産前産後のマイナートラブルケア&お悩み相談も

産前産後の体や心は不安定。産前にはつわりや腰痛、産後には乳腺炎や腱鞘炎など日常生活に支障が出てしまうこともあります。また、日常生活に影響が出るほどではないけれど、なんとなく体が重い、疲れやすい、気持ちが落ち込みやすいなど、いろいろなお悩みを抱えがち。そんな時には、助産師の力を借りてみてはいかがでしょう。

調布市入間町にある「産前産後助産院moegi」では、助産師の森崎真澄さんがひとりひとりに寄り添い、母乳ケアや授乳相談、育児相談やマイナートラブルケア、デイケアなどを行っています。オンライン相談にも対応しているので、外出ができない場合でも利用OK。妊娠前の相談にも乗ってくれますよ。

 

また、さまざまなワークショップも随時開催しています。たとえば小豆袋のアイマスクを作ったり、悩みや不安を抱える人が多い帝王切開について語り合ったり、薬膳の講座や映画の上映会なども。

もちろん乳幼児連れでの参加もOK。周りを気にすることなく、ワークショップを楽しむこともできます。

     ▲ワークショップは心づくしのお茶とお菓子も。

 

妊娠前から産後にかけてのちょっとした困りごとから気になるマイナートラブルまで、産前産後助産院moegiに相談してみてはいかがでしょう。

「おいしい!」離乳食

離乳食って難しい…?せっかく作っても食べてくれなかったり、食べ物で遊んで終わってしまったり。思うように進まずイライラすることもありますね。

 

保育園では、乳児期から子どもを預かっているので、給食の時間にはそれぞれの発達段階に合った離乳食を提供しています。そこにはさまざまな知恵と経験の蓄積が!本コラムでは、調布市の認可保育園「パイオニアキッズつつじケ丘園」で提供されている離乳食をご紹介します。

 

パイオニアキッズの給食は「和食」です。幼児食は一汁三菜。魚をメインに季節の野菜を取り入れたメニューが提供されています。調理室では栄養士さんを始めとするスタッフのみなさんが調理の真っ最中でした。

 

この日の幼児食メニューは次のとおり。

  • カレイの昆布蒸し
  • 切り干し大根と豚肉の炒め煮
  • ピーマンとじゃがいもの炒めもの
  • ナス、舞茸、油揚げの合わせ味噌汁
  • フルーツ

 

かれいの昆布蒸しは昆布の旨味がたっぷり染み込んだ味わい深い一品。魚が中心ですが、副菜には肉もしっかり入っています。野菜もたっぷりで色どりもバランスにも配慮した献立です。蒸しに使った昆布は、おやつのおにぎりの具になるとのこと。フードロスに配慮してのことですが、実はこの「昆布おにぎり」が子どもたちには大人気!魚の旨味がうつった昆布のおにぎりは絶品…に違いありません。

 

 

食材の「つぶし方」が大事

 

「離乳食は幼児食で使う食材から取り分けて調理、提供しています。大きく分けると生後5〜6カ月ごろからの初期、7〜8カ月ごろの中期、9〜11カ月ごろの後期、そして12〜18カ月ごろの完了期の4段階で、調理法は違います」(管理栄養士・めぐみさん)

 

離乳食は口当たりが悪いと、赤ちゃんが食べてくれないことが多いのだそう。ご家庭でもお口にいれたら「べーっ」と出したりすることがありますね。「美味しくないのかな?」と悲しくなった人も多いのでは?でも、実はそういうことでもなさそうです。

 

「口に入れて『噛めないな』、『飲み込めないな』と子ども自身が判断すると、ベーっと出します。美味しくないというサインではないと思いますよ。この子には少し硬かいのかもしれない…と感じたら、もう少しつぶしてあげてみてください。保育園では、その子にとって食べやすい硬さ、口当たりだと、すんなり食べてくれることが多いです」(めぐみさん)

 

つまり、食べてくれるかどうかは「つぶし方」にもよるということですね!

