地域の助産師に教えてもらおう!抱っこ&おんぶ

ご存知ですか?調布駅から徒歩3分、カフェ「aona」で開催されている「抱っことおんぶの練習会」を。

NPO法人ちょこネットが、出産前後の早い時期に地域の専門家とつながってほしいという思いで「ゲゲゲの町の助産師会」に講師を依頼しているイベントです。

この講座の講師を務めているのは、コサイトでもおなじみ「産前産後助産院moegi」の助産師、森崎真澄さんです。

森崎さんは2019年度から講師を担当。講座では主に抱っこひもの使い方、兵児帯の抱っこ体験などを指導しています。

「お母さんになれば自然と抱っこできるものと思いがちですが、実際には抱っこの方法や赤ちゃんの身体について知る機会がほとんどないですよね。ここでは、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても楽で安心できる姿勢を実際に体験します。その他にも、ちょっとした子育ての気がかりなどの質問にもお答えしています」(森崎さん)

 

産前産後の早い時期から、地域の助産師さんなど専門家とつながることができたら、心強いですね。森崎さんが運営している「産前産後助産院moegi」では個別相談にも対応していますので、ぜひご利用ください。

抱っこやおんぶについて詳しく知りたい、子育てについて話をしたいという方はぜひカフェ「aona」の「抱っことおんぶの練習会」に参加してみてください!

地元のお米屋さんと酒屋さんでワークショップ!

発達に特性がある子どもたちだからこそ、意図的に多様な体験をさせてあげたい!児童発達支援施設すこっぷの「表現療育」はそんな思いから始まりました。

それはたとえば、地域の人たちとのデイキャンプだったり、アーティストによるワークショップだったり、自分たちで展覧会を開催したり…。そのたびに、地域で活躍しているいろいろな人たちに出会い、世界を広げている子どもたちです。

 

11月2日は昨年も実施して手応えがあった企画、地元商店の協力による体験ワークショップでした。何回かにわたり日本文化というテーマで活動してきた3歳から6歳までの子どもたち。この日は、日本文化を代表する「お米」と「酒」を販売している地元のお店へと向かいます。

▲すこっぷの羽柴さん(左)と、講師の田中さん、山岸さん(左から)。

講師は上布田商栄会の会長・田中和己さんと、地元商店会などのコンサルタント・山岸道隆さんのお二人。さっそく講師の引率で子どもたちは2チームにわかれて出発しました。

 

 

山田屋本店 お米館」に到着しました。山田屋さんは明治38年創業という歴史あるお店です。山田屋本店5代目当主の秋沢淳雄さんが出迎えてくれました。

子どもたちは「よろしくおねがいします」と揃ってご挨拶。「すこっぷ」の療育で大切にしていることは、たとえばこうしてきちんとご挨拶をすること。日々の暮らしの中で、多様な体験を積み重ねることで、少しずつ身につけてほしいと根気よく促しています。

 

さて、秋沢さんの案内でお店の奥にある事務室へ。テーブルには籾(もみ)、玄米、白米それぞれと、赤い小さな炊飯器も置かれていました。

 

いつも食べているご飯だけれど、実は籾に入っていて、皮をむくと玄米になって、周りの皮を精米して取ると白米に。お米についての説明を受けながら、もみの皮をむき始めて夢中になる子どもたち。ずいぶん器用にむいています。

「これ(米粒)食べたことあるよ!歯にくっついたけど、べろで取って食べた〜」

「(白い米粒を見て)シャケに合いそう!」

「(炊飯中の泡を見て)シャボン玉だ!」

子どもたちからは、秋沢さんも同行している保護者の皆さんも思わず笑顔になるコメントが続々です。

そうこうするうちにお米が炊きあがりました。

「このお米を炊いたら、こんなふうになるんだね」と秋沢さん。一人ひとりに取り分けてもらったら試食です。

 

食べる前から「おかわりしてもいいですか」と聞く子もいるほど、食欲全開。美味しく楽しい時間はあっという間に過ぎました。

 

写真を撮って酒瓶オブジェ作り

 

続いて酒屋さんへ向かいます。到着したのは「リカー&フーズやまぐち」さんです。このお店はお酒はもちろんですが、実に多種類の食品も扱っている「食のセレクトショップ」でもあります。「や山口ひろみさんは、以前もすこっぷで写真のワークショップを行ってくれた縁もあるのだそう。この日は店内で子どもたちをチェキで撮影し、出来上がった写真を瓶に入れてオブジェを作るというワークショップを用意して待っていました。

