子どもも!お父さんも!全力で取り組んだ運動会

「心もからだもじょうぶな子」「くふうしてよく考える子」「思いやりのあるやさしい子」を教育目標に掲げる駿河台大学第一幼稚園。お天気に恵まれた10月5日に国領小学校にて運動会が開催されました。

 

運動会が始まるのを楽しみに待つ子どもたち。全学年で行う「するがだいマーチ」の演奏に備え、ちょっと緊張気味の子どもの姿も。指揮者の笛の音に合わせ、演奏開始です。年少組さんはカスタネット、年中組さんはタンバリン、そして年長組さんは大太鼓や小太鼓、鍵盤ハーモニカにシンバル、ウッドブロックなど様々な楽器を持って演奏したり、旗を持ったり。

全園児が一つになった「するがだいマーチ」の演奏で運動会が始まりました!

 

全園児によるかけっこや、親子競技、綱引きや未就園児競技など、プログラムが進んでいきます。前半の部の最後は年長組さんによる「体操大好き」。様々な隊形を披露し、最後にソーラン節を元気いっぱいに演技しました。

後半のプログラムでは、全園児による自由表現や卒園児の競技、そしてお父さんリレーも行われました。学年対抗のお父さん有志によるリレーは子どもたちも大好きな競技です。「お父さんたちが本気でトラックを走る様子を見て子どもたちは一生懸命応援します。毎年、人気の競技なのでメンバー選出が抽選になることもあるのですよ」(園長・田所恒子先生)

駿河台大学第一幼稚園のプログラムにはどの学年にも親子競技があるので、保護者も子どもと一緒に出場し、運動会を楽しむことができます。今年も家族との時間を楽しむことができる運動会となりました。

 

駿河台大学第一幼稚園の様子や園長先生が思いを語っているインタビューは、まち情報でご紹介しています。こちらもぜひお読みください!

令和2年度 調布市認可保育園申込み心得

令和2年度調布市認可保育園入園案内の配布が始まっています。黄色い表紙の入園案内、もうお手元にお持ちでしょうか?

いよいよ来年4月からの認可保育園入園へ向けての申込みのシーズンが近づいてきました。

 

調布市における令和元年度の待機児童数は182人(認証保育所などへの入所者を除く)。平成30年度の167人からは少し増えています。(詳しくはこちらをご覧ください)

今年度は2園が新たに開園します(厳密には既存の1保育園が分園化して2園になります。もう1園は小規模保育所が認可保育園に移行します)が、大幅に募集人数が増えるということはありません。さらに調布市はその利便性から転入者も増えることが予想される上、働く女性がますます増えていることから、来年度の保育園入園も、引き続き厳しい状況が予想されます。

 

そこでコサイト編集部は、今年も調布市子ども生活部保育課のご担当者に、令和2年度の入園申し込みについて心得を取材しました。

▲保育課の長井さん(右)と、浅賀さん(左)

 

利用調整指数とは?

 

「調布市は待機児童対策にはかなり力を入れてまいりました。平成27年度に策定された『調布っ子すこやかプラン』において新設を予定していた25園はすべて開園され、今年度も2件が認可保育園としてオープンし、来年度も実質1園増える予定です。引き続き待機児童対策は進めてまいりますが、来年度も厳しい状況は続きそうです」(保育課 保育・幼稚園係 浅賀さん)

 

認可保育園の入園は、各家庭ごとの「利用調整指数」の点数と世帯収入から、ルールにもとづいて厳正に決められていきます。まずはご自身の世帯について、正確な点数を把握することが必要です。

たとえば、夫婦ともにフルタイムで働いている場合は30点+30点で合計60点。そこに世帯に対する調整指数が加点されます。たとえば1年以上前から両親ともに就労を継続していて、子どもを有償の認可外保育施設(認証保育所や保育ママなど)に月極め契約で160時間以上預けている場合は2点が加点されることになっています。

仮に点数が低い場合は、利用調整の結果次第では「入れない」場合も想定されます。4月からの復職が決定している場合は、認可保育園以外の選択肢についても検討しておいたほうがいいかもしれません。

また、たとえ満点(60点)でさらに加点があったとしても、応募が集中する保育園では「まさかの落選」も十分に有り得ること。認可保育園に入れなかった場合も想定して、それ以外の選択肢についても十分に調べ、検討しておきたいところです。

 

窓口で事前相談後、郵送申し込みも可能に!

