調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

調布で楽しむ♪ブルーベリー狩り

2019年8月2日 公開

調布市内には毎年7月から8月にかけてブルーベリーの摘み取りを体験できる観光農園がいくつかあります。そのうちの1つ、深大寺近くの「篠宮果樹園」さんに、コサイト編集部員が4歳の娘と2歳の息子を連れて、実際に体験してきました。


 
▲深大寺近く、住宅街の中にある「篠宮果樹園」さん。

 

篠宮果樹園さんは、開催シーズン中の毎週土曜日に開園しています。予約不要なので、子どもの当日の体調や天候と相談して決行できるのが、乳幼児のいる家庭には嬉しいところ。

 

受付をして入園料を払ったら、早速農園の中へ。

 ▲およそ300坪の畑に、12品種210本のブルーベリーが無農薬で栽培されています。

 

農園では自由にブルーベリーを摘み取り、重さに応じて買い取ります。農園の篠宮功さんによれば「美味しいブルーベリーを見分けるポイントは、青黒くなっている実を選ぶこと。触ると簡単にぽろっと取れることが完熟の目安です」とのこと。

▲赤い部分がある実は未完熟!

 

子どもたちもはじめはどれを選べばいいのか慎重に観察していましたが、何度か教えるうちに完熟の実を見分けられるように。

パリッとした食感が特徴の「クライマックス」や芳醇な香りの「フェスティバル」など、品種によって味わいの異なるブルーベリー。食べ放題ではありませんが、好みの品種を見つけるための試食はOKとのこと。

▲摘み取りの合間には、緑のカーテンの下の休憩所で水分補給も忘れずに。

 

小一時間摘み取りを楽しむことができました。娘は「なんだかブルーベリー狩りの達人になってきた!」と自信満々の様子。

▲大きな果物と比べてたくさん摘むことができるのも、子どもには嬉しかったようです。

▲摘み取ったブルーベリーは、グラムに応じて買い取り価格が決まります。

 

「摘みたて完熟のブルーベリーの美味しさをぜひ味わってください。生食はもちろん、実は凍らせてシャーベットのようにして食べるのも美味しいんですよ」(農園代表・篠宮功さん)。

 

篠宮果樹園では、2019年は8月下旬頃までブルーベリー狩りを楽しめる見込みということです。閉園が早まる可能性もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

 

調布市内には、ブルーベリーのほかにもいろいろな果物狩りが楽しめる農園があります。夏休み後半にはぶどう狩りのシーズンに突入!ぶどう狩りは、はさみを使用しますので、小さなお子さんと体験する際は、大人の方が補助するなど気を付けてご参加ください。

 

調布市内のブルーベリー観光農園

篠宮果樹園(深大寺南町5-13-1 042-482-5781

中村農園(飛田給2-43-1 042-498-6212)※2019年は既に終了

調布柴崎ブルーベリー農園(柴崎1-54-8 042-499-2151転送電話になります)※2019年は8月中旬頃開園予定。詳細はお問合せください。

 

8月中旬頃からはブドウ狩りシーズン!

調布市内のブドウ狩りが楽しめる観光農園

馬部ぶどう園(深大寺東町7-5-1 042-487-8825)※2019年は820日頃から開園予定

山内ぶどう園(若葉町3-28-7 03-3300-5741)※2019年は825日のみ開園

 

夏休みは、地元の「果物狩り」へぜひおでかけください。

ページトップへ