調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

調布若竹幼稚園では、子どもの発達に即して必要な生活体験ができるよう、さまざまな活動の場面に応じた指導が実施されています。特に通年で利用ができる温水プールでは、水を教材の一つとして捉え、慣れ親しむ過程から様々な学びを得る場として活動を実施。また、自然に触れることを目的に、折々に園外へと出かけています。毎年4月に行われている「多摩川遠足」は、創立以来の恒例行事となっています。

コサイトinterview

2017年には設立52年目を迎えるという調布若竹幼稚園。
「園を設立したのは私の父。子どもが社会の荒波にも負けない『たくましい人に育って欲しい』という思いがありました。その理念は今でも続いていて、たとえば屋内温水プールを使ったプール活動もその一つです。私たちは『水の保育』と位置づけ、水に親しみ、楽しさを感じてもらうことを第一に、そして安全には十分配慮しながらプール活動を実施しています」

日々の保育で大切にしていることは?
「とくに年長になってからは、自分たちで考えて生活を創りあげられるよう促しています。たとえば『お泊り保育』の前にみんなで夕食は何にするか、買い物はどうするかなど話し合います。いろんな意見が飛び出しますよ(笑)。行事そのものはもちろんですが、プロセスも大事にしたいと思っています」

お母さんたちの活動も盛んですね。
「入園した方全員が参加する保護者の会『母の会』があり役員や係をお願いしています。そういった役を受けるのは不安もあると思いますが、保護者同士のつながりづくりはもちろん、園の様子を垣間見ることもできます。他に水泳部、卓球部、写真部というサークル活動も盛んです。お母さんたちは、ぜひ、幼稚園のサークル活動を通して楽しいひとときを持っていただけたら嬉しいです」

コサイトreport

4月に開催された、未就園児対象の「幼稚園で遊ぼう会」に2歳の息子と参加しました。同じ年頃の子ばかりかと思いましたが、1歳半くらいの子どもたちもたくさん(※)。

まずは自由遊び。外遊びが大好きな子どもたち、広い園庭で思い思いに遊びます。折々に先生が子どもの様子を見て声をかけたり、遊びを補助してくれたり。先生たちの優しい見守りを感じながら、近所の公園にない回転遊具に初挑戦した息子も、お友達と笑顔で遊べました。
その後教室へ。みんなで元気に踊ってから、帰りの会。絵本を読んだり、名前を呼ばれておたよりを受け取ったりする様子を見ている私はひと足早い保育参観気分。楽しく遊び、園の雰囲気を感じることができた1日でした。(取材:河内志保)

※「幼稚園で遊ぼう会」は2019年度の実施を見合わせています。

名称調布若竹幼稚園
所在地調布市国領町6-28-8
電話042-483-1735
アクセス国領駅 徒歩 10分
布田駅 徒歩12分
休み土曜日(登園日あり)・日曜日
対象年齢3歳~5歳
利用メニュー給食 なし。調布若竹幼稚園では、自宅を離れて園で生活している中で昼食の時間はお弁当を通してお母さんのことを思い出す大切な時間と位置づけています。

送迎バス あり

未就園児参加行事など
就園前の子どもが在園児とともに自由に遊んだり、活動に参加できる時間があります。
●プレ保育(親子ふれあいサークル)
●園庭開放
●園公開
●運動会(未就園児参加競技あり)

課外活動 
在園児が利用できる「体操教室」を実施しています。

延長保育 2020年度導入予定
ホームページhttps://waka-take.com/
その他●屋内温水プール(園舎内)年間を通してプール活動を行っています。

●入園説明会
2019年7月23日(火)、8月24日(土)
詳しくは調布若竹幼稚園「入園説明会」のページをご覧ください。
ページトップへ