 

「実は、今年から『入園説明会』は実施しないことになりました。毎年行われてきた説明会は、概要説明が中心で個別にお応えすることが難しかったという側面もあり課題だったからです。そこで、書類の記入方法や必要書類などについて、できるだけ事前に窓口で個別に相談に応じ、期間中に事前相談をした方については、郵送での申込みもできるようになりました」(保育課 保育・幼稚園係 長井さん)

 

 

「郵送申し込みをする方は、土日祝日を除く11月15日(金)までの期間中に直接窓口までお越しいただき、ご相談ください。午前8時30分から午後5時15分までご相談を受け付けています。また、10月21日(月)、23日(水)、24日(木)、25日(金)は相談時間を午後7時30分まで延長して対応しておりますので、ぜひご利用ください。郵送申込みの際には、相談時に職員による受付印が押された『重要事項必要確認書』が必要ですので、郵送をご希望される方は、必ず事前相談をお受けください」(浅賀さん)

 

昨年までは入園申し込みは一斉に市役所で受け付けていましたが、たくさんの方がいらっしゃるので、どうしても待ち時間が長くなるのがネックでした。郵送での申込みが導入されることになり、直接申し込みの人が少なくなれば、待ち時間も短くなりそうですね。そのためにも書類を過不足なく整えることが必要です。

 

「保育園に預ける要件を満たしていることが証明できる、就労状況を示す書類なども必要です。申込時に提出していただく書類は、しっかり記入済みでなくては受け付けられません。ご不明の点がありましたら、何なりと保育課窓口にてご相談いただけたらと思います」(長井さん)

 

申込受付は11月18日(月)から25日(月)まで

 

郵送及び市役所での4月入園申込み受付(1次募集)期間は、11月18日(月)から25日(月)までです。郵送申込みができるのは、相談期間内(10月7日〜11月15日 土・日・祝日を除く)に保育課(市役所2階)で申込みの相談をした方に限ります。

受付日程 受付時間 受付場所

 

11月18日(月)〜25日(月)

 

午前9時〜午後5時 市民ロビー
(市役所2階)
11月23日(土)・24日(日) 午前9時〜午後4時 市民ロビー
(市役所2階)

 

 

親子で「見学」して選びましょう

 

復職の期限が迫ってくると「どこでもいいから入りたい」という気持ちになってしまうもの。しかし、実際に預けることになれば子どもが長時間「生活」する場所でもある保育園です。調布市内には70園ほどの認可保育園があり、それぞれが特徴ある保育を実践しています。調布市でも、入園申込み前に、希望園の見学を推奨しています。

 

認可保育園以外の選択肢も

 

働き方によっては、一時預かりなどを活用する人もいます。たとえば認可保育園や認証保育所などの一時預かりや、定期利用保育などを利用して働いている人もいます。また子どもの年齢によっては幼稚園の延長保育など利用している人も。近年では、企業主導型保育所も市内に次々と開設されています。さらに3歳からは幼児教育の無償化に伴い、幼稚園の延長保育でも無償化が導入されるケースも。認可保育園入園が以前厳しい中、仕事を続けていくためには、認可保育園に入園して働くという選択肢にこだわらず、それぞれの働き方に合わせた「保活」ができるといいですね。

 

 

アフタースクールワイズ調布

編集部が取材! 民間学童の人気講座

子どもの探究心を育むプログラムが充実している民間学童「アフタースクールワイズ調布」。人気講座の1つ「図形・パズル」に編集部がお邪魔してきました。子どもたちが熱中する授業の様子を<コサイトreport>で紹介しています。

 

「アフタースクールワイズ調布」は放課後の預かり保育だけでなく、英語、暗算、プログラミングなどの専門プログラムを有料オプションとして提供。多数の教育事業を手掛けるZ会グループならではのラインナップで、学童に通いながら充実した学びの機会を得られるのが特長です。

 

年少〜年長のお子さんには、小学校入学年度4月からの利用を予約する「プレ会員」制度があります。ご興味がある方は「アフタースクールワイズ調布」にお問い合わせください。

アフタースクールワイズ調布 アフタースクールワイズ調布

コサイトマガジン, 大人の習い事

ママだって楽しみたい! 大人の習い事

コサイトマガジン2019年11月号配布中!