思い思いのポーズで撮影してもらうと「わ〜かっこよく撮れた!」と大喜び。その後写真を少し丸めて瓶に投入。ふたをして完成です。

 

商店街をめぐるワークショップを終えた子どもたちは、すこっぷへ戻ります。1時間半ほどのプログラムは、子どもたちの経験値を確かに上げるものであると同時に、地域の人たちの子どもたちや保護者への理解にもつながる、価値あるひとときとなりました。

 

児童発達支援施設すこっぷは、就学前の子どもたちの「土台」づくりを行っています。適切な配慮と指導を行うことで、できるだけスムーズな就学につながればという考えに基づき、年齢に応じた療育を実施。そんな子どもたちに、地域の多様な人たちとの交流を体験してもらうのもまた、すこっぷならではの特徴です。2020年度の利用者も募集を開始していますので、気になる方、利用してみたいという方は、まずは直接お問い合わせください。

調布の街が、青く染まる1週間

現在、世界の糖尿病人口は4億人を超え、2045年には6億人を超えるとされています。中でも日本が位置するアジア・太平洋地域の患者数の増加は深刻で、2014年では全世界の約1/3の糖尿病患者がこの地域に集中しています。

日本でも、糖尿病と糖尿病の可能性がある人の合計は約2000万人に上り、早急な対策が迫られています。私たち子育て世代にとっても、決して他人事ではありませんね。

 

このような状況を踏まえ、国際連合(国連)は、「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を2006年12月20日に国連総会議で採択するとともに、11月14日を「世界糖尿病デー」に指定し、世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動を推進することを呼びかけました。日本でも、各地で著明な建造物をブルーにライトアップして、街頭での啓発活動を実施しています。

 

そして調布市でも「ちょうふブルーサークル運動実行委員会」・調布市医師会などが協力し、2019年11月11日(月)から11月17日(日)までのいずれも日没後から(実施時間・期間は施設ごとに異なります)様々な施設のブルーライトアップを計画しています。(調布東山病院調布市医師会館、味の素スタジアム、角川大映スタジオ、深大寺、たづくり西館保健センター、青木病院、調布クレストンホテルほか)

 

美しく青く染まる建物を眺めながら…自分や家族の健康を考え、糖尿病の予防に向けた一歩を踏み出してみませんか。

 

調布, 子連れ, 美容院, キッズカット

ベビーカーでも抱っこでも! 子連れで行ける美容院

国領の美容院 Hair Healing Wish は赤ちゃん連れもキッズカットも大歓迎。マネージャーの小林直樹さんによると、カット中に貸し出し用のタブレットで動画を見たり、親子クロスで赤ちゃんを抱っこしたままカットしたりと、親子で楽しく過ごすお客さんが多いそう。

 

お子さんのカットだけでもママやパパの施術だけでもOK! 2階席へのベビーカーの持ち運びもお手伝いしてくれます。「おもちゃやお菓子、おむつ、ミルクなど必要なものは遠慮なく持ってきてくださいね。子守もお任せください!」と小林さん。

 

日頃から子連れのお客さんが多いから、子どもが泣いたりぐずったりしても大丈夫。子どもの対応に慣れたスタッフさんが臨機応変に対応してくれます。ママのヘアカラーやパーマも、気兼ねなくお任せできますよ♪ 初めての方にはお得な親子メニューも!

 

Hair Healing Wishの情報は、こちらをご覧ください。

調布, 子連れ, 美容院

国領, キッズカット, 調布

MY助産師を見つけませんか? マザリーズ助産院

出産前後に関わることが多い助産師さん。実はお産だけでなく、妊活相談、妊娠中の相談、母乳ケア、産後ケア、育児相談、赤ちゃん~思春期のお子様の性教育、大人への性教育、更年期と老年期の相談まで、女性の一生涯の健康に関わるスペシャリストです。

「10年来の馴染みの美容師さんがいるように、あなたの一生涯に伴走してくれるMY助産師を見つけませんか?」と話すのは、深大寺でマザリーズ助産院を運営している助産師の棚木めぐみさん。マザリーズ助産院ではお産や産前産後ケアはもちろんですが、それ以外にも実にさまざまな相談を受けているのだそう。

