますが、来年度も厳しい状況は続きそうです」(保育課 保育・幼稚園係 浅賀さん)

 

認可保育園の入園は、各家庭ごとの「利用調整指数」の点数と世帯収入から、ルールにもとづいて厳正に決められていきます。まずはご自身の世帯について、正確な点数を把握することが必要です。

たとえば、夫婦ともにフルタイムで働いている場合は30点+30点で合計60点。そこに世帯に対する調整指数が加点されます。たとえば1年以上前から両親ともに就労を継続していて、子どもを有償の認可外保育施設(認証保育所や保育ママなど)に月極め契約で160時間以上預けている場合は2点が加点されることになっています。

仮に点数が低い場合は、利用調整の結果次第では「入れない」場合も想定されます。4月からの復職が決定している場合は、認可保育園以外の選択肢についても検討しておいたほうがいいかもしれません。

また、たとえ満点(60点)でさらに加点があったとしても、応募が集中する保育園では「まさかの落選」も十分に有り得ること。認可保育園に入れなかった場合も想定して、それ以外の選択肢についても十分に調べ、検討しておきたいところです。

 

窓口で事前相談後、郵送申し込みも可能に!

 

「実は、今年から『入園説明会』は実施しないことになりました。毎年行われてきた説明会は、概要説明が中心で個別にお応えすることが難しかったという側面もあり課題だったからです。そこで、書類の記入方法や必要書類などについて、できるだけ事前に窓口で個別に相談に応じ、期間中に事前相談をした方については、郵送での申込みもできるようになりました」(保育課 保育・幼稚園係 長井さん)

 

 

「郵送申し込みをする方は、土日祝日を除く11月15日(金)までの期間中に直接窓口までお越しいただき、ご相談ください。午前8時30分から午後5時15分までご相談を受け付けています。また、10月21日(月)、23日(水)、24日(木)、25日(金)は相談時間を午後7時30分まで延長して対応しておりますので、ぜひご利用ください。郵送申込みの際には、相談時に職員による受付印が押された『重要事項必要確認書』が必要ですので、郵送をご希望される方は、必ず事前相談をお受けください」(浅賀さん)

 

昨年までは入園申し込みは一斉に市役所で受け付けていましたが、たくさんの方がいらっしゃるので、どうしても待ち時間が長くなるのがネックでした。郵送での申込みが導入されることになり、直接申し込みの人が少なくなれば、待ち時間も短くなりそうですね。そのためにも書類を過不足なく整えることが必要です。

 

「保育園に預ける要件を満たしていることが証明できる、就労状況を示す書類なども必要です。申込時に提出していただく書類は、しっかり記入済みでなくては受け付けられません。ご不明の点がありましたら、何なりと保育課窓口にてご相談いただけたらと思います」(長井さん)

 

申込受付は11月18日(月)から25日(月)まで

 

郵送及び市役所での4月入園申込み受付(1次募集)期間は、11月18日(月)から25日(月)までです。郵送申込みができるのは、相談期間内(10月7日〜11月15日 土・日・祝日を除く)に保育課(市役所2階)で申込みの相談をした方に限ります。

受付日程 受付時間 受付場所

 

11月18日(月)〜25日(月)

 

午前9時〜午後5時 市民ロビー
(市役所2階)
11月23日(土)・24日(日) 午前9時〜午後4時 市民ロビー
(市役所2階)

 

 

親子で「見学」して選びましょう

 

復職の期限が迫ってくると「どこでもいいから入りたい」という気持ちになってしまうもの。しかし、実際に預けることになれば子どもが長時間「生活」する場所でもある保育園です。調布市内には70園ほどの認可保育園があり、それぞれが特徴ある保育を実践しています。調布市でも、入園申込み前に、希望園の見学を推奨しています。

 

認可保育園以外の選択肢も

 

働き方によっては、一時預かりなどを活用する人もいます。たとえば認可保育園や認証保育所などの一時預かりや、定期利用保育などを利用して働いている人もいます。また子どもの年齢によっては幼稚園の延長保育など利用している人も。近年では、企業主導型保育所も市内に次々と開設されています。さらに3歳からは幼児教育の無償化に伴い、幼稚園の延長保育でも無償化が導入されるケースも。認可保育園入園が以前厳しい中、仕事を続けていくためには、認可保育園に入園して働くという選択肢にこだわらず、それぞれの働き方に合わせた「保活」ができるといいですね。

 

 

