どうしたら伝わる?タイプ別子どもへの向き合い方

あの手この手で子どもに気持ちを伝えようとするけれど、なんだか上手くいかない。空回って、つい言葉がきつくなってしまう…そんなことありませんか。

 

「子どもの特性を知ることで、その子に合った対応ができる」と語るのは、臨床心理士の竹厚誠さん。

竹厚さんが行っているアドバイスの一例をお聞きしました。

動きが多く落ち着きがない、不注意がある

どのように対応するかを考える前に、まずその子の背景に何があるのか明らかにする必要があります。例えば、身体の揺れを捉えにくい、力加減の感覚が鈍い、見たものに反応しやすい、目の前のことに集中すると周りが見えなくなってしまうなど…まずは色々な検査を組み合わせて、原因を探ります。

 

繊細な子ども

私たちが思う以上に傷つきやすく、繊細な子どもは多いです。かかわりは、基本的にポジティブに。声かけは「〇〇しないと△△するぞ!」という“罰”ではなく、「〇〇したら□□できるよ」という“賞”の方向です。前者は即効性があるのでつい使いがちですが、繊細な子どもはネガティブな体験を記憶し、それにとらわれてしまうこともあるため、長い目で見ると後者の方がよいです。

 

慣れない場所が苦手

“いつも通り”が好きで、自分のペースを崩さない子どもは、新しい場所が苦手だったりします。そのような子には、「泳げない人をプールに放り込んで強引に泳ぎ方を覚えさせる」というようなやり方は禁物。「その人が安心できるエリアを徐々に広げていく」という方向を心がけましょう。

「伝えたいことが子どもにうまく伝わらない。よくありますよね。悩ましいです。それに、子どもは親に甘えがありますし、親側にも『自分の子どもだし…』という子どもへの甘えがどこかにあって、つい怒りすぎてしまったりします。これは自然なことだと思いますが、親子ゆえに関係がこじれてしまうことはありますよね。そういうときは、思い切って第三者を介入させる方がよいです。大丈夫です、私も思春期の息子を叱りすぎてしまうことがよくありますし、結構挨拶を無視されます(笑)」(竹厚さん)

 

竹厚さんによる訪問型の発達の総合サポートサービス「こどもとおとなの訪問発達サポート Apila」では、「発達障害」に限らず、少しでも気になることがあればどなたでも相談可能。

詳しくはまち情報ページをご覧ください。

レンタルで気軽に布おむつ♪「nu.norm」を取材

布おむつに興味はあるけれど、なかなか一歩踏み出せない…というママに嬉しいサービス!赤ちゃん用布おむつレンタルの専門店「nu.norm」さんをコサイト編集部が取材してきました。

手軽に始められる秘密は「使用済みの布おむつを、洗わずにそのまま返却できる」こと。これなら…やってみたいかも!と思えるお話をたくさん伺うことができました。

詳しくは取材記事「コサイトインタビュー&レポート」をご覧ください。

カウンセリング, 悩み相談, メンタル, 五月病, うつ,

悩みや心の疲れ、ため込んでいませんか

新年度のスタートから大型連休を経てひと段落。体だけでなく心の疲れも出てくる頃です。

俗にいう「五月病」をはじめ、ずっと抱えてきた小さな悩みやネガティブな感情が、この時期に増幅してしまうことも・・・。

 

「あることが気になって、ずっと悩み続けている」

「悲しいことがあって、なかなか前向きな気持ちになれない」

「こんなふうに考えてしまう自分はおかしいのかな…」

 

家族や友人には打ち明けにくい悩みがある方も、専門のカウンセラーに話を聞いてもらうことで自分の気持ちが整理され、一歩前へ踏み出すことができるかもしれません。

 

リスニングルームmochi」では、相談者の気持ちに寄り添う丁寧なカウンセリングを行っています。小さな悩みが深刻な悩みになる前に、いちど相談してみてはいかがでしょうか。

 

カウンセリングルームの様子が分かるコサイトレポートも、ぜひご覧ください。

カウンセリング, 悩み相談, メンタル, うつ, 五月病, 調布市

トイレトレーニングをスタート!