 

調理の目安

 

具体的にはどの時期にどのようなつぶし方がよいのでしょう。調理の目安を教えていただきました。

 

【初期】 うらごしをして、繊維を取る。(ごはんは10倍がゆ)この日のレシピはこちら(別ページが開きます)。

 

【中期】 うらごしはしないが、しっかりつぶす。(ごはんは7倍がゆ) この日のレシピはこちら(別ページが開きます)

 

【後期】 野菜などは1センチ角程度に切って柔らかく煮る。(ごはんは5倍がゆ)この日のレシピはこちら(別ページが開きます)

 

【完了期】 幼児食に近いが、きのこやこんにゃくなど消化しづらいものは使わない。ごぼうなどは幼児食よりも柔らかく煮る。(ごはんは軟飯) この日のレシピはこちら(別ページが開きます)

 

あくまでも目安です。たとえば初期から中期にかけては、初期の離乳食に少し粒状の状態を残したものにすると移行がスムーズなのだそう。急に段階を上げるのではなく、「流れるように」が大事だと教えていただきました。

 

手づかみが育てる「食べたい気持ち」

 

さあ、いよいよ食事の時間です。パイオニアキッズの給食は、すべての園児さんが食堂に集い、楽しくいただきます。離乳食チームも手をしっかり洗って食卓につきました。

身体に合った椅子に座ると足がしっかり床につくので、背筋が自然にピンと伸びます。そして…先生がすぐ隣に座ってお世話をしているのですが、子どもたちは手づかみでどんどん食べ始めます!おかゆ、汁物…手触りを感じて、指先でつまんだり握ったり…そして口へ。その表情は真剣そのもの。

 

「手づかみ食べが大事」らしいと聞いてはいるものの、家庭だと「汚れるから…」と、つい親がスプーンで食べさせがち。しかし、離乳食中期ごろからは「手づかみ」食べをするメリットがたくさんあるといいます。

 

「(保育園では、保育士が)スプーンで食べさせるのは初期までで、中期ごろからは『自分でやりたい』気持ちを尊重しています。手づかみ食べは、食べ物を目で確かめ、手でつかんで口まで運び、口に入れるという目と口と手の協調運動です。手でつかみ、口に入れる動作は手首を手前にクルッと回す運動なのです。これができるようになると、スプーンやフォーク、お箸も上手に使えるようになっていきます」(のりこ先生)

 

食べ物をじーっと見て手を伸ばし、何か確かめるような動作があって、それからおもむろに口へと運び、口を動かす…。子どもたちはそれぞれのペースがありますから、口に入れるまでには時間がかかることもあります。大人の感覚だと「遊んでいるだけ」にも見えてしまうかもしれません。

 

 

この日も、うまく口に運べないとそのままぐちゃぐちゃするだけという場面もありました。すべては体験。トライ&エラーを繰り返しながらも自分の力で食べることで、美味しいと感じ、食べる楽しみを感じていくのかもしれません。

 

美味しく、楽しく食べる食卓

 

パイオニアキッズの食堂はいろいろな年齢の子どもたちが一緒に丸いテーブルを囲みます。お兄さん、お姉さんたちが食べている様子を見るのもまた、離乳食期の子どもたちには刺激的。

 

離乳食を楽しく食べるコツって何でしょう。

「大切にしているのは会話…かしら。『今日は人参だね〜』とか『嫌いだったかな〜、じゃあこっちにしようか』とか。もちろん一方的な声がけにはなりがちですが、とにかく顔を見て話しかけ、口の動きを見ています。あまり食べてくれないときも、無理矢理口に入れるということはしません。案外、間をおくと食べたりするんですよね(笑)」(のりこ先生)

 

 

「小松菜だよ」

「もぐもぐね」

「これはどうかな?」

 

楽しい雰囲気の中で食べるから美味しいし、「やりたい」気持ちが大切にされているから楽しいのです。

 

舌が敏感だから、薄味でも「美味しい」

 

パイオニアキッズの離乳食では、後期食に入ってから調味料を使い始めます。使うのは「味噌」と「醤油」のみ(いずれも小麦不使用)で、いずれも微量です。子どもは薄味がいいとは知っていても、果たして本当に美味しいのか、気になります。

 

「乳幼児期の子どもの舌は敏感です。パイオニアキッズでは味覚を育てるという意味でも薄味を徹底しています。舌が一番敏感な乳幼児期に、いろいろな食材や味を経験することで、味覚が育っていくと考えているからです」(めぐみさん)

 

味覚が敏感な時期にいろいろな味を体験することで、微妙な味わいや美味しさもわかるようになっていくのかもしれません。

 

「保育園の日々の中で、離乳食でいろいろな食材をしっかり食べていると、幼児期になってから、好き嫌いが少ない傾向があるように感じています」(めぐみさん)

 

 

保育園と同じようにとはいかないかもしれませんが、ぜひパイオニアキッズの離乳食レシピ(初期・中期 後期・完了期)も参考に、ご家庭で作ってみてくださいね。

 

 

パイオニアキッズでは、地域交流事業の一環で離乳食講座を実施しています。詳しくは調布市報をご確認ください。参加すると栄養士さんたちが作った、手作り冊子がもらえます!

