調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

子どもが参加できるワークショップも「移動式えねこや」

2019年3月8日 公開

みなさんは「えねこや」をご存知ですか?

「えねこや」とは、太陽光パネルと蓄電池、暖房にはペレットストーブを導入するなど、まさに自然のエネルギーだけで心地よく暮らせる「家」のこと。調布市深大寺にある一般社団法人えねこや(外部リンク) では、この「えねこや(エネルギーの小屋)」を地域に拡げ、「地球にやさしい暮らし」の提案と「自然災害にも負けないまちづくり」を目指して活動しています。

▲深大寺にある「えねこや」。団体の活動拠点になっています。

 

そしてこのたび「移動式えねこや(動くおうち)で、地球にやさしい暮らしを提案したい!」という思いから、太陽光発電パネルと蓄電池で電気を自給自足する木製の移動式えねこや(トレーラーハウス)製作のプロジェクトが進行中。クラウドファンディング実施中です。

 

今後は、4月の週末に数回、深大寺の境内(深沙の杜)にて小屋づくりワークショップを開催予定。参加者の皆さんと楽しく製作しながら4月末の完成を目指します。楽しい活用のアイデアも一緒に考えていけたらいいですね。それはたとえば「えねこやカフェ」だったり「えねこやギャラリー」だったり「ワークショップのスペース」だったり…。自然エネルギーで蓄電した電池で災害時にはスマートフォンの充電だってできますから、災害時の活用法もいろいろありそう。

「子ども達の未来のために、CO2の排出量を抑える『脱炭素社会』の実現は、待ったなしの課題です。世界が再生可能(自然)エネルギーに大きくシフトしているいま、私たち一人ひとりには何ができるのでしょうか?楽しみながら自分の暮らし方を変えていく、移動式えねこやがそのヒントになることを願っています」(えねこやメンバー・菅野千文さん) 

クラウドファンディングでは、「移動式えねこや」の製作費の一部(木製小屋部分の材料費)をサポートすることができます。募集期間は3月30日まで!

●問い合わせ

一般社団法人 えねこや 代表・湯浅 剛

〒182-0011 東京都調布市深大寺北町2-28-6(株)アトリエ六曜舎内

TEL:042-483-8686  / FAX:042-444-7071

 

ページトップへ