暖かい季節が大好きなので、心も体もフワフワ気分な編集部員の果凛です。

そんなウキウキとした気分を、一瞬で現実へと引き戻すママが避けては通れない一大イベントをこの春から決行しました。

 

 

そう、それはトイレトレーニング。

 

わが家の息子は2歳。1歳を過ぎた頃からちらほら周囲では「トイトレどうする?」なんてママ友の間でも話題になることはあり、3歳からでもいいかな?なんてのんきに構えていたのですが、この春から幼稚園のプレがスタートするのに合わせて、そろそろ取り組むか~と重い腰を上げて決めました。

 

「決めました」と言ってもその決意をしたのは年明けすぐのこと。あれ?もう桜が開花したの??え?ゴールデンウイークも間近なの??

やばいやばいと子どもを寝かしつけたある晩、暗い寝室のお布団の中でトイトレグッズをネットでリサーチし、そのままポチっと注文。

隣ではスヤスヤとこれから巻き起こる母と子の攻防をつゆ知らず眠る息子…。

 

ピンポーンと、翌日には補助便座と踏み台とパンツが到着しました。

おぉ~、早くて便利な世の中で嬉しいけど、私の気持ちが追いついてない(笑)。

 

▲え?ブリーフにしたの?と夫に驚かれた引き出しのパンツたち。子どもだからかわいいのよ~

 

とりあえずガサゴソと段ボールを空けていると、いつものように息子はウロチョロと周囲を動き回り「なにこれ~?」と興味津々な様子です。補助便座を取り出し「座ってみる?」と聞いてみると、「うん!」と元気なお返事が。

「その素直なお返事いつも聞きたいわ」と心の中でツッコミを入れつつ、リビングで補助便座に座ってみたり、踏み台の上からジャンプしたり、初めてのパンツを履いて写真を撮ったりと遊び感覚で親子ともに思わず楽しい時間になりました。

 

あれ?この調子でトイレは楽しいって刷り込みができるかしら?スムーズにトイトレ進んじゃう?

 

と、思ったのは甘かった(笑)。うん、私もわかってた(笑)。

 

いざトイレにグッズを設置し誘ってみても、

「いかな~い」

 

「おしっこ出そうな時は教えてね」は、

聞こえないふり。

 

「うんち出たら教えてね」も、もちろんスルー。

 

シール作戦にのってきたのは初めの1回だけ。

 

濡れた感覚が分かるというトレパンを導入するも、自己申告なし。

 

「パンツかっこいいね。お兄ちゃんだね!」と自尊心をくすぐってみても、お褒めの言葉は素直に受け止めるけれど、パンツを履くという行為は断固拒否(「パンツだと漏れちゃうから」という至極真っ当なご意見を頂戴する)。

 

打つ手がない…(苦笑)。

 

▲ブランコは一人で乗れるようになったんだし、なんでもそのうちできるかな。

 

それでも、トイレに関する絵本を読み聞かせたり、「トイレに行こう」と毎日声掛けを繰り返し、気まぐれにトイレに座ってくれることは最近増えてきました。

 

マイペースな息子なので、そのうちできるようになるはず!?

しばらくは「トイレ嫌!」と思われない程度に、じっくりと長期戦で進めていくつもり。願わくば、息子のやる気スイッチが急に入って、いきなりトイレでできちゃった!みたいなことにならないかな~と、甘い夢を見てはいますが…。

 

トイトレ中のママさん、一緒にがんばりましょう!

リスニングルームmochi, カウンセラー, カウンセリング, 悩み相談, 調布, 国領, 傾聴

国領の「リスニングルームmochi」を取材

誰かに聞いてほしいけれど、家族や友だちには相談しづらい悩みやモヤモヤ、ありませんか?
キャリアカウンセラーの資格を持ち、「傾聴」という手法でカウンセリングを行っているリスニングルームmochiさんにお邪魔してきました。

詳しくは、編集部の取材記事「コサイトレポート」をご覧ください。

リスニングルームmochi, カウンセラー, カウンセリング, 悩み相談, 調布, 国領, 傾聴

新入園児さんをご招待!学期末子ども会

駿河台大学第一幼稚園では、12月13日、14日に2学期末子ども会が開催されました。

学期末子ども会では、クラスごとに劇を発表します。1日目は来年度入園予定の新入園児を招待し、2日目は保護者を招待して練習の成果を披露しました。

 

年少組では、大好きな絵本の話をもとに役になりきったり、声を合わせて簡単なセリフのやりとりをして、元気いっぱいに発表しました。年中組はこれまで幼稚園で遊んできた遊びを劇中に取り入れながら、それぞれのセリフを大きな声で伝えました。