調布市子ども生活部の窓口や、子ども家庭センターすこやか児童館、 図書館などの市内の子育て関連施設や親子カフェaonaなどで配布しています)

 

今回は人気コラム「育てる」こどもごはんや、ママの習い事を特集。その内容をちょっとだけご紹介しますね♪コサイトマガジン2019年11月号

始めよう! 大人の習い事

●女性専用スタジオで楽しくキレイに

岩盤ホットヨガのほかバレエやダンスレッスンも「ルキナ仙川

 

●親子で英語絵本に親しもう

読み聞かせ方法や絵本の選び方が学べる「バイリンガル絵本クラブ

 

●ママも子どもも通えるフラダンス

体験レッスンあり。子連れで参加できるクラスも「Halau O Pilialoha(ハーラウ オ ピリアロハ)

 

●子連れで参加できる編み物教室

好きなものを自由に編めるニットカフェも開催「あおいろニット

 

●手軽なパン作りを単発レッスンで

元保健師の先生が指導。子連れOK!「小さなおうちパン教室CLOVER

 

 

いつかはと思っていても、つい後回しになりがちなママの習い事。思い切って始めたら、いい息抜きになるかも♪ 上手に自分の時間を持てたらいいですね。

 

気分転換にピッタリな「大人の習い事」は、こちらもチェック!

 

月1回の無料メルマガ「コサイトクラブ」

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ ご登録はこちらから!コサイトマガジン, コサイトクラブ, 調布, 子育て, 子連れ, イベント

10/7(月)配布開始 令和2年度調布市認可保育園入園案内

令和2年度の保育園入園のための「入園案内」(冊子)が10月7日(月)から配布されます。

配布場所は、

調布市子ども生活部保育課(市役所3階)

神代出張所

子ども家庭支援センターすこやか

市内各認可保育園

 

を予定しています。

 

コサイトでは、今年も子ども生活部保育課の担当者に、申込み時の心得、注意点などを取材する予定。10月中旬には記事を公開しますので、ぜひそちらも御覧くださいね!

 

 

夏休みも「預かり保育」マリアの園幼稚園

晃華学園マリアの園幼稚園では、2019年度は預かり保育の拡充を始め、長期休業中(夏休み中)も実施しました。

「夏休み中は全部で15日間、午前9時から午後3時まで預かり保育を行いました。担当の先生は2名ずつ。預かりの先生はもちろん、クラスの先生方も交代で子どもたちを見守りました」(園長・小田伴子先生)

今年も猛暑日が続き、外遊びはほとんどできなかったとのことですが、広々としたホールで思い思いに遊ぶことができました。冬休みは4日間、春休みも5日間の預かり保育を予定しているそう。

夏休みが終わったら平常保育です。晃華学園マリアの園幼稚園では、平常保育時には「めざめの園」として午前8時から8時40分までの預かりと、保育後は午後6時までの預かり保育を実施中。保育後2時間はだれでも遊び慣れた園庭で自由に遊ぶことができ、その後の時間は仕事、や介護などの理由で預かりを希望される方のために預かりを行っているとのこと。

 

 

「預かりでは縦割りのチームのように年長さんが年下の子たちを面倒見たりとほほえましい場面がたくさんあります」(小田先生)

 

すばらしい自然環境に恵まれた、晃華学園マリアの園幼稚園。9月からは入園説明会や公開保育も開催されます。今のうちにスケジュールをチェックして、ぜひお出かけください。

多摩ファミリーアカデミー

子どもにかかるお金のこと、考えてみませんか?

