調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

1950年に設立された、伝統ある幼稚園。キリスト教の教えに基づき、豊かな心、考える力、たくましく生きる人間性の基礎を育成。興味や関心を広げる取り組みとしての「科学あそび」など、「いろいろな体験ができる」ことを重視した保育を実践しています。敷地内には広々とした芝生広場、武蔵野の雑木林など自然豊かな環境。外遊びも思い切りできる、恵まれた環境が魅力です。卒園後は併設の小学校への内部進学制度もありますが、外部の小学校への進学も応援しています。

コサイトinterview

2017年4月から園長に就任された、小田伴子先生にお話を伺いました。
「前職は晃華学園小学校の副校長です。初めての幼稚園ですが、とにかく子どもたちが可愛いし、優しいと感じています。幼稚園では日々のお祈りを通して『感謝』していますので、それが子どもたちのやわらかい気持ちに繋がっているのではないかと思っています」

そして、元気いっぱいですね!
「先日も裸足で泥んこ遊びを楽しんでいましたが…ずいぶんと泥んこでびっくりするほどでした(笑)。子どもたちには、いろいろな遊びを通して体験の幅を広げ、『感じる心』を耕してもらいたいと思っています」

自然環境にも恵まれています。
「園庭の奥に広がる芝生広場では、子どもたちは自由に花を摘んだり、走ったり、転がったり自由に遊べたりします。中学高校エリアともつながっているので、先日も高校生が子どもたちと一緒にシャボン玉で遊んでくれました。学園ならではの、ちょっと自慢な光景です」

先生のご専門である音楽も、子どもたちに伝えていきたいとお考えですか?
「子どもたちには、とにかく音楽を楽しんでほしいと思っています。音楽が聞こえてきたら思わず身体が動いたり、歌ったりしたくなるような。保護者の皆さんとも、ご一緒に歌う機会が持てたらなあと思っています」

コサイトreport

蔵書10000冊を誇る図書室では、園児は毎日1冊ずつ借りることができます。
取材した日も、たくさんの子どもたちが図書室へ。

たとえば「せんたくかあちゃん!」などと絵本のタイトルを連呼しながら本棚に直行する子、「今日はおばけの本を借りるの」と端から丹念に探す子、手にとった絵本の表紙をじ~っと見て満足そうに微笑む子…。
本の選び方は子どもによっていろいろです。この本を借りると決めたらカウンターへ行き「お願いします」。貸し出しカードに名前を書いてもらって手続き終了。

「借りた絵本は、お母さんやお父さんと一緒に読んでね、と伝えています」と主任の山口陽子さん。親子のかけがえのない時間ですね。子どもたちの日常の中に、自然な形で絵本がある様子を目の当たりにした一日でした。(取材・竹中裕子)

名称晃華学園マリアの園幼稚園
所在地調布市 佐須 5-28-1
電話042-485-0040
アクセスつつじヶ丘駅 バス 
つつじヶ丘駅より京王バス深大寺行き「晃華学園」下車徒歩5分
休み日曜日
駐車場0台
なし
料金入園料・学費についてはHPをご覧ください。
対象年齢3歳~5歳
利用方法幼稚園のHPを確認するか、直接お問い合わせください。
利用メニュー給食 なし

送迎バス あり(4コース)


未就園児クラス他
つぼみサークル
未就園児対象の体験保育。在園児や先生と一緒に室内遊びや手遊び、絵本の読み聞かせなどをして楽しみます。保護者も一緒に参加。予約制で、5、6、7、9、10、2月の午前中に実施。申し込みはこちらから。

園庭開放
朝の時間帯(9時から9時45分まで)に、園児と一緒に園庭で遊び、幼稚園の楽しさを味わうことができます。
日程はこちらから。


預かり保育など
にこにこくらぶ」(保育時間後・有料)
月曜日、火曜日、木曜日、金曜日 17:00まで延長保育を実施しています。


課外活動(保育時間後)
「スポーツクラブ」(有料)
月曜日:年長 13:50~14:50(15:30まで預かり可) 
火曜日:年少13:50~14:50 年中14:50~15:50
正課の体育あそびの先生と一緒に楽しく体を動かし運動能力を育みます。

「サッカー教室」(有料)
水曜日:年中長 12:45~13:45

「そふぃあタイム」
英語あそびやリトミック、日本文化を知る「筆あそび」を保育中に行っています。
ホームページhttp://www.kokagakuen.ac.jp/kokayochien/
その他晃華学園マリアの園幼稚園のホームページでは、日々の幼稚園の様子を、園長の小田伴子先生が毎日写真とともにご紹介しています。
ページトップへ