年長組では一緒に演じるお友だちと相談しながらセリフや劇に必要なものを考えて制作しました。あるクラスの演目は「オズの魔法使い」でした。みんなで話し合って衣装やセリフを考えたり、背景や大道具を作ったり。

なんと、劇中歌の多くは先生と子どもたちのオリジナル!たくさんの意見を出し合って、自分たちで作品を作りあげました。年長の園児にとっては幼稚園最後の子ども会、一生懸命全力で取り組んだという思いが伝わってきました。

駿河台大学第一幼稚園では、「お父さんと遊ぼう会」園外保育年長合宿保育など、他にも魅力的な活動が盛りだくさんです。園長先生へのインタビューや日々の様子はコサイトまち情報に掲載中です!ぜひご覧ください♪

みんなが見ている人気ページはこれ!

コサイトマガジン2019年1・2月合併号配布中!その内容をちょっとだけお見せします♪

 

みんなが見ている人気ページの中でいろいろなジャンルからピックアップしてご紹介♪

 

●畳スペースに赤ちゃん連れいっぱい

天然木のおうち空間とあったか家庭料理の親子カフェ「aona

 

●遊びを通じて想像力を豊かに

個性豊かな玩具や遊具を楽しむ屋内ゆうえんち「Magical T-Pot

 

●プレイセンター活動と助産師相談会

妊娠中から産前産後まで。親子の居場所「プレイセンターにしのがわ

 

●自宅で着付け・ヘアメイク♪

晴れの日に着物を。「媛~えん~ 出張着付けヘアーメイク

 

●家族みんなで通えると評判!

イヤイヤ期でも気兼ねなく子連れで行ける美容室「nat’s

 

どれもやっぱり気になっちゃう!詳細はそれぞれのまち情報ページへGO!

 

商店街とつながる、広がる!「すこっぷ」の子どもたち

調布市布田の商店が立ち並ぶ一角にある、児童発達支援施設「すこっぷ」では、地域の人たちとのつながりを大切にしています。

 

とくに3歳から6歳までの子どもたちが参加できる、大人気「クジラクラス」のプログラムでは、多様な人たちが関わり、子どもも大人もワクワクするような企画が次々に実施されています。

10月13日には、地元商店街が協力して体験ワークショップが開催されました。

 

すこっぷの子どもたちは2チームに分かれて出発!旧甲州街道に面した「小野田青果店」さんと、布地を販売している「いづみや」さんへ向かいました。小野田青果店では、お店スタッフの「ぴかちゅう」さんが講師としてお出迎え。Tシャツがピカチュウなので、子どもたちにもわかりやすい!

DSC_2155

店頭に並べられたテーブルには、美味しそうな野菜や果物たちがたくさん並んでいます。配られた画用紙とクレヨンを使って、さっそくお絵描きがスタート。

子どもたちはそれぞれ、気になる野菜や果物を手にとってみたり、画用紙の上に置いて形をなぞってみたり。

DSC_2169

「子どもたちの自由な発想に、僕のほうがインスパイアされますね。たとえばこのシール(産地や銘柄のシール)も、かぼちゃの周りにぐるーっとたくさん貼り付けたり、野菜や果物をいくつも積み上げてみたり」(小野田青果店・ぴかちゅうさん)

 

商店街の八百屋さんが、子どもたちにとって少し身近に感じられたひとときでした。

DSC_2172

 

続いて向かったのが、布地販売の「いづみや」さん。ここでは持ち寄ったTシャツを、ハギレでカスタマイズします。好きな布を選んで、好みの形に切って、接着剤で貼り付けます。紙と違うから、切るのも貼るのも集中力が必要ですね。はさみを使って、布地を小さく切る子、いろいろな形の布をTシャツに貼り付ける配置を試行錯誤したりと、こちらもみんな夢中です。

DSC_2181

DSC_2184 

店主のあらいさんは、新選組の衣装でお出迎え!