保育園の給食は、家庭での献立作りの参考にもなりますね。次回は季節や行事なども意識した、食文化を感じられる保育園の献立や工夫についてご紹介します。こちらもどうぞお楽しみに。

【新着】2019年7月公開「まち情報」

一気に夏!暑い日が続きますがみなさまいかがお過ごしですか。

 

さて、今月もコサイトの「まち情報」に新しい情報が加わりました。どのページも、編集部スタッフ(それぞれ子育て真っ最中)が手分けして、1件ずつ丁寧に取材、記事を作成しています。

 

親子で美味しいものを食べたり、ときには自分だけの時間を楽しんだり。認可外保育園や児童発達支援施設の情報も!

 

山本牛乳店

こだわりのソフトクリームが気になる〜。

 

たまりばネイル

アートなデザインが人気です。たまには自分へのギフトに。

 

ぎんのいずみ子ども園

シュタイナー教育を基に保育を行っている認可外幼児教育施設。

 

空と大地と

素敵なインテリア&身体にいいお食事や飲み物を提供。

 

TRATTORIA TIMO

広々&明るい店内。子連れでも利用しやすいイタリアンレストラン。

 

TAKUMI調布店

運動療育などを中心とした、児童発達支援・放課後等デイサービス。

 

また、調布市内を子連れでおでかけする皆さんのために作った「赤ちゃんおでかけ安心まっぷ」に掲載された2件のファミリーレストランにもご注目を!

 

ビッグボーイ調布店

 

ジョナサン調布駅前店

気になるキャラ「ぱんだるま」誕生秘話@渋谷不動産エージェント

みなさんは不動産屋さんにどのようなイメージを持っていますか?

漠然と「気軽に相談なんて無理そう」とか「なんとなく近寄りがたい」といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

 

調布駅東口目の前のビル4階にある渋谷不動産エージェントでは、不動産屋さんのそんなイメージを払拭し、もっと身近に感じてもらいたいと考え、社長の渋谷利宏さんが、会社のオリジナルキャラクターの作成を発案。スタッフのみなさんが「調布ならではの愛されるキャラクターを作りたい」という思いをこめて3年前に生まれたのが、この「ぱんだるま」です!

コサイトでもすでにおなじみとなりつつある「ぱんだるま」は、市内にある深大寺のだるま市でも知られている「だるま」と、誰からも愛されている動物「パンダ」をモチーフに作られているのだそう。同社が運営するSNSではスタッフがぱんだるまを連れて、ランチやお出かけに行った様子なども紹介されています。ぱんだるまを連れて…?と思った方はSNSをチェック!調布のおいしいお店や子連れで行けるスポット情報なども盛りだくさんなので、フォローしてみては?

 

2019年8月24日(土)には、「マイホームを買うときに必要なお金」についての相談会をカフェaonaで開催します。渋谷不動産エージェントの女性スタッフが丁寧に相談に乗ってくれますよ。参加費は無料、子連れ参加大歓迎です。さらに、参加者全員には、あの「ぱんだるま」キーホルダーをプレゼント♪ぜひお気軽にご参加ください。詳しくはこちら(外部リンク)から。

渋谷不動産エージェントは女性スタッフの割合が多く、キッズスペースを完備していて子育て世代ウェルカムというあたたかい会社です。家探しの相談に集中できるようにと、担当ではないスタッフが子どもの遊び相手をしてくれることもありますので、ぜひご利用ください。

 

 

渋谷不動産エージェント

●会社ウェブサイト:https://www.sra-chofu.co.jp/

●Instagram:https://www.instagram.com/chofu_shibuya/?hl=ja

●Twitter:https://twitter.com/chofu_shibuya

コサイトマガジン, 調布, 子連れ, 夏休み

夏のおでかけ♪ 親子で遊ぶ、学ぶ、体験する!

