困ったときの「子どもごはん」レシピ3

コサイトでは、調布市内の認可保育園「パイオニアキッズ」で提供している給食をご紹介しています。連載4回目は「発酵食」や「干し野菜」がテーマ。手前味噌は作れなくても、日々の食事に上手に発酵食などを取り入れていけたらいいですね。1品でもぜひ参考にしてくださいね。

 

発酵食品を毎日の献立に

・たらの塩こうじ焼き

・豚肉厚揚げ里いもの煮物

・小松菜のごま納豆あえ

・まいたけ大根のりの味噌汁

・五分づきご飯

・くだもの

 

 

たらの塩こうじ焼き

材料(1人分)と作り方

たら 1切れ

塩こうじ 20グラム

油 少々

1 オーブンを200℃に予熱する。

2 クッキングシートに油を敷き、たらを並べる。

3 たらの上から塩こうじをかける。

4 20分焼いて完成。

 

豚肉・厚揚げ・里芋の味噌煮

材料(1人分)と作り方

厚揚げ 8グラム

里芋 10グラム

人参 10グラム

しいたけ 5グラム

豚肉 15グラム

こいくち醤油 0.8グラム

味噌 1.5グラム

三温糖 1 グラム

1 厚揚げ、里芋、しいたけを一口大に切る。

2 人参を乱切りにする。

3 鍋に人参、里芋を入れ、水100cc(分量外)でやわらかくなるまで煮る。

4 厚揚げ、しいたけ、豚肉を加えて、豚肉に火が通ったら調味料を加え、ひと煮立ちさせる。

 

小松菜のごま納豆あえ

材料(1人分)と作り方

1 小松菜を1センチ長さに切る。

2 もやしはできるだけ小さく折り、納豆と絡みやすくする。

3 ボウルにひき割り納豆を入れる。

4 小松菜、もやしを下ゆでし、水気をよくとり、納豆の入ったボウルに入れる。

5 しょうゆ、ごまを加えてよく混ぜたら完成。

 

まいたけ・大根・のりの味噌汁

材料(1人分)と作り方

まいたけ 8グラム

大根 15グラム

のり(きざみ) 適宜

いりこ(粉末)…いりこ5尾分

昆布だし 80グラム

味噌 2グラム(※)

赤味噌 1グラム(※)

※味噌は合わせて小さじ1/3

1  鍋に昆布だしと粉末のいりこだしを入れる。

2 大根0.5〜1センチほどのサイコロ状に切り、まいたけは食べやすい大きさに切る。

3 鍋に大根、まいたけを入れて煮る。

4 火が通ったら、味噌、赤味噌を入れて、ひと煮立ちさせる。

5 食べる直前におきざみのりを入れて完成。

 

●塩こうじの作り方

材料(作りやすい分量)

米こうじ 100グラム

水 150cc

塩 10グラム

 

作り方

1 水を鍋に入れて火にかけ、60℃〜70℃にする。

2 乾燥米こうじを炊飯器に入れる。

3 そこに60℃〜70℃に熱した湯を加える。

4 ふたをして30分間保温する。

5 きれいなボウルに移し、塩を加えて混ぜる。

6 粒が柔らかくなったら完成。

密閉された容器に入れ、冷蔵庫で約6カ月保存ができます。

 

春から気分一新! 暮らし方、変えてみる!?

ただいまコサイトマガジン2020年4月号を配布中!
今回の特集は「防災」と「新生活」。その内容をちょっとだけ紹介しますね♪

 

※「コサイトマガジン」でご紹介した一部のイベントが感染症対策のため開催中止となりました。お出かけ前に公式サイト等をご確認くださいますようお願いいたします。

春から気分一新! 新生活特集
▲調布市子ども生活部の窓口や子ども家庭センターすこやか、児童館・図書館など市内の子育て関連施設や調布駅近くの親子カフェaonaで配布しています。

見つけよう! 私らしい暮らし方

もうすぐ新年度。いろいろな変化が訪れる季節ですね。今回は、コサイトに掲載中の情報の中から、新生活に役立つ情報や子育て中のママに便利なサービスをピックアップしてみました♪

