調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

子育てお悩み相談室

第1回
初めての熱!どうしたらいいの?
初めての熱!どうしたらいいの?

2015年3月31日 公開

まだ熱を出したことがありません。熱が出たらあわててしまいそうで心配です。(3カ月女の子のママ)

 

回答:佐々木伸彦先生(佐々木こどもクリニック)

 

赤ちゃんが初めて熱を出すのは、生後数カ月ごろからです。子どもの熱の原因の多くが感染症によるもので、ほとんどが風邪です。赤ちゃんは体温の調整機能が未熟なので、気温の影響も受けやすいため夏は熱が高めになり、冬はそうでもなかったりするのです。目安として、赤ちゃんの場合は37度5分以上38度までは「微熱」、38度以上で「発熱」していると判断します。

熱があって心配なとき、病院があいている時間帯ならすぐに病院へ連れて行ってください。問題は夜以降に熱が出たときの対応ですよね。元気があって母乳やミルクをよく飲み、呼吸も安定しているようなら、朝まで待っても大丈夫でしょう。どうしても判断できないときは、病院へ連れていく前に電話で相談してください。相談は救急病院か、東京都医療機関案内サービスひまわり(外部リンク)小児救急電話相談#8000(外部リンク)を利用するといいでしょう。

私は、解熱剤は生後6カ月未満の子どもには使いません。対症療法であり、病気を治す薬ではないからです。解熱剤を使うことで、病気の診断に必要な体温の変化もわからなくなります。また、小さい子どもは薄着にして冷やすだけでも体温は下がりやすいものです。
解熱剤は高熱(生後6カ月から小学生までは38度5分、中学生以上は38度以上)で、ぐったりしていたり水分がとれないときに、薬の量に応じて6〜8時間ほどあけて使用するのが原則です。

6カ月未満のお子さんが高熱のときには、薄着にして首筋、両脇、足のつけねなどを冷やすといいでしょう。「熱を出させると病気が治る」といって厚着をさせたり室温を上げるのは逆効果。高熱で脱水になる心配があります。

もうひとつ、ママやパパに知っておいてほしいのが、赤ちゃんに比較的多く見られる「熱性けいれん」です。熱の上がりぎわに、身体ががくがく、びくんびくんするといった症状が現れるので、初めてのときは誰もがびっくりします。しかしこのけいれんはあまり心配のないことが多いのです。たいていは数分でおさまります。5分以上おさまらないようなら、救急車を呼んでください。

けいれんしている間は、まわりに危険なものがないところに仰向けに寝かせて様子を見ておけると、後の診断に役立ちます。とはいえ、そこまで冷静でいられる親御さんは少ないかもしれませんね。

 residentimage31

バックナンバー

第17回2019年7月29日
困ったときの離乳食レシピ【後期・完了期】
第16回2019年7月29日
困ったときの離乳食レシピ【初期・中期】
第15回2017年1月24日
受験本番直前!今、親ができること
第14回回答:西牧たかねさん(元調布市立中学校教諭・ 調布市子ども・若者総合支援事業学習コーディネーター)2016年11月4日
思春期の「目は離さない」子育てとは
第13回回答:西牧たかねさん(元調布市立中学校教諭・ 調布市子ども・若者総合支援事業学習コーディネーター)2016年10月7日
思春期の子育て 「手を離して目を離さない」って?
第12回回答:保育士 徳田武史さん・沼澤弥生さん・田村明子さん2016年9月9日
お友達とおもちゃの取り合いばかり…
第11回回答:保育士 徳田武史さん・沼澤弥生さん・田村明子さん2016年8月19日
食事中に気が散ってしまいます
第10回回答:保育士 徳田武史さん・沼澤弥生さん・田村明子さん2016年7月25日
暑い夏の過ごし方
第9回回答:教育支援コーディネーター 吉本裕子さん2016年7月11日
小学生になったら(その2)
第8回回答 教育支援コーディネーター 吉本裕子さん2016年7月2日
小学生になったら(その1)
ページトップへ