多摩ファミリーアカデミー

子どもにかかるお金のこと、考えてみませんか?

ファイナンシャルプランナー(FP)によるコンサルティングサービスを提供する「多摩ファミリーアカデミー」が、6歳以下の子を持つママに向けてマネーセミナーを開催しています。

 

8月のテーマは、教育と働き方。

習い事や受験にかけるお金をどう考えたらいいのか、子育てしながらスマートに働くためのライフプラン術など、自身も子育て中という代表の井上貴広さんが講師となり、最新の教育事情や地域のトレンドを含めて解説。教育費や住宅費、将来への備えなど「お金」の悩みや不安を抱いている方にピッタリの内容で、1回ずつの単発講座だから気軽に受講できます。

 

ただいま8月下旬のセミナー(子連れ参加OK)の申し込みを受付中! 気になる方は イベントページ で日程をご確認のうえ、お早めにお申し込みください。

産前産後のマイナートラブルケア&お悩み相談も

産前産後の体や心は不安定。産前にはつわりや腰痛、産後には乳腺炎や腱鞘炎など日常生活に支障が出てしまうこともあります。また、日常生活に影響が出るほどではないけれど、なんとなく体が重い、疲れやすい、気持ちが落ち込みやすいなど、いろいろなお悩みを抱えがち。そんな時には、助産師の力を借りてみてはいかがでしょう。

調布市入間町にある「産前産後助産院moegi」では、助産師の森崎真澄さんがひとりひとりに寄り添い、母乳ケアや授乳相談、育児相談やマイナートラブルケア、デイケアなどを行っています。オンライン相談にも対応しているので、外出ができない場合でも利用OK。妊娠前の相談にも乗ってくれますよ。

 

また、さまざまなワークショップも随時開催しています。たとえば小豆袋のアイマスクを作ったり、悩みや不安を抱える人が多い帝王切開について語り合ったり、薬膳の講座や映画の上映会なども。

もちろん乳幼児連れでの参加もOK。周りを気にすることなく、ワークショップを楽しむこともできます。

     ▲ワークショップは心づくしのお茶とお菓子も。

 

妊娠前から産後にかけてのちょっとした困りごとから気になるマイナートラブルまで、産前産後助産院moegiに相談してみてはいかがでしょう。

どうする? 子どもの教育費やママの働き方

これからかかる「お金」や今後の働き方について、漠然とした不安を抱えている方も多いのでは? 子育てママ向けにマネー講座を開いている多摩ファミリーアカデミー代表の井上貴広さんによると、産休・育休中に「お金」や「働き方」について勉強しておこうと考えるママが増えているそうです。

 

どんなことを学んでいるのか。セミナーの様子は?

 

編集部員によるインタビューとレポートをぜひご覧ください!教育費, 子育て, 働き方, 家計, マネー講座, セミナー

【新着】2019年5・6月公開の「まち情報」

コサイト編集部が取材してご紹介している「まち情報」の新着情報です!

 

鬼太郎ひろば

京王線線路跡地、調布駅から西調布方向へ向かい、鶴川街道を越えてすぐ。鬼太郎の仲間たちに会いにいってね。オープニングセレモニーの様子はこちらもお読みください。

▲オープン当日は大変な賑わいでした。

 

nu.norm 世田谷通り沿い店

布おむつを気軽にレンタルできるヌノーム。届けてくれて回収もしてくれるので楽ちんです。インタビュー・レポート記事を掲載中。紙おむつとの併用プランも。

 

産後ドゥーラ 今利由季

産後の暮らしをサポート!編集部スタッフのレポート公開中。産後すぐの家事や育児をサポートしてもらうことで、ぐっと楽に。

とても自由!マザリーズ助産院の「バースプラン」

今、出産は病院で…という人がほとんどですが、いっぽうで「助産院や自宅で生みたい」と考える人たちもいます。実際、少ないながらも東京都内では年間600件ほどの助産院出産、自宅出産があるのだそう。

調布市にあるマザリーズ助産院の助産師・棚木めぐみさんも、これまでたくさんの赤ちゃんを助産院や産婦さんの自宅で取り上げてきました。助産院や自宅で出産する魅力の一つが、病院での出産では実現しづらい希望も、実現可能だということ

 

マザリーズ助産院の「バースプラン」はフリースタイル。

 

「特別なフォーマットはありませんので、みなさん思い思いに書いています。あるママのバースプランには『赤ちゃんに最初に聞かせる音は夫のギター』とあり、ミュージシャンのパパがお産の最中オリジナル曲を熱烈に奏でていらっしゃいました。ある映画監督のパパはママのお産を激写されていましたよ」(棚木さん)

