育てて!作って!みんなで食べる!

国、地方公共団体、関係団体などは、毎年6月を「食育月間」(外部リンク)として、食育推進運動を実施しています。国領にある駿河台大学第一幼稚園でも、6月には野菜の収穫や調理、昼食指導や講演会と「食」についてたくさんの活動を行いました。

 

年長さんが行ったのは、自分たちで育てたジャガイモを使ったカレー作りと梅ジュース作り。年中さんの時に植えたジャガイモを収穫し、カレーを作りました。みんなでスーパーにカレーの材料を買いに行き、野菜を洗ったら、むいたり切ったり。作ったカレーをみんなで食べました。普段は苦手な野菜でも食べられちゃうから不思議です。「さらにたくさん遊んで、お腹がすいていることも大切な要因ですね(園長・田所 恒子先生)」

    ▲みんな真剣な表情です。

梅ジュースを作るきっかけは、園内にある梅の木にいくつかの梅の実を見つけたこと。園の梅と先生が用意してくれた梅を年長さんたちが洗ってへたをとり、乾かし、氷砂糖につけました。おいしい梅ジュースが出来上がるのが楽しみです。

    ▲梅と氷砂糖がどうなるのか興味津々です。

 

さらに、年中さんはイチゴジャムを作りました。年少さんの時から自分たちで育てた大切なイチゴを収穫し、冷凍庫に保存していたものを大きな鍋に入れて煮ました。イチゴがジャムになる様子が見えるようにと脚を折り低くした机の上にコンロを置き、イチゴをクツクツと煮込んでいきます。完成したイチゴジャムは他の学年にもおすそ分けして、みんなでおいしく食べました。

    ▲園長先生も一緒にジャム作り♪

 

 

年長さんは、夏休みに入ると2泊3日の箱根合宿保育に出発します。もちろん、みんなで同じご飯を食べる時間も。6月中の食育体験が合宿保育の食事にも繋がっているのですね!

 

毎日、たくさん遊んでしっかり食べる。子どもたちの元気の源を感じられた食育月間でした。

【新着】2019年5・6月公開の「まち情報」

コサイト編集部が取材してご紹介している「まち情報」の新着情報です!

 

鬼太郎ひろば

京王線線路跡地、調布駅から西調布方向へ向かい、鶴川街道を越えてすぐ。鬼太郎の仲間たちに会いにいってね。オープニングセレモニーの様子はこちらもお読みください。

▲オープン当日は大変な賑わいでした。

 

nu.norm 世田谷通り沿い店

布おむつを気軽にレンタルできるヌノーム。届けてくれて回収もしてくれるので楽ちんです。インタビュー・レポート記事を掲載中。紙おむつとの併用プランも。

 

産後ドゥーラ 今利由季

産後の暮らしをサポート!編集部スタッフのレポート公開中。産後すぐの家事や育児をサポートしてもらうことで、ぐっと楽に。

どうしたら伝わる?タイプ別子どもへの向き合い方

あの手この手で子どもに気持ちを伝えようとするけれど、なんだか上手くいかない。空回って、つい言葉がきつくなってしまう…そんなことありませんか。

 

「子どもの特性を知ることで、その子に合った対応ができる」と語るのは、臨床心理士の竹厚誠さん。

竹厚さんが行っているアドバイスの一例をお聞きしました。

動きが多く落ち着きがない、不注意がある

どのように対応するかを考える前に、まずその子の背景に何があるのか明らかにする必要があります。例えば、身体の揺れを捉えにくい、力加減の感覚が鈍い、見たものに反応しやすい、目の前のことに集中すると周りが見えなくなってしまうなど…まずは色々な検査を組み合わせて、原因を探ります。

 

繊細な子ども

私たちが思う以上に傷つきやすく、繊細な子どもは多いです。かかわりは、基本的にポジティブに。声かけは「〇〇しないと△△するぞ!」という“罰”ではなく、「〇〇したら□□できるよ」という“賞”の方向です。前者は即効性があるのでつい使いがちですが、繊細な子どもはネガティブな体験を記憶し、それにとらわれてしまうこともあるため、長い目で見ると後者の方がよいです。

 

慣れない場所が苦手

“いつも通り”が好きで、自分のペースを崩さない子どもは、新しい場所が苦手だったりします。そのような子には、「泳げない人をプールに放り込んで強引に泳ぎ方を覚えさせる」というようなやり方は禁物。「その人が安心できるエリアを徐々に広げていく」という方向を心がけましょう。