 

●“ちょっとした困りごと”をサポート

ぬいもの代行や家事代行、講習会など「てづくり倶楽部 おたすけママ

 

●ママの「働きたい!」を応援

子連れで就職相談ができる「調布国領しごと情報広場マザーズコーナー

 

●楽ちん布おむつライフ♪

布おむつ・トレーニングパンツのレンタル専門店「nu.norm世田谷通り沿い店

 

●物件情報も地域情報もお任せ

子連れ歓迎! ママ目線の物件探しをお手伝い「渋谷不動産エージェント

 

●今日はカフェで夕食!

16時以降の親子でお得なメニュー♪ カフェaonaの「 帰ったらお風呂だけセット」

 

●お部屋の模様替えで気分一新

自然素材で作られた家具や雑貨が多数「インテリアショップKAJA調布店

 

●自分で選べる多様な働き方を提案

“はたらく”を考える座談会を定期開催「非営利型株式会社Polaris

 

生活リズムや環境が変わる春先は疲れがたまりがち。誰かを頼ったり、いろいろなサービスを活用したりして、上手に乗り切りましょう!

 

新年度が始まる前に防災対策もチェック!

今回のもう一つの特集テーマ「防災」については、こちらのレポートもご覧くださいね♪
↓↓↓
あなたの「防災力」大丈夫?子連れで備える風水害

 

月1回の無料メルマガ「コサイトクラブ」

調布, 子育て, 子連れ

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ 不定期でメンバーのオフ会”リアルコサイトクラブ”も開催!
ご登録はこちらからどうぞ。

 

● Instagram始めました! 気軽にフォローしてくださいね♪
https://www.instagram.com/cositecosite/

調布の子ども・若者をサポート「ここあ」

家庭の事情などにより、高校進学や就職をあきらめてしまう子ども・若者を支援している場所が調布市内にあるのをご存知ですか。調布市の委託を受けて社会福祉協議会が運営している「ここあ」という事業です。

▲ここあを運営している、スタッフのみなさん。

 

調布駅近くの総合福祉センター5階にある「ここあ」は、子ども・若者を支援するための相談や居場所、学習支援事業を行っています。学習支援事業では、中学生1人に対して学生ボランティアがマンツーマンで高校進学に向けて学習をサポート。感覚が過敏だったり、コミュニケーションがあまり得意でなかったりするなど子どもによって特性も多様ですが、一人ひとりに寄り添い、丁寧に対応しています。

 

現在(2020年1月)の学生ボランティアは登録者が90名。そのボランティアを束ねているのが、学習支援コーディネーターの西牧たかねさんです。西牧さんは調布市内の中学校教諭として長年のキャリアがあり、「ここあ」と市内中学校との橋渡し役としても活躍。実際、市内のいくつかの公立中学校とはきめ細かい連携が実現していて、子どもひとりに多様な大人が関わり、支えているケースも日々増えているところです。

 

「学習支援」は月・水・金曜日の18時から20時まで行われていて、利用は1日あたりおよそ20〜30名ほど。高校受験間近の中学3年生は週に1回の学習支援の他、週2日まで「自習」のため通うこともできます。対象は児童扶養手当や就学援助などを受けている中学生。経済的な事情などから勉強をあきらめかけていた子どもたちに、学習習慣がつくよう促し、高校進学に向けて丁寧に指導しています。

 

もう一つの事業が「居場所」です。総合福祉センターの一室が「居場所」となる部屋。

不登校やひきこもりのおおむね15歳以上の子どもが利用できる事業で、取材した日もソファでくつろぐ子、ボランティアとゲームを楽しむ子などそれぞれが思い思いに過ごしていました。年に何回かレクリエーションも企画していますが、大切にしていることはここが「日常の居場所」であること。

「家でもない、学校でもないもう一つの居場所があることが大事だと思って運営しています」(ここあ・田村敦史さん)

 