たとえば、

「パパやお姑さんとの仲が悪くてストレス」

「妊活に疲れ果ててしまった」

「わが子がかわいいと思えない」

「自分が女性であることを心から喜べない」

など、すぐには答えが出ないものばかり。

 

「女性の悩みは一人一人なんと複雑で、そして皆さん、よりよく生きようと懸命にもがいているのだなと、感動しながら傾聴して、共に泣いたり笑ったりしています。私に話すことで、少しでも心が軽くなってくださればいいなと思います」

もちろん産前産後のマイナートラブルのご相談も遠慮なくどうぞ、と棚木さん。

「母乳ケアは24時間対応しています。乳腺炎は待ったなしですから、痛くて困っているという方は090-3535-9227までお電話ください」

 

最近では「性の多様性」についての講演依頼も増えているのだそう。11月30日(日)には聖路加国際大学で「性の多様性とグローバリズム」という講演を予定。当事者ゲストも招いて行われます。医療従事者でなくても、性教育や子どもの教育に関わる方、一般の方、どなたでもでも参加できますので、ご興味のあるかたはぜひお出かけください。

 

産んでも産まなくても、老いも若きも!ぜひ助産師さんにご相談を。

 

深大寺

深大寺エリアを親子で散策♪

コサイトマガジン2019年12月号配布中!

(調布市子ども生活部の窓口や「子ども家庭センターすこやか」、児童館・図書館など市内の子育て関連施設や「カフェaona」などで配布しています)

 

今回は休日にじっくり読みたいコラムや、深大寺エリアの子連れに優しいお店を紹介。その内容をちょっとだけ紹介しますね♪

コサイトマガジン, 深大寺, 子連れ

子連れで行ける♪ 深大寺エリアの注目スポット

●暮らしを彩る道具とくつろぎのカフェ

生活道具のセレクトショップ。ランチや軽食を楽しめる「park

 

●ここだけの限定グッズやスイーツも

喫茶コーナーのほかグッズショップやギャラリーを併設「鬼太郎茶屋

 

●自分だけのオリジナル陶器が作れる

手形・足形や動物など子どもの陶芸体験も「深大寺陶芸教室

 

●野川沿いにたたずむ一軒家カフェ

週替わりランチや自家製ケーキが人気「cafe DOMITOLI

 

●愛らしいだるまグッズが勢ぞろい

子どもと体験できるワークショップも随時開催「だるチャンのおうち

 

 

実は住所に「深大寺」がつくエリアは、三鷹市に隣接する通りから佐須街道や柴崎のほうまで、かなり広範囲。今回ご紹介したお店は、深大寺のお寺から離れている所もあります。

子連れで食事をするなら 深大寺門前そば本舗八起、おまんじゅうなどのテイクアウトなら あめや もおすすめ。これから寒さが増すので、暖かくしてお出かけくださいね♪

 

深大寺エリアの情報は、こちらもチェック!

 

月1回の無料メルマガ「コサイトクラブ」

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ ご登録はこちらから!調布, 子育て, 子連れ, イベント

「調布リトルリーグ」のコーチ陣による野球体験

伝統ある野球チーム「調布リトルリーグ」をご存知ですか。リトルリーグとはアメリカ発祥の野球リーグ。年長から12歳までの子どもが参加できる硬式野球チームです。

 

その調布リトルリーグのコーチ陣がこの秋、調布市にある5園の認可保育園と狛江市内にある認定こども園「パイオニアキッズ」の子どもたちに、野球体験教室を開催しました。これは「子どもたちに多様な体験をしてもらうことで、より多くの『選択肢』を持ってもらいたい」というパイオニアキッズの思いから実現したもの。大町スポーツ施設内にあるグラウンドに、系列園の年長さんたちが集まりました。

体験メニューは野球の「面白さ」を誰もが体験できるようなものばかり。まずは楽しく身体を動かしてウォームアップしたら、早速「ティーバッティング」です。

リトルリーグは小学生までの子どもたちが対象ではありますが、れっきとした硬式野球。年長さんから小学2年生ごろまでの子どもたちは硬式よりは少し柔らかいボールを使い、バッティングティーという台にボールを載せて打ちます。パイオニアキッズの子どもたちもこのティーバッティングをそれぞれ体験しました。

