調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

「リゾートのように暮らそう」をコンセプトに、インドネシアの輸入家具や雑貨などを取り扱うインテリアショップ。300坪の店内には、現地の職人手作りの木製テーブルやラタンソファなどのほか、洗面台やタイルなどの建材も取りそろえています。インドネシアのおもちゃで遊べるキッズスペースがあり、子どもは楽しく、大人はゆったり買い物ができそう。自然素材で作られた雑貨は、どんなインテリアにもなじみやすいのが魅力です。

コサイトinterview

インテリアスタイリストの和田史恵さんにお話を伺いました。

家具店というと、どうしても価格が高いので気楽に入れないイメージがあるのですが…。

「当店では大型家具だけでなく、クッションカバーなどのファブリック製品、食卓まわりの雑貨や収納ボックス、ラグなどを豊富に取り揃えています。通路が広くベビーカーのまま店内をご覧いただけて、キッズスペースもあるので小さいお子さま連れのママ・パパも多く来店されますよ。お散歩や買い物のついでに、気軽にいらしてください」

KAJA調布店は店舗がとても大きいですね。

「倉庫を併設していますからね。KAJAの家具は一つ一つ手作りなので、同じ規格の商品でも木目の見え方が違うなど、微妙な違いがあるところが味わい。在庫している家具からお気に入りをお選びいただけるのが当店のメリットです」

子育て世代に人気の家具は?

「特に無垢材で作られたダイニングセットが人気です。サイズオーダーも可能なので、家を新築するタイミングで来店される場合は、図面が出来上がる前にご相談いただくと、お部屋のイメージに合わせて設計できご自宅完成後の満足度が高いと思いますよ。もちろん完成後のご自宅をコーディネートすることもできます」

コサイトreport

入り口付近には、天然素材の収納ボックスなど生活雑貨が並び、KAJA初心者の私でも手に取りやすいものばかり。かごや小物入れなどでよく見かけるアジアン雑貨の定番「アタ」製品は種類が豊富で、「汚れても水洗いできますよ」とスタッフさん。ランチョンマットを購入して早速食卓に出したら「お店みたい!」と家族が喜んでいました。

広い店舗の奥には、照明が落としたフロアにまるでリゾートホテルのように家具が配置されていて、眺めているだけで非日常を味わえます。丸い花のようなデザインのシェルペンダントランプからキラキラと光がこぼれ、すっかり心を奪われてしまいました。一般的なマンションの我が家にも合いそうなので、まずは照明器具から取り入れてみようと思います。

名称インテリアショップ KAJA(カジャ) 調布店
所在地調布市 深大寺元町 2-5-2
大きな地図で見る
電話042-440-8260
FAX042-440-8261
ホームページURLhttp://www.kaja.co.jp/
休み無休
(12月28日〜1月2日まで休業)
営業時間10:00〜19:00
アクセス調布駅 バス 10分
調布北口からバス乗車「佐須」下車徒歩5分
中央自動車道 調布IC下車すぐ
駐車場駐車場完備
ページトップへ