「伝えたいことが子どもにうまく伝わらない。よくありますよね。悩ましいです。それに、子どもは親に甘えがありますし、親側にも『自分の子どもだし…』という子どもへの甘えがどこかにあって、つい怒りすぎてしまったりします。これは自然なことだと思いますが、親子ゆえに関係がこじれてしまうことはありますよね。そういうときは、思い切って第三者を介入させる方がよいです。大丈夫です、私も思春期の息子を叱りすぎてしまうことがよくありますし、結構挨拶を無視されます(笑)」(竹厚さん)

 

竹厚さんによる訪問型の発達の総合サポートサービス「こどもとおとなの訪問発達サポート Apila」では、「発達障害」に限らず、少しでも気になることがあればどなたでも相談可能。

詳しくはまち情報ページをご覧ください。

わが家のイヤイヤ大魔王

子どもたちを連れての日々の公園遊びに、初夏の気持ちいい季節が嬉しい編集部のコガです。

 

さて、突然ですがわたしの目下の悩みを聞いてください。それは、ずばりイヤイヤ期大爆発中の息子のことです。第2子である息子は、巷で言うところの「魔の2歳児」。それはそれは激しいイヤイヤ期真っ只中で、毎日母と息子の壮絶なバトルが繰り広げられています。

 

自分の思い通りにいかないと、

 

「あれがしたかった!」

「これはイヤだ!」

 

きっかけは些細なことでも、一度スイッチが入ってしまうと最後、私の言葉はすべて火に油…。所構わず泣き叫んでひっくり返り全力で暴れる姿に、ママ友にも「うちもイヤイヤ期すごいと思っていたけど、ここまでではないわ~。大変だね」と同情されてしまうほどです。

 

付き合ってあげられることは付き合ってあげるけど、危ないことややってはいけないことは注意しないといけないし、そういうときにどう立ち回ればいいのか。いや、まずは子どものやりたかった気持ちを受け止めてあげて…。

 

模範解答は何となくわかっているんだけれど、自分の感情がコントロールできずについついこちらも感情的になってしまう、というのが日々の悩みです。

▲イヤイヤスイッチON

 

年子の姉はこれまた違ったタイプの子。弟は2歳をすぎてドカンと爆発した、わかりやすいイヤイヤ期を迎えたのに対し、姉は言ってみれば「生まれながらのイヤイヤ期」のような状態。新生児の頃から寝ない、泣き止まない赤ちゃんで、「なんだかわからないけれど世の中すべて気に食わない」と言いたげな、常にイヤイヤしている子だったのです。

 

ところが!

 

筋金入りのイヤイヤ娘が、幼稚園入園を境にうわさに聞いていた「天使の4歳児」の世界に、ようやく片足を踏み入れたのです!母はこの時を待っていた!!

 

「これ、お片付けしたらお風呂に入ろうね」といえば、第一声に「はーい」と肯定で返ってくる。

 

「幼稚園行く前にトイレ行こうね」といえば「ひとりで行けるよ」と笑顔。

 

わたしが娘にぶつかってしまい「ごめんね」と謝れば「だいじょうぶだよ、そんな謝るようなことじゃないよ!」と大人びた返答をしてくれるなんてことも!

 

眠かったり疲れてしまったりしたときは相変わらずぐずるし、弟にちょっといじわるをしてしまうこともたくさんあるけれど、垣間見える突然の成長ぶりに驚くばかりです。

▲「かんむり作ってくれてありがとう」など、最近「ありがとう」をたくさん言ってくれる娘。

 

つい先日、コサイト編集部の会議で「私の育て方が悪いのか、下の子のイヤイヤが激しすぎるんです」とこぼしたところ、先輩のKさん(男の子2児の母)から「育て方じゃなくて個人差だと思うよ!時が過ぎるのを待つしかないのよね」と心強い言葉。先輩ママの一言にはたと気づきました。

 

ついつい今が一番大変!といっぱいいっぱいになっていた私ですが、思えば2年ほど前はもっと大変でした。2人の子どもを予防接種に連れて行った帰り道、泣き止まない下の子と「抱っこして!」と泣き叫ぶ上の子を抱え、こっちが泣きそうだったなあ。

 

その日を思えば、さすがに上の子は話が通じることが増えました。まさに「時が過ぎるのを待つしかない」というK先輩の言葉どおりではありませんか。

 

「ママ、これなぁに?」

「それは君の手首のシワだよ」

「シワ・・・!シワやだあー!」ときょうも絶好調で元気にイヤイヤをしている息子。この時期もそのうち懐かしく思うときが来るのかと思うと、今しばらく付き合うか…と、少し寛大な自分になれそうです。

 

国領, wish, 美容院, ヘアサロン, 美容室, 調布市

キッズカット、男の子に人気のヘアスタイルは?