「すごく楽しんでもらえているようで嬉しいです。ちょうど孫と同じ年の子どもさんもいて…」

目を細めて子どもたちの様子を見守る店主のあらいさん。日頃商店街を利用していない人にも、お店のことを知ってもらえる機会にもなる、と喜んでおられました。

DSC_2186

 

折しもこの日は、上布田商栄会の福引大会の真っ最中。すこっぷの一行はこの会場で、上布田商栄会のみなさんからラムネをごちそうしてもらいました。蓋の開け方がわからない子も、お友だちの真似をして上手に開けたり開けられなかったり。

DSC_2259

さあ、そろそろお開きかな…というタイミングで、ラグビーボールを持った男性が。この方はイタリアンダイニングBarry’s店長の金子さんです。オーストラリアでラグビー選手として活躍後、現在はレストランの店長として、そしてラグビーの普及活動にも熱心に取り組んでいる方。

DSC_2282

 

蓮慶寺通りで通行止めになっている広いスペースを使って、ラグビー体験会が急遽始まりました。

DSC_2296

 

転がるとどこへいくかわからないラグビーボール。まずは2チームにわかれてリレーを楽しみました。ラグビーボールがバトンの変わり。セットされたポールの下をくぐってぐるりと回って次のお友だちへとつなぎます。

続いてはキャッチボール。アイコンタクトをしてちょうどよい加減で投げなければ、相手は受け取れません。さて、上手にできるかな?

DSC_2329

思いがけないラグビー体験が嬉しくて嬉しくて、全身で喜び、楽しみ(ときに泣いたりして)、充実の半日プログラムは、今度こそ、ここでお開きとなりました。

 

児童発達支援施設の表現療育は、多様なプログラムが実施されています。0歳からの集団療育ラッコクラスの子どもたちも、3歳になったら参加できると今から楽しみにしているとか。発達が気になる、特性がある子どもたちに寄り添った独自の療育は、保護者からの支持も高く、人気です。気になる方は、まずはすこっぷへお問い合わせください。

 

駿河台大学第一幼稚園年長組「箱根合宿保育」

日々の活動に加え、園外での活動も積極的に行っている駿河台大学第一幼稚園では、年長組になると2泊3日の日程で箱根合宿保育を行います。今年は7月17日から19日に箱根に出かけます。年長組の子どもたちは、箱根合宿保育に向けて、歌やフォークダンスを練習したり、準備や片付けなど、身のまわりのことが自分でできるよう心がけたりしています。

DSC05049

駿河台大学第一幼稚園の箱根合宿は、今年で39回目!合宿の目的は「保護者から離れて生活することで自信と自立心をつける」「集団生活のルールを守る大切さを学ぶ」ことです。

 

合宿の日の朝、子どもたちはお見送りのお母さんとお別れをして、バスに乗って箱根へ向かいます。お友だちと一緒の旅だからうきうきわくわく。バスの中では先生と一緒に歌ったりゲームをしたりするので、退屈することはありません。宿泊先の箱根セミナーハウスに着くまでにも冨士サファリパークに立ち寄り、翌日からは、箱根園水族館、芦ノ湖遊覧船など楽しいことがいっぱいです。

 

宿舎に着いたら、自分の着替えをバッグから出して、お友だちと一緒にお風呂へ。

201708-001 (3)

合宿ではお友だちと並んでご飯を食べたり、同じ部屋で寝たり…思い出たっぷりな時間を過ごします。もちろん、中にはお母さんが恋しくなる子もいますが「先生たちがしっかりと見守り、フォローしているので大丈夫!どうぞ安心してください」と、園長の田所恒子先生。

 

箱根で過ごす3日間を通して、子どもたちの表情は合宿前よりもぐっとひきしまり、一回り大きく見えるといいます。保護者からも「合宿に行ってよかった」という声がたくさん聞かれるとか。

大好きな家族と離れて3日間過ごせたということが、子どもたちの自信にもつながるのでしょう。

201708-001 (1)

駿河台大学第一幼稚園では、お父さんと遊ぼう会や夕涼み会、大学見学など、他にも様々な活動を行っています。園長先生へのインタビューや日々の様子はコサイトまち情報にも掲載中!ぜひご覧ください♪

「こどもとおとなの訪問発達サポートApila」インタビュー&レポート掲載!

国立成育医療研究センターでの経験豊富な臨床心理士竹厚誠さんが立ち上げた「こどもとおとなの訪問発達サポートApila」。対象は乳児から成人まで、「発達障害」に限らず、少しでも気になることがあればどなたでも相談ができます。

 

「子育ては悩みの連続。発達障害がどうかに関係なく、ちょっと気がかりな発達についてもお気軽にご相談ください!」(竹厚さん)

 

竹厚さんご自身も男女2児の父。子ども一人ひとりに丁寧に向き合い、そして保護者に寄り添いたいという熱い思いをインタビューしています。ぜひこちらをご覧ください!

 

★DSC_0312_resize