調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

子どもたちに音楽の喜びを!「調布国際音楽祭」

2019年2月4日 公開

2013年から毎年初夏に開催されている「調布国際音楽祭」をご存知ですか?

世界的に活躍する音楽家・鈴木優人さんがプロデュースを手がける、クラシック音楽を中心としたお祭りです。

 

「調布に世界中から人が集まると同時に、調布から世界に音楽を発信する」音楽祭を、調布のまちの人たちと一緒に創り上げたいという思いをもつ、調布出身の鈴木優人さん。

 

クラシック音楽が好きな人も、馴染みのない人も…そしてもちろん、子どもたちも♪

みんなが色々な形で参加できる、楽しめる!!

そんな「調布国際音楽祭2019」の記者会見が、2月1日(金)、文化会館たづくりにて行われました。

▲「音楽の喜びをみんなで共有したい!」音楽祭の立役者のみなさんから熱い想いが語られます

 

発表された公演情報は、いずれも「調布でしか聴けない、調布だからこそ聴ける!」ものばかり。

この内容でワンコイン!?と驚きのオープニング・コンサートから、例年完売必至の深大寺本堂でのプレミアム演奏会、初心者も大歓迎のオペラ公演や、世界で活躍する演奏者たちが一堂に会するオーケストラ公演など…。

今年は調布の東京スタジアムがラグビーワールドカップの競技会場となることにちなみ、なんと「ラグビー」という曲目の演奏もあるそう!

▲監修はバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の鈴木雅明さん。この日はシンガポールからの中継!

 

「遠出しなくても素敵なコンサートに行ける」「演奏を間近で聴けて贅沢!」と毎年好評のキッズコンサートは、今年も早々にチケットが売り切れてしまうのでは…という豪華なラインナップ。

 

「うちの子は電車は好きだけど音楽は…」という方にもおすすめ!のピアノとヴァイオリンのデュオ「スギテツ」は、コンサートだけでなく、子どもたちに楽器を持ち寄ってもらい、一緒に演奏を行うワークショップを同時開催!

 

2013年から毎年開催されている「たたいてあそぼう2019」は、地元・桐朋学園大学 音楽学部 打楽器科の学生による、打楽器の魅力満載のコンサート。「音楽って、こんなに自由なんだ!」と感じる参加型のコンサートで、赤ちゃんも楽しめますよ♪

 

ねんドル・岡田ひとみさん出演のコンサートは、普通のコンサートとは一線を画す珍しい内容。なんと、演奏を聴きながら、みんなでねんどを「こねこね~、こねこね~♪」

さて、どんなものが出来上がるでしょうか?!

▲音楽祭をともに支えてくれるボランティアも募集~!

 

「子どもたちに色々な音楽に触れてほしいと思っています。騒いでしまうかも、じっとしていられないかも…と気にせず、ぜひ一緒に楽しみましょう!子育て中のお父さんやお母さんの息抜きにも、どうぞいらしてください」(エグゼクティブ・プロデューサー・鈴木優人さん)

 

「小さなお子さんがいらっしゃると、演奏会などに出かけるチャンスが中々少ないのでは。音楽祭にはどなたでも立ち寄れる無料公演や、保育サービスもありますし、もちろんキッズコンサートはどれもおすすめですよ。ぜひ親子でお越しください」(アソシエイトプロデューサー・森下唯さん)

 

今年の開催期間は6月23日(日)から30日(日)まで。

親子で音楽の喜びや感動を共有する、かけがえのない時間をぜひどうぞ。

 

詳細は、2月中旬に公開予定の調布国際音楽祭2019公式ウェブサイトで発表されます! 続報をお待ちください♪

 

ページトップへ