あれこれうるさく言われることもなく、そこにいていいという心地よさ。お菓子を食べたり、おしゃべりしたり、ソファで寝転んだり。

ゆっくり心と身体を休めることが、明日への力につながっていくのかもしれません。もちろん復学や高校中退予防のための学習支援も本人の希望を聞きながら行っています。

18時からの学習支援に向けて、同じ建物内の一室では準備が始まっていました。30分前には学生ボランティアが集合し、ミーティング。その後個別の学習支援を行います。少し年上の学生ボランティアとのおしゃべりを楽しみにしている子もいるとか。

また、進路指導についても丁寧に相談に応じています。学校とも連携し、その子やご家庭にとってより適切な進路になるよう心をくだいている「ここあ」。学習支援や居場所を利用する目的に限らず、調布市の「子ども・若者総合相談センター」として、随時相談も受け付けています。どこに相談していいのか迷ったときは、まずは「ここあ」へ。おおむね中学生以上の子ども・若者とその家族が対象です。電話や訪問などによる相談だけでなく、必要な支援機関の紹介等も含め、課題解決のためのサポートを行っています(すべて無料)。

 

お問い合わせ、ご相談は、電話042-452-8816、メールはcocoa@ccsw.or.jpまでご連絡ください。平日は10時から20時まで(木曜日のみ17時まで)。

 

あなたの「防災力」大丈夫?子連れで備える風水害(後編)

子連れだからこそ「準備しておきたい」防災グッズ

出前講座風水害編」に参加してわかったことは、災害時に大切なことは「自助」であり、いかに事前準備が大切かということ。

 

編集部スタッフもそれぞれ「持ち出し用防災リュック」や「備蓄食糧」などの準備をしているものの、本当にこれでいいの?と迷うことも。今回の勉強会では、参加者同士で話し合うことで、自分が気づけなかったことに気づける機会にもなりました。

 

また、大規模災害発生に備え「日常備蓄」を進めておくことの重要性を感じました。

「日常備蓄」は、あえて特別な準備をするのではなく、自宅で利用しているものを少し多めに備えること。日常の中で消費しながら、常に備蓄をしておくことで災害後も自宅で生活することが可能になります。自宅で避難生活を送ることを想定した「買い置き」も重要な災害対策だということを学びました。

 

 

また、今回の自主勉強会では市役所の方たちと災害時用に備えておきたいグッズについてもいろいろと意見交換ができました。その一部をご紹介しましょう。

 

▼マウスウォッシュ(歯磨きができないときに)

▼レスキューシート(防寒効果大とのこと!銀色のもの)

▼暇つぶしグッズ(折り紙、お絵かき帳など)

▼レジャーシート

▼使い捨てカイロ

▼マスク(感染予防) 

▼液体ミルク   など

 

暇つぶし用の折り紙などはスペースも取らないし、よさそうだねという話で盛り上がったり、レスキューシートは防寒力が高いというお話があったり。あらためて備蓄品や持ち出し用リュックの内容を見直す機会になりました。

 

勉強会参加者からはこんなアイデアや意見なども出ました。

 

東京マイ・タイムライン(外部リンク)を作成しておいた。

 

・避難所で配布されるペットボトルの水は、すぐに開封せずにとっておくとよい。避難所ではすぐに蓋をあけて飲んでいる人も多かった(調布市の担当者からも「水道が出るうちは水道水を飲み、いざという時のために命を守る水は取っておくとよい」というお話がありました)。

 

・避難時に使うことを想定して、登山グッズメーカーのレインコートを普段から使用している。防水性が高く、万が一雨のなか子連れで避難するとしても安心感がある。

 

・ペットボトルのお茶は常に箱買いし、備蓄している。

 

・「調布FM83.8MHz」の周波数をメモし、万が一の時にすぐに合わせられるようにしている。

 

・台風の直前に子連れで買い物に行ったらお店が混雑していて大変だった。日頃からの備えが大切だと痛感した。

 

・日持ちする食品や普段使っている生活用品は多めにストックして、古いものから使うようにしている。

 

・懐中電灯の電池や備蓄品の使用期限が切れていたことも…。定期的な見直しが必要だと思った。

 

・避難所を使う人のマナーも大切だと思った。ごみは持ち帰るかきちんとまとめるなど、翌日以降に小学生が気持ちよく登校できるよう、少なくとも原状復帰を心がけたい。

 