ファイナンシャルプランナー(FP)によるコンサルティングサービスを提供する「多摩ファミリーアカデミー」が、6歳以下の子を持つママに向けてマネーセミナーを開催しています。

 

習い事や受験にかけるお金をどう考えたらいいのか、子育てしながらスマートに働くためのライフプラン術など、自身も子育て中という代表の井上貴広さんが講師となり、最新の教育事情や地域のトレンドを含めて解説。教育費や住宅費、将来への備えなど「お金」の悩みや不安を抱いている方にピッタリの内容で、1回ずつの単発講座だから気軽に受講できます。

 

ただいまセミナー(子連れ参加OK)の申し込みを受付中! 気になる方は イベントページ で日程をご確認のうえ、お早めにお申し込みください。

育てて!作って!みんなで食べる!

国、地方公共団体、関係団体などは、毎年6月を「食育月間」(外部リンク)として、食育推進運動を実施しています。国領にある駿河台大学第一幼稚園でも、6月には野菜の収穫や調理、昼食指導や講演会と「食」についてたくさんの活動を行いました。

 

年長さんが行ったのは、自分たちで育てたジャガイモを使ったカレー作りと梅ジュース作り。年中さんの時に植えたジャガイモを収穫し、カレーを作りました。みんなでスーパーにカレーの材料を買いに行き、野菜を洗ったら、むいたり切ったり。作ったカレーをみんなで食べました。普段は苦手な野菜でも食べられちゃうから不思議です。「さらにたくさん遊んで、お腹がすいていることも大切な要因ですね(園長・田所 恒子先生)」

    ▲みんな真剣な表情です。

梅ジュースを作るきっかけは、園内にある梅の木にいくつかの梅の実を見つけたこと。園の梅と先生が用意してくれた梅を年長さんたちが洗ってへたをとり、乾かし、氷砂糖につけました。おいしい梅ジュースが出来上がるのが楽しみです。

    ▲梅と氷砂糖がどうなるのか興味津々です。

 

さらに、年中さんはイチゴジャムを作りました。年少さんの時から自分たちで育てた大切なイチゴを収穫し、冷凍庫に保存していたものを大きな鍋に入れて煮ました。イチゴがジャムになる様子が見えるようにと脚を折り低くした机の上にコンロを置き、イチゴをクツクツと煮込んでいきます。完成したイチゴジャムは他の学年にもおすそ分けして、みんなでおいしく食べました。

    ▲園長先生も一緒にジャム作り♪

 

 

年長さんは、夏休みに入ると2泊3日の箱根合宿保育に出発します。もちろん、みんなで同じご飯を食べる時間も。6月中の食育体験が合宿保育の食事にも繋がっているのですね!

 

毎日、たくさん遊んでしっかり食べる。子どもたちの元気の源を感じられた食育月間でした。

どうする? 子どもの教育費やママの働き方

これからかかる「お金」や今後の働き方について、漠然とした不安を抱えている方も多いのでは? 子育てママ向けにマネー講座を開いている多摩ファミリーアカデミー代表の井上貴広さんによると、産休・育休中に「お金」や「働き方」について勉強しておこうと考えるママが増えているそうです。

 

どんなことを学んでいるのか。セミナーの様子は?

 

編集部員によるインタビューとレポートをぜひご覧ください!教育費, 子育て, 働き方, 家計, マネー講座, セミナー

カウンセリング, 悩み相談, メンタル, 五月病, うつ,

悩みや心の疲れ、ため込んでいませんか

新年度のスタートから大型連休を経てひと段落。体だけでなく心の疲れも出てくる頃です。

俗にいう「五月病」をはじめ、ずっと抱えてきた小さな悩みやネガティブな感情が、この時期に増幅してしまうことも・・・。

 

「あることが気になって、ずっと悩み続けている」

「悲しいことがあって、なかなか前向きな気持ちになれない」

「こんなふうに考えてしまう自分はおかしいのかな…」

 

家族や友人には打ち明けにくい悩みがある方も、専門のカウンセラーに話を聞いてもらうことで自分の気持ちが整理され、一歩前へ踏み出すことができるかもしれません。

 

リスニングルームmochi」では、相談者の気持ちに寄り添う丁寧なカウンセリングを行っています。小さな悩みが深刻な悩みになる前に、いちど相談してみてはいかがでしょうか。

 

カウンセリングルームの様子が分かるコサイトレポートも、ぜひご覧ください。

カウンセリング, 悩み相談, メンタル, うつ, 五月病, 調布市