 

台にボールを載せて、習ったとおりにバットを振ってみるものの、空振りしたり、台にあたってしまったり…はじめのうちはうまくいかない子たちも少なくありませんでしたが、コーチにフォームを指導してもらったり、アドバイスをしてもらうことで、少しずつ上達してくる子も。

コーチから「ナイスバッティング!」という声が上がる場面もあり、個人差はありますが、それぞれ少しずつコツをつかんでいきました。

続いて「投げる」体験も。同じ年長さんですでに調布リトルリーグで活動している男の子がゲスト参加し、みんなの前で模範演技。年長さんとは思えぬフォーム、ボールのスピードに、子どもたちは一様に驚いた様子でした。

「上手でしょう?でもね、最初からこんなにうまく投げられたわけじゃないんだよ。たくさん練習して上達したんだよ」とコーチ。それを聞いた子どもたちは「早く投げたい!」と意欲を見せていました。

 

ボールを投げたり打ったり、野球のエッセンスをたっぷり体験できたひととき。後半になると子どもたちから「野球やりたい!」「野球楽しい!もっとたくさんやりたい!」という声があちらこちらから上がっていました。

調布リトルリーグの山下孝次監督は「子どもたちにはぜひ、野球の楽しさを知ってもらいたいですね」と話します。

▲山下監督(左)と掛場事務局長(右)

 

「リトルリーグは日本一になれば世界大会へ行けます。頑張ったらその先に世界が広がっているのも魅力ではないでしょうか。僕は今年も遠征についていきましたが、本当にかけがえのない体験でした。お子さんに野球を…というときに、リトルリーグという選択肢があることも知っていただけたらと思います」

そう話すのは事務局長の掛場一直さん。

「野球は道具も場所も必要なので、気楽に体験することが難しくなりつつあります。だからこそ積極的にこのような会を設けたいと思っています」

 

伝統ある調布リトルリーグでは、入会者を随時募集中とのこと。通常の練習も「体験」できるので、気になる方はぜひお問い合わせください。

 

調布リトルリーグ

調布市、狛江市、三鷹市に在住子どもたちが所属。2019年夏には全日本リトルリーグ野球選手権大会の決勝戦で見事優勝し、3年ぶりに日本一に返り咲き、本拠地アメリカで開催された「ワールドシリーズ」に参戦!惜しくもインターナショナルチャンピオンシップ決勝で敗退しましたが、あのダルビッシュ選手も応援に駆けつけ話題になりました。

 

 

シニア世代の「充実した住まい」も提供

たとえば私たちの「親世代」の住まいについて、考えたことはありますか?終の住処は、安心して楽しみながら暮らしてもらえたら…と誰もが願うことでしょう。

 

調布市深大寺にある「アメリア深大寺南(外部リンク)」は、渋谷不動産エージェントが提供している、サービス付き高齢者向け住宅です。

平成25年に開設して以来、サービスの充実はもちろんのこと、「ブルーベリー狩り」などの外出イベントや「サロン・ド・アルメリア」(住宅内イベント)など、居住者向けに多様なイベントを実施。居住者同士が交流する場も多数設けていて、いずれも大人気なのだそう。

渋谷不動産エージェントは、賃貸や売買物件を紹介するだけでなく、高齢者向け住宅にも力を入れている地域に根ざした不動産屋さん。調布駅東口降りてすぐのところにある店舗内には、キッズスペースを設け、子連れでもゆったり相談できる雰囲気を整えています。

何より、スタッフの多くが地域で生活している女性というところも、地域情報が得られるという点で大きな魅力。ニーズに寄り添い、丁寧に対応してくれます。

今年11月にはサービス付き高齢者向け住宅「アルメリア成城北」(調布市入間町・重量鉄骨3階建て・全20戸・24時間有人管理で安否確認、生活相談、緊急対応あり)がオープン予定。すでに多数の問い合わせ、申込みがあるという人気物件です。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

 

 

笑いあり涙あり。祝・10周年!の子育てセミナー

西部公民館で10年前から毎年開催されている、「子育てセミナー」。
第67回優良公民館表彰で、文部科学省から特色ある事業として選ばれた講座です。

 

今までの受講者からは「とにかく行ってみて!」と、強力におすすめされたこの講座。どのような様子なのか、編集部員がお邪魔してきました。

 