▲某スタッフの自宅玄関。持ち出し用リュックの定位置です。

 

まとめ

 

今回の講座を受けて「在宅避難」という選択肢があること、いかに事前の準備をし「自助」に備えるかが大切かということを学ぶことができました。

出前講座で使用したテキスト各種(「東京くらし防災」「調布市洪水ハザードマップ」「東京マイタイムライン」「日常備蓄で災害に備えよう」)については、調布市の総合防災安全課(042-481-7346~8)までお問合せください。在庫があれば、どなたでも手に入れることができるものです。気になる方はぜひチェックしてくださいね。

また、編集部では、今回の講座の内容をもとに、コサイト読者の皆さんとも防災について意見を交わす「リアルコサイトクラブ」の開催も計画しています。子育て中だからこその不安、準備しておきたいことなどはたくさんありますね。ぜひ同じ地域に暮らす人たち同士で情報を交換しあい、自分はもちろん家族や地域の命を守る「防災力」をいっしょに上げていきましょう!

 

「リアルコサイトクラブ」はコサイトのメールマガジン読者の「オフ会」です。興味がある、参加したいという方は、コサイトの最新情報を無料でお届けしているメルマガに登録してくださいね。

あなたの「防災力」大丈夫?子連れで備える風水害(前編)

ラグビーワールドカップで盛り上がった調布市の2019年。一方で忘れてはいけないのが、10月12日の台風19号の被害です。調布市内でも床上浸水128件、床下浸水85件、その他強風の影響などで24件(12月24日時点)という大きな被害があり「調布市始まって以来初」の避難勧告が発令されました。

 

この台風後、現役の子育てママであるコサイト編集部スタッフたちからは「これまでなんとなく防災については考えていたけれど、あの日はすごく不安だった」「知り合いの話では避難所も結構大変だったみたい」などという声が続々と上がるように。

そこで編集部内で自主勉強会開催を企画。昨年末12月中旬に調布市の総合防災安全課の方による、出前講座(外部リンク)をお願いしました。

今回お話をしてくださったのは、調布市総務部総合防災安全課の中川昇さん、牛尾琢也さん、岸本大輝さん。講座のテーマは「みんなで進める災害対策(風水害編)」です。出前講座は、市内に在住、在勤、在学している5人以上で構成されたグループ、団体で申し込むことができます。詳しくは調布市のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

とにかく大切なのは事前の準備!まずは「自助」を

 

災害は大きく分けて、地震による「震災」と台風などの大雨による「水災」の2種類に分けられますが、今回は「水災」に備える対策について学びました。水害はある程度予測ができる…つまり「事前の準備が可能」です。それでは具体的には何をすればいいのかを教えていただきました。

 

・大雨などが予想される場合は、気象情報を事前にチェックする。

 

・行政が発行している「洪水ハザードマップ(外部リンク)」で浸水の危険がある場所、避難経路などを把握し、安全な避難場所を確認しておく。

 

・通信網が遮断されることを想定し、ラジオを準備。コミュニティラジオ「調布FM 83.8MHzなど複数の情報収集手段を確認しておく(災害時は「調布FM 83.8MHz」にて調布市内の防災情報を発信します)。

 

また、震災水災にかかわらず必要なのが、食料や飲料水などの備蓄です。

 

・備蓄品は最低でも家族全員分を3日分(できれば1週間)用意する。忘れがちなのがトイレ。断水したらトイレは流せません(試しに流してみることはせず、住んでいる建物の下水道が壊れていないことを確認してから流すこと)。また、マンションの給水方式によっては停電になると給水ポンプが停止し、断水になる場合もあります。

 

・乳幼児家庭では特に「おむつ」「おしりふき」「ミルクセット(液体ミルク、使い捨て哺乳瓶、水)」「ベビーフード」などの用意を忘れずに。

 

被災した場合、公的な支援が届くまでには最低でも3日。場合によっては1週間以上届かない状況も想定されます。災害時に一番大切なことは、自分の身はできるだけ自分で守ること=自助なのだということを改めて知ることができました。

とくに水災の場合はある程度想定ができますから、しっかりと備えておかなくてはなりません。

避難所はホテルじゃない!