コサイトマガジン2019年7・8月合併号配布中! 内容をちょっとだけお見せしますね♪

調布市子ども生活部の窓口や、子ども家庭センターすこやか児童館、 図書館などの市内の子育て関連施設や親子カフェaonaなどで配布しています)

コサイトマガジン, 子連れ, 調布, おでかけ, 夏休み

 

親子で遊ぶ、学ぶ、体験する!

 

●気軽に立ち寄れる親子の居場所

子連れ歓迎のコミュニティ喫茶。テニス教室やイベントも「ほんのもり

 

●解説員さんのいる週末が狙い目!

多摩川の生き物や植物について親子で学べる「多摩川自然情報館

 

●赤ちゃんと一緒に古民家でのんびり

ママもゆったり過ごせる子育て支援の家「ぷくぷく・ポレポレの家

 

●夏休みの子ども向け企画いろいろ♪

美術鑑賞のほか実篤公園の散策もおすすめ「武者小路実篤記念館

 

●思い出の一足を手作りで

靴作りワークショップ開催中「関口靴工房ワークショップスペース

 

おでかけ先を探すなら「イベント情報」や編集部員によるコラム「おでかけ日和」も参考にどうぞ♪

 

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ ご登録はこちらから!コサイトマガジン, コサイトクラブ, 調布, 子育て, 子連れ, イベント

ドキドキ美容院デビューも!気兼ねなく行ける美容院

子どもって動くから、おうちで髪を切るのにいつも一苦労…

でも子どもの髪は伸びるのがあっという間。そろそろまた切らなくちゃ!

美容院にまだ行ったことないけど、この子じっとできるかな…

 

ママやパパがおうちでカットを頑張っていて、こんな風に悩まれている方はいませんか?

美容室nat’sオーナーの濱中奈津子さんによると、

「毛先を少し揃えるだけでも『全然違う!ヘアスタイルが決まっている!』と驚くママは多いです。首のすわっていない赤ちゃんでも、イヤイヤ期まっさかりのお子さんでも、臨機応変に対応できますのでお気軽にご相談くださいね」

 

濱中さんも1女のママ。これまでたくさんの子どものカットをしてきた経験豊富で頼れる美容師さんなので、子どものカットも慣れたもの。子どものペースや様子を見ながら優しく声がけし、手早く終わらせてくれますよ。

 

美容院でのカットに不安がある方は、美容室nat’sにお願いしてみてはいかがでしょうか。美容院が初めてでも、他の美容院でカットが難しかったという子どもでも大歓迎。同じ時間帯に予約は一組だけなので、周りに気兼ねなくお願いできますよ。

そんな美容室nat’sの詳細情報はこちらからどうぞ。

 

【新着】2019年5・6月公開の「まち情報」

コサイト編集部が取材してご紹介している「まち情報」の新着情報です!

 

鬼太郎ひろば

京王線線路跡地、調布駅から西調布方向へ向かい、鶴川街道を越えてすぐ。鬼太郎の仲間たちに会いにいってね。オープニングセレモニーの様子はこちらもお読みください。

▲オープン当日は大変な賑わいでした。

 

nu.norm 世田谷通り沿い店

布おむつを気軽にレンタルできるヌノーム。届けてくれて回収もしてくれるので楽ちんです。インタビュー・レポート記事を掲載中。紙おむつとの併用プランも。

 

産後ドゥーラ 今利由季

産後の暮らしをサポート!編集部スタッフのレポート公開中。産後すぐの家事や育児をサポートしてもらうことで、ぐっと楽に。

梅雨の時期に嬉しい!フリーパスで遊び放題

もうすぐやってくる梅雨の季節。子どもの遊び場に困った時は、大人も一緒に楽しめる室内遊び場「屋内ゆうえんち Magical T-Pot」がおすすめです。

 

6月からは、平日フリーパスが新登場!雨の日や暑さが厳しい日でも、天気を気にせず気軽に遊びに行けますね♪

 

フリーパスは7,500円(税込)で、購入から1カ月間、平日は自由に入退ができます。たとえば、1カ月で6回以上利用する場合はフリーパスのほうがお得!平日はMagical T-Pot内で飲食もできるので、お昼ごはんやおやつを持ち込んで、1日ゆったりと過ごすこともできます。

