調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

母子健康手帳

医師または助産師による診断を受けて妊娠がわかったら、できるだけ早く「妊娠届」を提出しましょう。
「妊娠届」を出すと、母子健康手帳と妊婦健康診査、妊婦歯科健康診査費用が一部助成される受診票、出生通知票「わが家の赤ちゃんお知らせはがき」などが入っている、「母と子の保健バック」がもらえます。東京都外や里帰りなどで受診票が使えない場合は、還付制度があります。

※「妊娠届出書」には、妊娠週数や出産予定日、診断を受けた医師(助産師)の名前などの記入欄があります。母子健康手帳の受け取りの時期は、診断を受けた医師(助産師)の指示に従って届け出ましょう。

 

届け出場所 
健康推進課(保健センター)・子ども家庭支援センターすこやか市民課(外部リンク)神代出張所(外部リンク)

※健康推進課と子ども家庭支援センター「すこやか」では、保健師等による調布市の母子保健サービスの詳しい説明や、妊娠中・出産後のご相談に応じています。

なお、妊娠届出書の提出と「ゆりかご調布」事業の面接は同時に行えます。調布市では、できるだけ健康推進課または子ども家庭支援センター「すこやか」への届け出を勧めています。

 

持ち物
①個人番号確認書類(いずれか1点)
 マイナンバーカード(個人番号カード)、通知カード、個人番号付の住民票

②本人確認書類(いずれか1点)
 運転免許証、パスポートなど

妊娠届出書(PDF)各届け出場所にも用紙があります

 

問い合わせ 調布市福祉健康部 健康推進課  042-441-6081

 

「ゆりかご調布」事業

調布市では、妊婦さんが不安を軽減し安心して出産を迎え、子育て期に渡り継続的なサポートを充実させるため、妊娠届出時に妊婦さん全員に保健師等の専門職が面接を行います。出産までの準備や子育てに必要な情報を紹介してもらえるほか、妊娠・出産・育児についての相談ができます。

妊婦さん本人が面接を受けた場合に限り、調布市から育児ギフトを受け取ることができます。

 

対象者
調布市に住民登録があり、妊娠届出をしたすべての妊婦さん本人。

 

面接場所
健康推進課(文化会館たづくり西館 保健センター4階)
子ども家庭支援センター「すこやか」

 

受付日時
月曜日から金曜日 (祝日・年末年始を除く)午前9時から午後4時30分まで。面接時間は30分程度です。

 

「すこやか」への届け出、受け取りについて
子ども家庭支援センター「すこやか」 では母子健康手帳の受け取りと面接を同時に行う方のみが対象。母子健康手帳を市民課・神代出張所で受け取った場合や、妊婦さん本人以外の方が受け取った場合は、健康推進課へご予約のうえ、改めて面接をお受けください。

 

休日の面接実施について
「すこやか」及び保健センターでは、ゆりかご調布の面接を休日にも開催しています。詳しい日程はこちらをご覧ください。

 

問い合わせ 調布市福祉健康部 健康推進課  042-441-6081

 

 

DSC_5735

 

 

妊婦健康診査

調布市では、母子保健法により母体や胎児の健康確保を図るため、妊婦健康診査(外部リンク)を実施しています。
経済的負担を軽減し、健康管理を充実させることで安心して妊娠・出産ができるよう、妊婦健康診査受診表に記載のある検査項目について公費で受診することができます。

 

問い合わせ 調布市福祉健康部 健康推進課  042-441-6100

 

もうすぐママ・パパ教室

初産の方を対象に、予約制で開催されています。

平日4回コースと、土曜日1回コースを実施しています。4回コースに参加できない方は1回コースにご参加ください。

対象 初めて出産を迎えるママとパパ

【4回コース】

栄養・歯科編(妊娠中に必要な栄養・食生活について、妊娠中の口腔ケアについて、参加者同士の交流)

すこやか編(子ども家庭支援センターすこやかの見学、子育てサービスの紹介、参加者同士の交流)

赤ちゃんのお世話編(沐浴体験、パパの妊婦体験、ペアマッサージ)

助産師編(出産に向けての心と体の準備について、参加者同士の交流)

 

【1回コース】

沐浴体験、パパの妊婦体験、ペアマッサージ、子育てサービスの紹介

持ち物

母子健康手帳、筆記用具、飲み物

※動きやすいようズボンでお越しください。

日程の詳細はこちらからご覧ください。

 

会場  保健センター

 

問い合わせ 調布市福祉健康部 健康推進課  042-441-6081

 

妊婦訪問指導

高年または若年の初産の方を中心に、保健師や助産師が家庭を訪問し、保健指導が行われています。初産でない場合も、希望に応じて訪問を受けられます。

 

問い合わせ 調布市福祉健康部 健康推進課  042-441-6081

 

妊娠相談ほっとライン

東京都では、妊娠や出産に関するさまざまな悩みについて、電話やメールで相談に応じるほっとラインを開設しています。
匿名での相談ができ、看護師などの専門職が対応し、内容に応じて適切な関係機関の紹介も行っています。

 

対象

・思いがけない妊娠、予定外の妊娠にとまどっている方
・妊娠したかもしれないと不安になっている方
・妊娠中の体調のことで悩んでいる方
・出産費用が心配な方

 

相談方法

電話相談  03-5339-1133

受付時間
月・水・金曜日 午前10時から午後4時まで
火・木・土曜日 午後4時から午後10時まで
※ 祝日、年末年始関係なく相談に対応します

 

メール相談  

妊娠相談ホットライン(外部リンク)をご覧ください

 

 

産前産後期間の国民年金保険料が免除されます

産前産後期間、国民年金保険料が免除される制度があります。この制度は、免除される期間の保険料を「納付したもの」とみなされ、老齢基礎年金額に反映されるというもの(定額部分のみ免除。付加保険料は継続して納付することで、老齢基礎年金を増やすことができます)。届け出をしないと免除されませんので、対象の方は必ず市役所窓口に届け出ましょう。

 

免除の対象
出産日が平成31年2月以降の国民年金第1号被保険者

 

免除される期間
出産日または出産予定日が属する月の前月から翌々月までの4カ月間。期間内に国民年金第1号被保険者に該当する月が、1カ月でもあれば届け出の対象となります。

※多胎の場合は出産予定日が属する月の3カ月前から翌々月までの6カ月間。

※「出産」とは妊娠85日(4カ月)以上の出産のことで、死産、流産、早産された方を含みます。

 

届出時期
出産予定日の6カ月前から届け出ることができます。出産後でも手続きが可能です。

 

手続きに必要なもの

・年金手帳

・免許証などの本人確認書類

・出産(予定)日が確認できる書類

 出産前:医療機関が発行した出産予定日の証明書や母子健康手帳など

 出産後:母子健康手帳内の出生届出済み証明など、出産日、親子関係を明らかにする書類

 

届出先(郵送または直接窓口へ)

〒182-8511 東京都調布市小島町2-35-1

調布市福祉健康部保険年金課 国民年金係

 

問い合わせ先 

042-481-7062

※日本年金機構府中年金事務所でも届け出できます。

 〒183-8503 東京都府中市府中町2-12-2

日本年金機構府中年金事務所 国民年金課

042-361-1011

 

ベイビーすこやか(産前・産後ヘルパー事業)

ページトップへ