アフタースクールワイズ調布

編集部が取材! 民間学童の人気講座

子どもの探究心を育むプログラムが充実している民間学童「アフタースクールワイズ調布」。人気講座の1つ「図形・パズル」に編集部がお邪魔してきました。子どもたちが熱中する授業の様子を<コサイトreport>で紹介しています。

 

「アフタースクールワイズ調布」は放課後の預かり保育だけでなく、英語、暗算、プログラミングなどの専門プログラムを有料オプションとして提供。多数の教育事業を手掛けるZ会グループならではのラインナップで、学童に通いながら充実した学びの機会を得られるのが特長です。

 

年少〜年長のお子さんには、小学校入学年度4月からの利用を予約する「プレ会員」制度があります。ご興味がある方は「アフタースクールワイズ調布」にお問い合わせください。

アフタースクールワイズ調布 アフタースクールワイズ調布

コサイトマガジン, 大人の習い事

ママだって楽しみたい! 大人の習い事

コサイトマガジン2019年11月号配布中!

調布市子ども生活部の窓口や、子ども家庭センターすこやか児童館、 図書館などの市内の子育て関連施設や親子カフェaonaなどで配布しています)

 

今回は人気コラム「育てる」こどもごはんや、ママの習い事を特集。その内容をちょっとだけご紹介しますね♪コサイトマガジン2019年11月号

始めよう! 大人の習い事

●女性専用スタジオで楽しくキレイに

岩盤ホットヨガのほかバレエやダンスレッスンも「ルキナ仙川

 

●親子で英語絵本に親しもう

読み聞かせ方法や絵本の選び方が学べる「バイリンガル絵本クラブ

 

●ママも子どもも通えるフラダンス

体験レッスンあり。子連れで参加できるクラスも「Halau O Pilialoha(ハーラウ オ ピリアロハ)

 

●子連れで参加できる編み物教室

好きなものを自由に編めるニットカフェも開催「あおいろニット

 

●手軽なパン作りを単発レッスンで

元保健師の先生が指導。子連れOK!「小さなおうちパン教室CLOVER

 

 

いつかはと思っていても、つい後回しになりがちなママの習い事。思い切って始めたら、いい息抜きになるかも♪ 上手に自分の時間を持てたらいいですね。

 

気分転換にピッタリな「大人の習い事」は、こちらもチェック!

 

月1回の無料メルマガ「コサイトクラブ」

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ ご登録はこちらから!コサイトマガジン, コサイトクラブ, 調布, 子育て, 子連れ, イベント

10/7(月)配布開始 令和2年度調布市認可保育園入園案内

令和2年度の保育園入園のための「入園案内」(冊子)が10月7日(月)から配布されます。

配布場所は、

調布市子ども生活部保育課(市役所3階)

神代出張所

子ども家庭支援センターすこやか

市内各認可保育園

 

を予定しています。

 

コサイトでは、今年も子ども生活部保育課の担当者に、申込み時の心得、注意点などを取材する予定。10月中旬には記事を公開しますので、ぜひそちらも御覧くださいね!

 

 

夏休みも「預かり保育」マリアの園幼稚園

晃華学園マリアの園幼稚園では、2019年度は預かり保育の拡充を始め、長期休業中(夏休み中)も実施しました。

「夏休み中は全部で15日間、午前9時から午後3時まで預かり保育を行いました。担当の先生は2名ずつ。預かりの先生はもちろん、クラスの先生方も交代で子どもたちを見守りました」(園長・小田伴子先生)

今年も猛暑日が続き、外遊びはほとんどできなかったとのことですが、広々としたホールで思い思いに遊ぶことができました。冬休みは4日間、春休みも5日間の預かり保育を予定しているそう。

夏休みが終わったら平常保育です。晃華学園マリアの園幼稚園では、平常保育時には「めざめの園」として午前8時から8時40分までの預かりと、保育後は午後6時までの預かり保育を実施中。保育後2時間はだれでも遊び慣れた園庭で自由に遊ぶことができ、その後の時間は仕事、や介護などの理由で預かりを希望される方のために預かりを行っているとのこと。

 

 

「預かりでは縦割りのチームのように年長さんが年下の子たちを面倒見たりとほほえましい場面がたくさんあります」(小田先生)

 

すばらしい自然環境に恵まれた、晃華学園マリアの園幼稚園。9月からは入園説明会や公開保育も開催されます。今のうちにスケジュールをチェックして、ぜひお出かけください。