 

今回の台風19号で、調布市内でも避難勧告が発令され、避難所が開設されました。自然災害による開設は初めてとあって、編集部にも「〇〇の避難所は混乱があって大変だったらしい」「情報がうまく伝わっていなかったのでは」などという噂が聞こえてきました。行政はどこまで対応ができるものなのでしょう?

「各避難所には毛布やトイレなどの備蓄がありますが、これらの備蓄品で対応できるのは調布市の人口に対して1割程度の人たちの3日分だけ。もっと備蓄を増やしたくても備蓄場所に限界があるので難しいのです。ですから、災害時に備えた食料や水など各家庭での備蓄は必須なのです」(中川さん)

「ええ、1割!?」と驚きを隠せない編集部スタッフたち。たとえば自宅が浸水したり火災や倒壊で自宅を失った場合には避難所の備蓄食料で命をつなぐことになりますが、家が無事なのであればまずは自らが備蓄したもので数日間を耐えしのぐことが求められている…「家庭での備蓄」の重要性が身に染みてくるようなお話でした。

 

それはつまり、寸断されたインフラがもとに戻るまでの期間、安全が確認できている場合には自宅で待機という選択肢があるということ。

 

「避難所での生活は、ホテルとは違い決して快適なものではありません。『災害が起こったらとりあえず行く場所』ではないのです。命を守ることが第一なので、避難指示や避難勧告が出ていて浸水想定区域に入っている方は、もちろん迅速に避難してほしいですが、浸水の危険がなく生活に不安がなければ在宅避難や垂直避難(建物の上階への避難)をすることも考えてください。しっかりと危険を見極めた上で避難所に避難をするか在宅避難をするかの判断をお願いします」(牛尾さん)

 

たとえば避難所になる小学校の体育館は、多くの他人が一つの空間に集まるところ。実際に寝泊まりした経験がある牛尾さんによると、体育館の床にはある程度の弾力性が必要らしく、人が普通に歩くだけでも揺れを感じるほどなのだそう。そのため夜間もゆっくり眠れない人が多いのだとか。知りませんでした…!

 

「事前に予測のできる水災の場合は、あらかじめ安全な場所(標高の高いところ。たとえば多摩川の氾濫が予測される場合は府中崖線上のエリア)にある親戚の家や知人の家に一晩だけでも泊めてもらう、というのも一つ方法だと思います」(岸本さん)

 

何かあったらすぐに避難所へ行かなくては、と思いこんでいた編集部スタッフたちには目からうろこの「在宅避難」という選択肢。特に子どもがいると泣いたり騒いだりして迷惑になるのでは…と、避難所での生活は気にかかることが多いもの。いざというときに在宅避難できるためにも、日ごろの備えが重要だと痛感しました。

 

 

また、今回の災害ではネットやアラートメールなどの情報が混乱していたという声もありましたが、この件については現在調布市をはじめ、多摩川流域の自治体が連携し、情報網を強化する方向で急ぎ検討が進められているとのこと。今回の災害を教訓にし、次につながっていくといいですね。

 

「在宅避難」をしたら避難所へ届け出を

 

もうひとつ大事なことは、避難生活が長引く場合に「在宅避難」を選択する際、最寄りの避難所へ「在宅避難届け」をすると良いということ。一日一回くらいは避難所へ足を運び、炊き出しなどの最新情報の確認もしてください。また、その際は、できる限りで構いませんので、避難所でのちょっとしたお手伝いなど、避難者同士の助け合いも心掛けてください。とのお話でした。

 

 

講座を受けて、今まで知っていたようで知らなかったことが浮き彫りに。事前の準備の大切さに、スタッフ同士「きょうの夜早速非常用トイレを買い足そう」「家族と情報を共有しよう」などと会話をしながら帰路につきました。

 

