調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

臨床心理士竹厚誠さんによる訪問型の発達の総合サポートサービス。「発達障害」に限らず、少しでも気になることがあればどなたでも相談ができます。対象は乳児から成人まで。各種心理テストによる評価や発達や学習サポートの相談、成人カウンセリングなど幅広いサービスを提供。自宅への訪問(原則として東京都内。近郊は要相談、来室も可能)を通して一人ひとりに丁寧に寄り添い、得意に注目することで自尊心を育て、発達を促すサポートを目指します。必要に応じて専門機関の紹介も。

コサイトinterview

なぜ臨床心理士に?
「実は、まったく違う分野の仕事をしていたのですけれど、たまたま臨床心理士という仕事に出会い『こんな職業があるんだ!』と感動。猛勉強して社会人大学院に入り、臨床心理士の資格を取りました」

すごい行動力!なぜ訪問型のApilaを立ち上げることに?
「これまで国立成育医療研究センターの勤務で数千人のお子さんと接してきました。発達障害については、いろいろな検査が行われるのですが、慣れない環境で行うと、その子が本来持つパフォーマンスを出しきれないことも少なくありません。自宅で行えば、リラックスでき、必要な療育にもつなげられると考えました。訪問時にはじっくりとお話を聞かせていただきます。発達障害かどうかに関係なく、ちょっとした発達の気がかりについてのご相談も歓迎です」

何となく「育てにくい」と感じることはありがちです。
「私自身もそうですが、子育ては悩みの連続。程度の差はあれ、みんな得意なことや困っていることがありますね。でも、その子の武器を見つけて自信が持てると、困りごとが少しずつ気にならなくなっていくこともあるのです。まずはどんなささいなことでも気軽にご相談ください!ご家族と一緒に子どもの育ちを手助けできればと思っています」

コサイトreport

来室相談の様子を再現していただきました。

閑静な住宅街にある戸建ての一室。室内にはピンクの花模様の可愛らしい壁飾りや観葉植物が飾られています。検査をする際は、30分くらいかけておもちゃで遊びながら、ゆっくりと子どもの緊張をほぐすことを大切にしているそう。これまでの豊富な経験から、一人ひとりの様子に合わせて遊びの中で「こっちはどうかな?」「すごい、できたね!」などと声掛けしながら、その子の特性や適切な検査の方法などを探っていきます。

「子どもはみな成長します。その可能性を信じてサポートしていきましょう」(竹厚さん)

竹厚さん自身も男女2児の父。親が感じる「不安」への理解があるからこそ、時間をかけて丁寧に対応したいという熱い思いを感じました!

※ご家族に撮影のご協力をいただきました

名称こどもとおとなの訪問発達サポート Apila
所在地三鷹市 大沢 5-16-8
大きな地図で見る
電話0422-30-5799
メールqq8s9bbd@song.ocn.ne.jp
開所時間ただしご自宅の訪問がメイン
①9時30分~12時00分
②13時30分~16時00分
③17時30分~20時00分
ホームページURLhttps://hattatuapila.xsrv.jp
その他●サービス内容
①各種心理テスト(発達・知能検査やパーソナリティ検査など)による評価
②継続サポート(お子さんのソーシャルスキルトレーニングや学習サポート、発達相談、臨床心理士による保護者カウンセリングなど)
③訪問講演

※料金は子どもの年齢やサービス内容によって異なりますので、「こどもとおとなの訪問発達サポート Apila」の 公式HPをご覧ください。
ページトップへ