調布の街が、青く染まる1週間

現在、世界の糖尿病人口は4億人を超え、2045年には6億人を超えるとされています。中でも日本が位置するアジア・太平洋地域の患者数の増加は深刻で、2014年では全世界の約1/3の糖尿病患者がこの地域に集中しています。

日本でも、糖尿病と糖尿病の可能性がある人の合計は約2000万人に上り、早急な対策が迫られています。私たち子育て世代にとっても、決して他人事ではありませんね。

 

このような状況を踏まえ、国際連合(国連)は、「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を2006年12月20日に国連総会議で採択するとともに、11月14日を「世界糖尿病デー」に指定し、世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動を推進することを呼びかけました。日本でも、各地で著明な建造物をブルーにライトアップして、街頭での啓発活動を実施しています。

 

そして調布市でも「ちょうふブルーサークル運動実行委員会」・調布市医師会などが協力し、2019年11月11日(月)から11月17日(日)までのいずれも日没後から(実施時間・期間は施設ごとに異なります)様々な施設のブルーライトアップを計画しています。(調布東山病院調布市医師会館、味の素スタジアム、角川大映スタジオ、深大寺、たづくり西館保健センター、青木病院、調布クレストンホテルほか)

 

美しく青く染まる建物を眺めながら…自分や家族の健康を考え、糖尿病の予防に向けた一歩を踏み出してみませんか。

 

深大寺

深大寺エリアを親子で散策♪

コサイトマガジン2019年12月号配布中!

(調布市子ども生活部の窓口や「子ども家庭センターすこやか」、児童館・図書館など市内の子育て関連施設や「カフェaona」などで配布しています)

 

今回は休日にじっくり読みたいコラムや、深大寺エリアの子連れに優しいお店を紹介。その内容をちょっとだけ紹介しますね♪

コサイトマガジン, 深大寺, 子連れ

子連れで行ける♪ 深大寺エリアの注目スポット

●暮らしを彩る道具とくつろぎのカフェ

生活道具のセレクトショップ。ランチや軽食を楽しめる「park

 

●ここだけの限定グッズやスイーツも

喫茶コーナーのほかグッズショップやギャラリーを併設「鬼太郎茶屋

 

●自分だけのオリジナル陶器が作れる

手形・足形や動物など子どもの陶芸体験も「深大寺陶芸教室

 

●野川沿いにたたずむ一軒家カフェ

週替わりランチや自家製ケーキが人気「cafe DOMITOLI

 

●愛らしいだるまグッズが勢ぞろい

子どもと体験できるワークショップも随時開催「だるチャンのおうち

 

 

実は住所に「深大寺」がつくエリアは、三鷹市に隣接する通りから佐須街道や柴崎のほうまで、かなり広範囲。今回ご紹介したお店は、深大寺のお寺から離れている所もあります。

子連れで食事をするなら 深大寺門前そば本舗八起、おまんじゅうなどのテイクアウトなら あめや もおすすめ。これから寒さが増すので、暖かくしてお出かけくださいね♪

 

深大寺エリアの情報は、こちらもチェック!

 

月1回の無料メルマガ「コサイトクラブ」

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ ご登録はこちらから!調布, 子育て, 子連れ, イベント

更新続々! 新着まち情報

コサイトは毎月、たくさんの「まち情報」が新規に掲載されています。今回は9月に新しく登場したお店をご紹介。編集部スタッフが今月も足で稼いだ美味しいものや気になる雑貨店の情報はこちらからっ!

 

千代富 清風堂(ちよふ せいふうどう)

昭和2年創業の和菓子屋さん。定番カフェ大福が人気♪

だるチャンのおうち

海外からのお客さまをお連れしてもよさそう♪「だるチャン」に会えるかな?

 

深緑(MIEN)

畳の「へり」を使って制作されたバッグなどを販売しています。

 

深大寺まいり あめや

深大寺の門前に立つ土産店。そばパンなど美味しいものがいっぱい♪

 

深大寺門前そば本舗

昭和29年創業、地域の人たちに親しまれているお蕎麦屋さんです。

 

AOSAN

仙川にある行列ができるパン屋さん。角食が大人気!