後編では防災リュックの中身や講座をもとにでた意見などをご紹介します。

気をつけて! インフルエンザによる異常行動

寒さが厳しくなり、まだしばらくインフルエンザを警戒しながら過ごす日が続きますね。

予防を心がけてはいても、感染を完全に防ぐことは難しいインフルエンザ。子どもがかかってしまったときに気をつけておきたいのが、突然部屋を飛び出そうとしたり、興奮して窓から飛び降りようとしたりする「異常行動」です。

小さな子どもだけではなく、就学以降の小児・未成年者にも起きる可能性があるという異常行動。調布市医師会の貫井清孝先生(ぬきいこどもクリニック院長)に、お話をお聞きしました。

 

―インフルエンザによる異常行動は薬を飲むと起きるのですか?

薬による副反応は否定されてはおりませんが、薬を飲まなかった場合も異常行動は起きています。そのため、薬の内服の有無や種類に関わらず、発熱してから丸2日間は

・子どもをできるだけ一人にしない

・戸締りをしっかりする

・できれば1階で寝かせる

など、転落防止や事故防止にご注意ください。

 

―異常行動=「インフルエンザ脳症の可能性」なのでしょうか?

異常行動そのものが「脳炎・脳症」につながるものではありません。「脳炎・脳症」の兆候として最も重要なものは「痙攣」です。

痙攣が起きた場合も、インフルエンザによる「脳炎・脳症」ではなく「熱性痙攣」の可能性が高いのですが、インフルエンザと診断されたあとに「痙攣」がおきたら、検査、入院施設のある大きな病院に救急搬送してもらうことをおすすめします。

 

「インフルエンザは咳などの呼吸器症状がほとんどですが、重症になる可能性もある病気です。全身性の病気なので、合併症として脳炎、脳症、意識障害などの神経の病気や肺炎、気管支炎などの呼吸器の病気、他にも筋痛や心筋炎などの筋肉の病気を起こす場合があります。異常行動だけでなく、突発的な症状の変化にもご注意ください。特に熱がなかなか下がらない、咳が止まりにくいなどの症状が続く場合には早めに受診してください」(貫井先生)

「性」のことを伝えるプロフェッショナル

調布市深大寺にあるマザリーズ助産院の代表助産師・棚木めぐみさんは、性教育にも力を入れています。助産師さんは性の専門家としても身近な存在。東京都助産師会のいのちの教育委員会の委員であり、性と生を語るエデュケーターの資格もお持ちです。

常に最新の情報をアップデートし、知識も豊富な棚木さんの講座は、思春期の子どもたちが通う中学校や高校だけでなく、調布市内の小学校PTAからのオファーもあるのだそう。

「性を包括的に知るということは、生き方の多様性を知ることです。いわゆる専門家と言われる人たちでさえ、現代社会におけるセクシャリティとジェンダーの概念を正しく理解しておられない場合があります。当院では性被害やLGBTなど多様な性の実態についてもお伝えすることができるプログラムを提供しています。性の健康被害から守るための技術的なことまでしっかりお伝えしてまいります」(棚木さん)

コサイトを運営しているNPO法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネットが昨年主催した棚木さんの講座(会場・カフェaona)では、性別は男女だけでなく細かく分類されるというお話から多様な性のあり方、歪んだ性の知識が子どもたちに伝わる危険性などについて、実に濃いお話を伺うことができました。まさに「性」のことを伝えるプロフェッショナル!

 

小学生向け、中高生向けはもちろん、家庭での性教育に悩む保護者に向けた講座もできるという棚木さん。講座を企画したいという方は、ぜひ直接マザリーズ助産院にお問い合わせください。

「河合塾GRIT」をレポート

河合塾グループが開設した新しい学習スタイルの個別指導塾「河合塾GRIT」に編集部員がお邪魔し、現役生教務企画部長の高橋裕生さんにお話を伺いました。

タブレットを使い、学んだ内容を自分で考えるインプットと演習問題を繰り返すアウトプットで学びを定着させるスタイルに納得。学習効率の良さを感じました。

取材の様子は、コサイトまち情報に掲載中。ぜひお読みください!