 

巨大ブロックやボルダリングで身体を動かしたり、アイスクリーム屋さんなど充実したおままごとコーナー、モンテッソーリ知育コーナーでは手先を使って遊んだり。大人も子どもも楽しめるコンテンツが充実しているMagical T-Pot。ぜひお出かけください♪

わが家のイヤイヤ大魔王

子どもたちを連れての日々の公園遊びに、初夏の気持ちいい季節が嬉しい編集部のコガです。

 

さて、突然ですがわたしの目下の悩みを聞いてください。それは、ずばりイヤイヤ期大爆発中の息子のことです。第2子である息子は、巷で言うところの「魔の2歳児」。それはそれは激しいイヤイヤ期真っ只中で、毎日母と息子の壮絶なバトルが繰り広げられています。

 

自分の思い通りにいかないと、

 

「あれがしたかった!」

「これはイヤだ!」

 

きっかけは些細なことでも、一度スイッチが入ってしまうと最後、私の言葉はすべて火に油…。所構わず泣き叫んでひっくり返り全力で暴れる姿に、ママ友にも「うちもイヤイヤ期すごいと思っていたけど、ここまでではないわ~。大変だね」と同情されてしまうほどです。

 

付き合ってあげられることは付き合ってあげるけど、危ないことややってはいけないことは注意しないといけないし、そういうときにどう立ち回ればいいのか。いや、まずは子どものやりたかった気持ちを受け止めてあげて…。

 

模範解答は何となくわかっているんだけれど、自分の感情がコントロールできずについついこちらも感情的になってしまう、というのが日々の悩みです。

▲イヤイヤスイッチON

 

年子の姉はこれまた違ったタイプの子。弟は2歳をすぎてドカンと爆発した、わかりやすいイヤイヤ期を迎えたのに対し、姉は言ってみれば「生まれながらのイヤイヤ期」のような状態。新生児の頃から寝ない、泣き止まない赤ちゃんで、「なんだかわからないけれど世の中すべて気に食わない」と言いたげな、常にイヤイヤしている子だったのです。

 

ところが!

 

筋金入りのイヤイヤ娘が、幼稚園入園を境にうわさに聞いていた「天使の4歳児」の世界に、ようやく片足を踏み入れたのです!母はこの時を待っていた!!

 

「これ、お片付けしたらお風呂に入ろうね」といえば、第一声に「はーい」と肯定で返ってくる。

 

「幼稚園行く前にトイレ行こうね」といえば「ひとりで行けるよ」と笑顔。

 

わたしが娘にぶつかってしまい「ごめんね」と謝れば「だいじょうぶだよ、そんな謝るようなことじゃないよ!」と大人びた返答をしてくれるなんてことも!

 

眠かったり疲れてしまったりしたときは相変わらずぐずるし、弟にちょっといじわるをしてしまうこともたくさんあるけれど、垣間見える突然の成長ぶりに驚くばかりです。

▲「かんむり作ってくれてありがとう」など、最近「ありがとう」をたくさん言ってくれる娘。

 

つい先日、コサイト編集部の会議で「私の育て方が悪いのか、下の子のイヤイヤが激しすぎるんです」とこぼしたところ、先輩のKさん(男の子2児の母)から「育て方じゃなくて個人差だと思うよ!時が過ぎるのを待つしかないのよね」と心強い言葉。先輩ママの一言にはたと気づきました。

 

ついつい今が一番大変!といっぱいいっぱいになっていた私ですが、思えば2年ほど前はもっと大変でした。2人の子どもを予防接種に連れて行った帰り道、泣き止まない下の子と「抱っこして!」と泣き叫ぶ上の子を抱え、こっちが泣きそうだったなあ。

 

その日を思えば、さすがに上の子は話が通じることが増えました。まさに「時が過ぎるのを待つしかない」というK先輩の言葉どおりではありませんか。

 

「ママ、これなぁに?」

「それは君の手首のシワだよ」

「シワ・・・!シワやだあー!」ときょうも絶好調で元気にイヤイヤをしている息子。この時期もそのうち懐かしく思うときが来るのかと思うと、今しばらく付き合うか…と、少し寛大な自分になれそうです。