 

アトリエうかい トリエ京王調布

一つ一つ丁寧に作ったお菓子が美味。イートインもあります。

 

野地精肉店

西調布の精肉店。メンチカツなどのお惣菜が人気です。

夏休みも「預かり保育」マリアの園幼稚園

晃華学園マリアの園幼稚園では、2019年度は預かり保育の拡充を始め、長期休業中(夏休み中)も実施しました。

「夏休み中は全部で15日間、午前9時から午後3時まで預かり保育を行いました。担当の先生は2名ずつ。預かりの先生はもちろん、クラスの先生方も交代で子どもたちを見守りました」(園長・小田伴子先生)

今年も猛暑日が続き、外遊びはほとんどできなかったとのことですが、広々としたホールで思い思いに遊ぶことができました。冬休みは4日間、春休みも5日間の預かり保育を予定しているそう。

夏休みが終わったら平常保育です。晃華学園マリアの園幼稚園では、平常保育時には「めざめの園」として午前8時から8時40分までの預かりと、保育後は午後6時までの預かり保育を実施中。保育後2時間はだれでも遊び慣れた園庭で自由に遊ぶことができ、その後の時間は仕事、や介護などの理由で預かりを希望される方のために預かりを行っているとのこと。

 

 

「預かりでは縦割りのチームのように年長さんが年下の子たちを面倒見たりとほほえましい場面がたくさんあります」(小田先生)

 

すばらしい自然環境に恵まれた、晃華学園マリアの園幼稚園。9月からは入園説明会や公開保育も開催されます。今のうちにスケジュールをチェックして、ぜひお出かけください。

【新着】2019年8月公開「まち情報」

今年の夏も暑かったですね。

そんな暑い中、コサイト編集部スタッフは夏休みをエンジョイしながらも、取材に奔走。8月はたくさんの情報がまち情報に加わりました〜♪

 

パンdeアノー

品川通り沿いにあるパン屋さん。多い日は1日2000個もパンが売れるのですって!

 

Park

神代植物公園近くにあるカフェ。手ごねのドーナツが美味しそう!

 

cafe DOMITOLI

野川沿いにあるカフェ。ランチやデザートをのんびり楽しめそう。

 

和菓子処 今木屋

つつじケ丘駅近くにある老舗。定番のどらやきなど伝統和菓子がずらり。

 

ドリム

カードゲームなどが楽しめるカフェ。小学生から大人まで幅広い利用があります。

 

くしのはな

カジュアルな創作フレンチが楽しめるお店。

 

ギンズ(GINZ)

ライブハウス。サックスやボーカル教室は幅広い年代の人たちが参加しています。

 

篠宮果樹園

ブルーベリー狩りが人気です。来シーズンは早めにチェックしてね。

 

コサイトでは新着情報などをまとめて、毎月1回メールマガジンを発行中です。登録してね〜♪

調布でマイホーム購入した方の声をご紹介!

 

憧れのマイホーム購入。どこのエリアにするのか、不動産屋さんの選び方など、悩みや分からないことがつきものですね。

 

渋谷不動産エージェントは、調布駅すぐにある、子育て世代大歓迎の不動産屋さん。マイホームの購入や売却を検討中のみなさまに、実際に渋谷不動産エージェントで調布の物件を購入、買い替え、売却をした方の声をご紹介します。

 

-購入の決め手は?
「調布の物件のお値段が手頃で、担当者の方が値引き交渉もしてくれました。また、調布は勤務地に通いやすく、空港リムジンバスがあり便利だし、神社仏閣があり魅力的だと思いました」

 

ー物件選びを始めてから契約までの期間は?
「3ヶ月くらいです」

 

ー渋谷不動産エージェントに依頼した理由と、依頼して良かったことは?
「担当者の対応が良かったのでお願いしました。地域の情報が豊富で、色々教えてくれたところも良かったです。またサービスが行き届いていたので、その後の買い替えと売却もお願いしました」

 

渋谷不動産エージェントのスタッフは大半が調布または近隣エリアに在住しているので、生活に密着した地域情報に詳しいのも特徴です。実際に住み始める前に、地域や子育ての情報などが聞けると、実際に住んだ後のイメージが湧きやすいですね。

 

渋谷不動産エージェントはキッズスペースがあり、手の空いたスタッフがお子さんの相手をしてくれることも。子連れでも、じっくり相談できるのは嬉しいですね。不動産は高価なお買い物ですから、しっかりコミュニケーションを取って、よりよい物件を探したいものです。

 

先日カフェaonaにてマイホームについての相談会が開催されました。次回参加ご希望の方は、こちらのアンケートに答えると、優先的に案内してもらえるそうなので、是非ご回答くださいね!

 

▲aonaでの相談会の様子

 

【web】https://www.sra-chofu.co.jp/

【Instagram】https://www.instagram.com/chofu_shibuya/?hl=ja

【Twitter】https://twitter.com/chofu_shibuya

 

楽しいイベントや企画も行なっている渋谷不動産エージェント。現在フォトコンテストも開催中です!詳しくはこちら

児童館まつり, 調布市

児童館まつりへ行こう!