子連れで行きやすいと評判の美容院 Hair Healing Wish で、いまいちばん人気がある男の子のヘアスタイルは、サイドを刈り上げるツーブロック!

 

「どんな頭の形でも似合い、カッコよく仕上がるのがポイント。メリハリのある髪形なのでシンプルな服を着てもオシャレに見えて、子どもにもママにも大好評! 男の子のヘアスタイルは耳まわりや襟足の髪が伸びて、すぐにやぼったくなりがちだけど、ツーブロックなら襟足がスッキリしているので少し伸びても気にならず、かっこいいスタイルが長もちしますよ」(マネージャー・小林直樹さん)

キッズカット, ヘアスタイル, 男の子, 子供, 国領, 美容院, 髪型

Wishのウェブサイトには子どものヘアスタイル写真がたくさん掲載されていて、その写真を見て来店する親子連れも多いそう。女の子のかわいいヘアスタイルも多数掲載中です。

髪形で迷ったら、Wishで相談してみませんか?

 

Wishは子連れのお客さんが多いから、泣いたりぐずったりしても大丈夫。子どもの対応に慣れたスタッフさんが臨機応変に対応してくれ、動画を見ながら楽しくカットできますよ♪

 

人気の親子メニューのほか、平日限定で、初めてWishを利用する6歳までのお子さんは男女ともに2160円(税込)でキッズカットができます。

子連れ大歓迎のHair Healing Wishの情報は、こちらをご覧ください。

キッズカット, ヘアスタイル, 美容院, 調布, 国領, 美容室, 髪型

カウンセリング, 悩み相談, メンタル, 五月病, うつ,

悩みや心の疲れ、ため込んでいませんか

新年度のスタートから大型連休を経てひと段落。体だけでなく心の疲れも出てくる頃です。

俗にいう「五月病」をはじめ、ずっと抱えてきた小さな悩みやネガティブな感情が、この時期に増幅してしまうことも・・・。

 

「あることが気になって、ずっと悩み続けている」

「悲しいことがあって、なかなか前向きな気持ちになれない」

「こんなふうに考えてしまう自分はおかしいのかな…」

 

家族や友人には打ち明けにくい悩みがある方も、専門のカウンセラーに話を聞いてもらうことで自分の気持ちが整理され、一歩前へ踏み出すことができるかもしれません。

 

リスニングルームmochi」では、相談者の気持ちに寄り添う丁寧なカウンセリングを行っています。小さな悩みが深刻な悩みになる前に、いちど相談してみてはいかがでしょうか。

 

カウンセリングルームの様子が分かるコサイトレポートも、ぜひご覧ください。

カウンセリング, 悩み相談, メンタル, うつ, 五月病, 調布市

トイレトレーニングをスタート!

暖かい季節が大好きなので、心も体もフワフワ気分な編集部員の果凛です。

そんなウキウキとした気分を、一瞬で現実へと引き戻すママが避けては通れない一大イベントをこの春から決行しました。

 

 

そう、それはトイレトレーニング。

 

わが家の息子は2歳。1歳を過ぎた頃からちらほら周囲では「トイトレどうする?」なんてママ友の間でも話題になることはあり、3歳からでもいいかな?なんてのんきに構えていたのですが、この春から幼稚園のプレがスタートするのに合わせて、そろそろ取り組むか~と重い腰を上げて決めました。

 

「決めました」と言ってもその決意をしたのは年明けすぐのこと。あれ?もう桜が開花したの??え?ゴールデンウイークも間近なの??