出産前に「知っておきたい情報」が一同に!@つつじケ丘児童館

12月14日の午前中、つつじケ丘児童館で「楽しく子育て!〜プレママ・プレパパの集い」が開催されました。

つつじケ丘児童館としては初めての試み。館長の猪股久美子さんによれば、児童館の子育てひろばを利用しているママたちから「妊娠中にもっと情報を知りたかった」という声が多かったこともあり、プレママ・プレパパのためのイベントを企画したとのこと。

情報をたくさん持って帰ってほしいという思いから、出産前後に利用できるサービスを提供していたり、相談できる窓口などを運営している事業者が一同に集うこととなりました。

会場は児童館内にある子育てひろば専用のお部屋。子育てひろば担当スタッフさんはもちろん、健康推進課の保健師さん、子ども家庭支援センターすこやかのスタッフさん、社会福祉協議会の地域担当者さんや調布市立図書館神代分館の司書さん、認可保育園の園長先生、地域担当の助産師さん、児童館の子育てひろば担当者さんなど行政関係者が一同に。さらにつつじケ丘地域でコミュニティスペースを運営している方、つつじケ丘児童館で「おもちゃのひろば」を開催しているおもちゃ美術館の方、そしてコサイト編集部など民間からも情報提供者として参加しました。

 

さらに子育て中のママたちも参加し、それぞれの出産や子育て経験を語っていただく時間もありました。

 

ママたちの声で多かったのが「産む前にもっと情報を調べておけばよかった」「妊娠中に地域とつながっておけばよかった」というもの。他にも「ネットや本で事前学習していたけれど、思っていた通りにはなりませんでした。もしもう1回妊娠するなら、相談先を事前に探しておきたいです」という声も。ちょっと先行く「先輩」の声が直接伝わるのは、何より心強いことですね。

 

各施設や事業者の担当者からの説明や、個別の情報提供などがさかんに行われ、最後は調布市立図書館神代分館の司書・江原未菜子さんによる絵本の読み聞かせというお楽しみの時間です。

このイベントは次年度も開催を予定しています。開催が決まりましたらコサイトでもご紹介していく予定ですので、ご期待ください。

ルコワンアンソレイエ

お疲れママに癒やしと元気を!

コサイトマガジン2020年1・2月合併号配布中!

今回は、身近な地域・社会参加と、頑張っているママにおすすめの癒やし&リラックス情報を特集。その内容をちょっとだけ紹介しますね♪

コサイトマガジン2020年1・2月合併号
▲調布市子ども生活部の窓口や「子ども家庭センターすこやか」、児童館・図書館などの市内の子育て関連施設や「カフェaona」などで配布しています。

たまには自分にご褒美を! ママのための癒やし&リラックス

●地域の助産師が育児をサポート

母乳ケアや育児相談など心と体の悩みに寄り添う「産前産後助産院moegi

 

●アロマテラピーで至福の時間を

産前産後から更年期まで、さまざまな女性の悩みに対応「ル・コワン・アンソレイエ

 

●女性と子ども専門の鍼灸院

完全予約制で女性の鍼灸・あん摩マッサージ指圧師が施術「ao akua治療院

 

●妊婦もOKのリラクゼーションサロン

古民家でタイ古式メソッドに基づいたケアを受けられる「ゆるのば

 

●子連れ歓迎! 着付けもできる美容院

調布駅から徒歩1分。着付け・ヘアメイクの出張サービスも「媛~en~

 

●気分が上がる♪ 自分らしいネイル

シンプルなデザインからアートネイルまで対応「たまリバネイル

 

 

日頃の疲れに加えて、寒さで体が縮こまったり、冷え性や胃腸の疲れなど不調が現れやすい時期です。忙しい毎日。自分のことは後回しになりがちだけど、なんとかやりくりして上手に息抜き&リラックスできるといいですね。

 

コサイトには「ストレス解消」など今の気分で検索できる機能もあります。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

月1回の無料メルマガ「コサイトクラブ」

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ ご登録はこちらから!コサイトマガジン, コサイトクラブ, 調布, 子育て, 子連れ, イベント

 

● Instagram始めました! 気軽にフォローしてくださいね♪
https://www.instagram.com/cositecosite/