今年も9月から11月にかけて「児童館まつり」が開催されます!

調布市内11カ所の児童館がそれぞれテーマを決め、ゲームや模擬店、工作、幼児コーナーなど楽しい企画を用意。地域にお住まいの方ならどなたでも参加できます。

児童館まつり, 調布市, 児童館祭り

ふだんは0歳から18歳までの子どもや親子が利用している児童館。まだ利用したことがない方は、この機会に出かけてみませんか? 「子育てひろば」を利用している方も、いつもとは一味違う児童館を親子で一緒に楽しみましょう!

調布市, 児童館祭り, 児童館まつり, 児童館祭

チケットのご用意をお忘れなく!

児童館まつりの各コーナーに参加するには、チケットが必要です。数に限りがあるため、前もってお早めに各児童館でお求めください。(前売りチケットが余った場合のみ当日券あり)

日程やチケット情報など詳細については、各児童館 にお問い合わせいただくか、コサイトのイベントページ および 調布市のホームページ をご覧ください。

 

児童館一覧(コサイト)
令和元年度 児童館まつり (調布市ホームページ)
児童館のおたより(調布市ホームページ)

調布市, 児童館祭り, 児童館まつり, 児童館祭

「子育てひろば」

各児童館では、調布市内にお住まいの子育て中や妊娠中の方を対象に、乳幼児向けの施設の開放や、助産師や専門の相談員による悩み相談などを行う「子育てひろば」を実施しています。

 

「児童館まつり」のチケットを手に入れるついでに「子育てひろば」に参加してみませんか? 楽しい遊びのイベントや役立つ講座も開かれ、月齢の近いお友達とのふれあいや地域のママとのつながりもできますよ♪ 各児童館の「子育てひろばのおたより」でスケジュールをチェックして、ぜひおでかけください。

 

子どもの居場所:子育てひろば(コサイト)
子育てひろばのおたより(調布市ホームページ)
児童館「子育てひろば」(調布市ホームページ)

DSC_4072

赤ちゃんおでかけ安心まっぷ」に各児童館の授乳・おむつ替え設備の情報を掲載中! ぜひチェックしてくださいね♪

調布で楽しむ♪ブルーベリー狩り

調布市内には毎年7月から8月にかけてブルーベリーの摘み取りを体験できる観光農園がいくつかあります。そのうちの1つ、深大寺近くの「篠宮果樹園」さんに、コサイト編集部員が4歳の娘と2歳の息子を連れて、実際に体験してきました。


 
▲深大寺近く、住宅街の中にある「篠宮果樹園」さん。

 

篠宮果樹園さんは、開催シーズン中の毎週土曜日に開園しています。予約不要なので、子どもの当日の体調や天候と相談して決行できるのが、乳幼児のいる家庭には嬉しいところ。

 

受付をして入園料を払ったら、早速農園の中へ。

 ▲およそ300坪の畑に、12品種210本のブルーベリーが無農薬で栽培されています。

 

農園では自由にブルーベリーを摘み取り、重さに応じて買い取ります。農園の篠宮功さんによれば「美味しいブルーベリーを見分けるポイントは、青黒くなっている実を選ぶこと。触ると簡単にぽろっと取れることが完熟の目安です」とのこと。

▲赤い部分がある実は未完熟!

 

子どもたちもはじめはどれを選べばいいのか慎重に観察していましたが、何度か教えるうちに完熟の実を見分けられるように。

パリッとした食感が特徴の「クライマックス」や芳醇な香りの「フェスティバル」など、品種によって味わいの異なるブルーベリー。食べ放題ではありませんが、好みの品種を見つけるための試食はOKとのこと。

▲摘み取りの合間には、緑のカーテンの下の休憩所で水分補給も忘れずに。

 

小一時間摘み取りを楽しむことができました。娘は「なんだかブルーベリー狩りの達人になってきた!」と自信満々の様子。

▲大きな果物と比べてたくさん摘むことができるのも、子どもには嬉しかったようです。

▲摘み取ったブルーベリーは、グラムに応じて買い取り価格が決まります。

 

「摘みたて完熟のブルーベリーの美味しさをぜひ味わってください。生食はもちろん、実は凍らせてシャーベットのようにして食べるのも美味しいんですよ」(農園代表・篠宮功さん)。

 

篠宮果樹園では、2019年は8月下旬頃までブルーベリー狩りを楽しめる見込みということです。閉園が早まる可能性もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