 

おお、かなり自由ですね!棚木さんによれば「最低限かつ必要な医療行為の妨げにならなければ、プロのカメラマンさんを分娩室に依頼することも可能です」とのこと。家族や友人など、お産に立ち会う人に制限はありませんとのこと。

 

そして実際に、マザリーズ助産院の利用者さんが書いたバースプランがこちらです。

 

バースプランの段階からお産が楽しみ!という気分が伝わってきますね。

「バースプラン同様に、分娩室での自由が保障されると、女性は解放されて、実にいいお産をすることが多いように感じています。赤ちゃんが娩出した直後に『気持ちいい~!』って叫んだ方もいました。そうか、お産って気持ちいいんだった、女性の『性』の集大成だもの…と私は今日も、多くの学びを感動しながら、目の前のママさんから得ています」(棚木さん)

 

ご紹介したバースプランには「自分でとりあげてみたい」と書かれていますね。実際には助産師さんが赤ちゃんの頭が出るまでサポートし、そのあとゆっくり赤ちゃんの脇が出るくらいになったら、その先はママが赤ちゃんを抱き取れるように誘導することになるのだそう。

 

マザリーズ助産院では、助産院出産だけでなく「オープンシステム分娩」という選択肢もあります。静かな住宅街に立つ助産院での入院生活は、家族一緒に過ごすことができ、手作りの食事も美味しいと評判で、利用者から絶大な支持を得ています。これから出産を迎える方は、一度ご相談してみてはいかがでしょう。

 

 

利用者に聞く マザリーズ助産院の出産&産後ケア

助産院でのお産にどのようなイメージをお持ちでしょうか。

 

調布市深大寺北町の緑豊かで静かな住宅街にある「マザリーズ助産院」では、妊娠中から出産、産後まで代表助産師の棚木めぐみさんによる手厚いサポートを受けることができます。気になる助産院でのお産とは?その一端をご紹介するべく、お産や産後ケアを実際に体験したお二人から寄せられた体験記をご紹介します。

 

「陣痛の合間も眠気がくるほど」にリラックス

 

「初めてのお産はドキドキもありましたが、産前から棚木さんが教えてくださったこと1つ1つが私の心配を取り除いてくれました。とくに『生まれる直前まで陣痛の間には休憩がある』という言葉は、私の気持ちを軽くしてくれました。陣痛が来て助産院に到着すると、お茶やフルーツを出してくださり、好きなように過ごすことができました。ちょうど花火大会の日だったので、2階のベランダから見せてもらったり。いよいよ痛みが来たときも、それまで教えてもらったことを実践。間には眠気がくるぐらいリラックス!『上手だよ』『そうそう』と褒めてくれる棚木さんの言葉に支えられました。旦那さんも仕事を早めに切り上げて駆けつけてくれて、最後はバーススツールでの『座産』に。眼の前でかわいい赤ちゃんの誕生をしっかり見ることができました」(Mさん)

 

お産のスタイルも助産院ならでは。それぞれの希望に沿ったお産をサポートしてもらえます。

 

まるで家にいるような「入院」生活

 

マザリーズ助産院は、一戸建ての住宅を助産院として使っているので、産後の入院もとてもゆったり、リラックスして過ごせます。すべて手作りのお料理は美味しいと、マザリーズでのお産経験者のみなさんが口を揃えて言います。

 

「入院は平和な空気の和室で、棚木さんの温かいお声がけやアドバイス、栄養満点の美味しいお食事やお夜食…とても充実した5日間でした。お産直後で起き上がれないときには、夜中のオムツ替えで何度も棚木さんに来ていただきました。家にいるような感覚で、心も身体もゆったり過ごすことができました」(Mさん)

 

魅力がいっぱい「至福の」産後ケア

 

助産院でお産をしていなくても利用できるのが「産後ケア」。マザリーズ助産院でケアを受けたKさんからも、喜びの声が届いています。

「昨年4月長女Y奈を出産。長男の時にはなかった産後ケアは魅力的すぎました!一番は格安で母乳ケア、体のマッサージ、おやつ、食事、沐浴をしてもらえます!次にお風呂。赤ちゃんは見ててもらえる安心感があり、気にせずゆっくり浸かれます!助産師さんイチオシの漢方が入っていて香りも身体に良さそうで、すごくポカポカ!私は45分も入ってスッキリ!大盛り美味しいランチも至福ですよ。また利用したくて出産したくなります」(産後ケア利用者・Kさん)

 

おうちのような助産院だから、心身ともにリラックスできるのですね。産後、身体は想像以上に疲れているといいます。しっかりケアをしてその後の子育てへの力になるといいですね。