やばいやばいと子どもを寝かしつけたある晩、暗い寝室のお布団の中でトイトレグッズをネットでリサーチし、そのままポチっと注文。

隣ではスヤスヤとこれから巻き起こる母と子の攻防をつゆ知らず眠る息子…。

 

ピンポーンと、翌日には補助便座と踏み台とパンツが到着しました。

おぉ~、早くて便利な世の中で嬉しいけど、私の気持ちが追いついてない(笑)。

 

▲え?ブリーフにしたの?と夫に驚かれた引き出しのパンツたち。子どもだからかわいいのよ~

 

とりあえずガサゴソと段ボールを空けていると、いつものように息子はウロチョロと周囲を動き回り「なにこれ~?」と興味津々な様子です。補助便座を取り出し「座ってみる?」と聞いてみると、「うん!」と元気なお返事が。

「その素直なお返事いつも聞きたいわ」と心の中でツッコミを入れつつ、リビングで補助便座に座ってみたり、踏み台の上からジャンプしたり、初めてのパンツを履いて写真を撮ったりと遊び感覚で親子ともに思わず楽しい時間になりました。

 

あれ?この調子でトイレは楽しいって刷り込みができるかしら?スムーズにトイトレ進んじゃう?

 

と、思ったのは甘かった(笑)。うん、私もわかってた(笑)。

 

いざトイレにグッズを設置し誘ってみても、

「いかな~い」

 

「おしっこ出そうな時は教えてね」は、

聞こえないふり。

 

「うんち出たら教えてね」も、もちろんスルー。

 

シール作戦にのってきたのは初めの1回だけ。

 

濡れた感覚が分かるというトレパンを導入するも、自己申告なし。

 

「パンツかっこいいね。お兄ちゃんだね!」と自尊心をくすぐってみても、お褒めの言葉は素直に受け止めるけれど、パンツを履くという行為は断固拒否(「パンツだと漏れちゃうから」という至極真っ当なご意見を頂戴する)。

 

打つ手がない…(苦笑)。

 

▲ブランコは一人で乗れるようになったんだし、なんでもそのうちできるかな。

 

それでも、トイレに関する絵本を読み聞かせたり、「トイレに行こう」と毎日声掛けを繰り返し、気まぐれにトイレに座ってくれることは最近増えてきました。

 

マイペースな息子なので、そのうちできるようになるはず!?

しばらくは「トイレ嫌!」と思われない程度に、じっくりと長期戦で進めていくつもり。願わくば、息子のやる気スイッチが急に入って、いきなりトイレでできちゃった!みたいなことにならないかな~と、甘い夢を見てはいますが…。

 

トイトレ中のママさん、一緒にがんばりましょう!

リスニングルームmochi, カウンセラー, カウンセリング, 悩み相談, 調布, 国領, 傾聴

国領の「リスニングルームmochi」を取材

誰かに聞いてほしいけれど、家族や友だちには相談しづらい悩みやモヤモヤ、ありませんか?
キャリアカウンセラーの資格を持ち、「傾聴」という手法でカウンセリングを行っているリスニングルームmochiさんにお邪魔してきました。

詳しくは、編集部の取材記事「コサイトレポート」をご覧ください。

リスニングルームmochi, カウンセラー, カウンセリング, 悩み相談, 調布, 国領, 傾聴

Wish, ウィッシュ, 国領, 調布, 美容院, 美容室, ヘアサロン, キッズカット

「親子メニュー」で美容院デビューを応援!

国領駅から徒歩1分の美容院 Hair Healing Wish には、初めて利用する方限定で、0歳から小学生未満のお子さんを対象にした、お得な「親子メニュー」があります。

 

「赤ちゃんの髪が伸びてきて気になるけど、自分で切るのはちょっと心配」とか「イヤイヤ期で、家ではぜんぜん髪を切らせてくれない」という方は、思い切って子どもと一緒に美容院にでかけてみてはいかが? 親子メニュー以外にも、平日限定で、初めてWishを利用する6歳までのお子さんは2160円(税込)でキッズカットができます。

Wish, キッズカット, 国領, 調布, 美容室, 子連れ, ヘアサロン

Hair Healing Wishは日頃から子連れのお客さんが多いから、子どもが泣いたりぐずったりしても大丈夫。子どもの対応に慣れたスタッフさんが臨機応変に対応してくれますよ。

 

家ではうまくいかない子どものヘアカットも、美容院なら意外とすんなり成功するかも!?

ママのヘアカラーやパーマも、時間を気にせずお任せできます。

親子で髪スッキリ! オシャレなヘアサロンで気分転換してみませんか?

Hair Healing Wishの詳しい情報は、こちらをご覧ください。

Wish, キッズカット, 国領, 調布, 美容院, 子連れ, ヘアサロン