 

調布市内には、ブルーベリーのほかにもいろいろな果物狩りが楽しめる農園があります。夏休み後半にはぶどう狩りのシーズンに突入!ぶどう狩りは、はさみを使用しますので、小さなお子さんと体験する際は、大人の方が補助するなど気を付けてご参加ください。

 

調布市内のブルーベリー観光農園

篠宮果樹園(深大寺南町5-13-1 042-482-5781

中村農園(飛田給2-43-1 042-498-6212)※2019年は既に終了

調布柴崎ブルーベリー農園(柴崎1-54-8 042-499-2151転送電話になります)※2019年は8月中旬頃開園予定。詳細はお問合せください。

 

8月中旬頃からはブドウ狩りシーズン!

調布市内のブドウ狩りが楽しめる観光農園

馬部ぶどう園(深大寺東町7-5-1 042-487-8825)※2019年は820日頃から開園予定

山内ぶどう園(若葉町3-28-7 03-3300-5741)※2019年は825日のみ開園

 

夏休みは、地元の「果物狩り」へぜひおでかけください。

【新着】2019年7月公開「まち情報」

一気に夏!暑い日が続きますがみなさまいかがお過ごしですか。

 

さて、今月もコサイトの「まち情報」に新しい情報が加わりました。どのページも、編集部スタッフ(それぞれ子育て真っ最中)が手分けして、1件ずつ丁寧に取材、記事を作成しています。

 

親子で美味しいものを食べたり、ときには自分だけの時間を楽しんだり。認可外保育園や児童発達支援施設の情報も!

 

山本牛乳店

こだわりのソフトクリームが気になる〜。

 

たまりばネイル

アートなデザインが人気です。たまには自分へのギフトに。

 

ぎんのいずみ子ども園

シュタイナー教育を基に保育を行っている認可外幼児教育施設。

 

空と大地と

素敵なインテリア&身体にいいお食事や飲み物を提供。

 

TRATTORIA TIMO

広々&明るい店内。子連れでも利用しやすいイタリアンレストラン。

 

TAKUMI調布店

運動療育などを中心とした、児童発達支援・放課後等デイサービス。

 

また、調布市内を子連れでおでかけする皆さんのために作った「赤ちゃんおでかけ安心まっぷ」に掲載された2件のファミリーレストランにもご注目を!

 

ビッグボーイ調布店

 

ジョナサン調布駅前店

気になるキャラ「ぱんだるま」誕生秘話@渋谷不動産エージェント

みなさんは不動産屋さんにどのようなイメージを持っていますか?

漠然と「気軽に相談なんて無理そう」とか「なんとなく近寄りがたい」といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

 

調布駅東口目の前のビル4階にある渋谷不動産エージェントでは、不動産屋さんのそんなイメージを払拭し、もっと身近に感じてもらいたいと考え、社長の渋谷利宏さんが、会社のオリジナルキャラクターの作成を発案。スタッフのみなさんが「調布ならではの愛されるキャラクターを作りたい」という思いをこめて3年前に生まれたのが、この「ぱんだるま」です!

コサイトでもすでにおなじみとなりつつある「ぱんだるま」は、市内にある深大寺のだるま市でも知られている「だるま」と、誰からも愛されている動物「パンダ」をモチーフに作られているのだそう。同社が運営するSNSではスタッフがぱんだるまを連れて、ランチやお出かけに行った様子なども紹介されています。ぱんだるまを連れて…?と思った方はSNSをチェック!調布のおいしいお店や子連れで行けるスポット情報なども盛りだくさんなので、フォローしてみては?

 

2019年8月24日(土)には、「マイホームを買うときに必要なお金」についての相談会をカフェaonaで開催します。渋谷不動産エージェントの女性スタッフが丁寧に相談に乗ってくれますよ。参加費は無料、子連れ参加大歓迎です。さらに、参加者全員には、あの「ぱんだるま」キーホルダーをプレゼント♪ぜひお気軽にご参加ください。詳しくはこちら(外部リンク)から。

渋谷不動産エージェントは女性スタッフの割合が多く、キッズスペースを完備していて子育て世代ウェルカムというあたたかい会社です。家探しの相談に集中できるようにと、担当ではないスタッフが子どもの遊び相手をしてくれることもありますので、ぜひご利用ください。

 

 

渋谷不動産エージェント

●会社ウェブサイト:https://www.sra-chofu.co.jp/

●Instagram:https://www.instagram.com/chofu_shibuya/?hl=ja

●Twitter:https://twitter.com/chofu_shibuya