▲和室のほか、2階には洋室も。

マザリーズ助産院でのお産や産後ケアに関心のある方は、ぜひ一度お問い合わせください。

 

身体のケアはお早めに!子育て割引も継続中

仙川駅から徒歩1分のところにある西村スポーツマッサージでは、プロアスリートや小中高校生、育児中のママやパパ、シニア世代まで幅広い患者のケアを行っています。

院長の西村航さんは元バスケットボール男子日本代表チームトレーナーとして世界を駆け回った経験を生かし、プロアスリートのケアやセミナーを行うだけでなく、日常生活で慢性化してしまった肩こりや腰痛、腱鞘炎などのお悩みに対しても西洋医学と東洋医学の両面からアプローチをかけ、施術を行います。

 

「私自身も2人の子どもを育てるパパなので、育児の大変さは痛感しています。子連れの来院も歓迎しています。ベビーカーでの来院も、院内でのミルクの調乳や離乳食などにも対応していますよ。ガチガチの肩や腰がふわふわになるよう一人一人の体調に合わせて施術します」(西村院長)

予約制なので周りに気兼ねすることなく子連れで施術を受けることもできます。子育て割引も継続中なのもありがたいポイントですね。

 

日々寒さが増してくる季節、痛む場所はしっかりとケアをして冬に備えてはいかがでしょう。

子連れにやさしい「うらの歯科」を取材!

京王線千歳烏山駅から徒歩1分のところにある「うらの歯科」に編集部員がお邪魔しました!

「子連れでも妊娠中でも遠慮なく診察に来てほしい」という子育て世代にとてもありがたい考え方の歯科医院。

取材の様子はまち情報に掲載中!ぜひ「コサイトレポート」をお読みください!         

「産前産後助産院moegi」をレポート!

DSC_1843

入間町にある「産前産後助産院moegi」に編集部員がお邪魔し、施術の様子を見学させていただきました!助産師の森崎真澄さんは、産前産後に現れる心や体の変化に柔軟に対応しています。施術してもらうママはとても気持ちよさそう♪聞き上手な森崎さんと話をしていると、もっともっと聞いてもらいたいと感じます。

 

リラックスできる室内で、赤ちゃんと森崎さんに心が洗われるようでした。

 

取材の様子はまち情報に掲載中!ぜひ「コサイトレポート」をお読みください!

ママだからこそ健康チェックを!子宮頸がん・乳がん検診無料クーポン

子どもの体調には敏感だけれど、自分の体はついつい無理をしてしまいがちなママ。

実際に「ちょっとくらい大丈夫!」と無理をしたために、後で「やっぱり健康第一だなぁ…」と実感した経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

子どもの成長を長く見守るためにも、何よりも健康が大切ですね。

 

調布市では対象年齢の方に子宮頸がん検診または乳がん検診を無料で受診できるクーポン券を、6月末に送付しています。

 

子宮頸がんは若い年代の方に急増していて、特に20代前半においてはかかる人が20年前に比べて2倍に増えています。また日本では11人に1人が乳がんになるといわれている時代。どちらも検診などにより早期発見・早期治療することで治すことができると言われています。とはいえ、平成29年度の調布市のクーポン券を利用した受診率は、乳がん検診では22.7%、子宮頸がん検診に至っては6.3%と決して高くはありません。

 

調布市民の健康を支えている「調布市医師会」の広報担当、貫井清孝先生は「調布市ではクーポン券に加えて、対象年齢によっては無料で受けられる各種がん検診が実施されています。病気は早期発見が何よりも重要。受けられるタイミングを逃さず、受診してください」と強くすすめています。

 

子どもたちと健康で楽しい毎日を送るためにも、ついつい後回しになってしまいがちな自分の健康を見直す機会にぜひご利用ください!

 

 ———————————————————————————-

子宮頸がん・乳がん検診無料クーポン

 

【対象者】

調布市に在住で、平成30年4月2日から平成31年4月1日までの間に下記の年齢に達する女性

 

【子宮頸がん検診の対象年齢】

21歳(生年月日が平成9年4月2日から平成10年4月1日までの方)

 

【乳がん検診の対象年齢】

41歳(生年月日が昭和52年4月2日から昭和53年4月1日までの方)

 

【検診の受診期間】

平成30年7月2日(月曜日)から平成31年2月28日(木曜日)まで

受診期間末は検診が大変混み合います。医療機関の定員によっては予約できないことがありますので、極力12月までに御予約をおねがいします。

 

※詳細はこちらやお送りしたクーポン券に同封されている「無料検診対象者へのお知らせ」をご覧ください。