 

講座の間、1歳半から就学前の子どもは保育室で預かってもらえます。もちろん、赤ちゃんと一緒の受講も可能。

赤ちゃんがぐずっても「可愛いね」と見守り合う、和やかな雰囲気で講座は進みます。

 

この日のテーマは「子どもの権利条約」。講師は子どもの権利条約市民・NGOの会の梶原政子さんです。

 

「子ども時代は人としての権利を持ちつつ、周りから保護される立場という特別な時期。子ども時代に自分の持つ権利を知ったり、守られたりする経験がなければ、大人になってからその権利を正しく守り主張することができません」(梶原さん)

 

元教員である梶原さんのお話はとてもわかりやすく、受講者が交互に文章を音読するような場面もあり、まるでひととき小学校の教室にタイムスリップしたような気分。

 

最初は「子どもの権利条約って?」という様子だった受講者のみなさん。

講座が終わる頃には、「小さくても、その子なりの理由や考えがあるよね」「わがままを通すことは権利ではないな」「私が子どものときに知っていたらよかった」など、今後子どもと向き合うときのヒントになるような、たくさんの感想が生まれました。

▲参加者同士が思いや意見を交わし合う「話し合い」の回も

 

2019年度は5月から10月にかけて、子どもにまつわることだけでなく、戦争についての話、働くことについてなど、実に多岐に渡る内容で行われたセミナー。専門的な話が聞けるだけでなく、講師のみなさんの「母」としての、ここでしか聞けないような経験談が聞けることもあり、全15回という長さながらも「どの回も聞き逃したくない!」という魅力があるそう。

 

「育児に関する学びだけでなく、今後の人生に生かせるような学びの機会を作りたいと思い、セミナーを始めました。また、この場を通して地域の仲間と出会い、関係が繋がっていくことも願っています」(西部公民館・川上美砂さん)。

 

子育てセミナーは来年度も開講予定。興味をお持ちの方は、ぜひ市報や公民館だよりをチェックしてみてくださいね。

台風で延期になった運動会を「中高アリーナ」で開催!

台風19号は大きな被害をもたらしました。また、市内では予定されていた運動会が中止や延期になるなど、子どもたちの行事にも影響を与えています。

 

晃華学園マリアの園幼稚園でも台風のため日程が延期され、10月14日に開催することになりました。ところが…運動場で行うことを予定していたものの、朝からの雨がだんだんと強くなってきたので、急遽、学園敷地内にある中学、高校の施設「中高アリーナ」を使うことに。

 

「アリーナの床にはいろいろなラインがひかれています。運動会用に準備された運動場とは勝手が違いますので、演技や競技が練習通りにできるのかと、心配していました」(園長・小田伴子先生)

ところがそんな心配をよそに、子どもたちは何度も練習してきた場所のように満面の笑顔で入場行進、その後のプログラムも順調に行われました。

先生たちが嬉しかったのは、場所が変わってもいつもどおりにできたこと。たとえば年中組競技「ねらいはひとつ ナイスシュート」(玉入れ)では、円のラインがなくてもしっかりと円をつくり競技することができました。また、年長組のリレー競技「つなげ!心のバトン 2019」では玉入れの玉で走るラインを作り、しっかり走り切ることができました。リレーで走る順番は自分たちで決めるなど、考え協力し合うこともまた体験した子どもたちです。

 

マリアの園幼稚園の運動会で、伝統的に受け継がれている目玉競技といえば、年長組によるパラバルーン。こちらも今年は先生の合図は無し。子どもたちが声をかけあってすばらしい演技を披露することができました。

 

運動場で開催ができなかったこともあり、広いアリーナとはいえ限られたスペース。1階に入りきれなかった保護者のみなさんは2階席から応援という場面もありました。「学園全体が応援してくれた運動会でした。外で行う運動会とは一味違う、応援する保護者と演技する子どもたちの一体感があふれるアットホームな運動会になりました」(小田先生)

 

 

晃華学園マリアの園幼稚園では、10 月15日から入園願書を配布中です。自然環境はもとより、学園ならではの設備や環境も魅力です。今年度からは預かり保育も充実し「働く家庭も応援したい」という園長先生。詳しくはまち情報「晃華学園マリアの園幼稚園」のページもぜひご覧ください。