MY助産師を見つけませんか? マザリーズ助産院

出産前後に関わることが多い助産師さん。実はお産だけでなく、妊活相談、妊娠中の相談、母乳ケア、産後ケア、育児相談、赤ちゃん~思春期のお子様の性教育、大人への性教育、更年期と老年期の相談まで、女性の一生涯の健康に関わるスペシャリストです。

「10年来の馴染みの美容師さんがいるように、あなたの一生涯に伴走してくれるMY助産師を見つけませんか?」と話すのは、深大寺でマザリーズ助産院を運営している助産師の棚木めぐみさん。マザリーズ助産院ではお産や産前産後ケアはもちろんですが、それ以外にも実にさまざまな相談を受けているのだそう。

たとえば、

「パパやお姑さんとの仲が悪くてストレス」

「妊活に疲れ果ててしまった」

「わが子がかわいいと思えない」

「自分が女性であることを心から喜べない」

など、すぐには答えが出ないものばかり。

 

「女性の悩みは一人一人なんと複雑で、そして皆さん、よりよく生きようと懸命にもがいているのだなと、感動しながら傾聴して、共に泣いたり笑ったりしています。私に話すことで、少しでも心が軽くなってくださればいいなと思います」

もちろん産前産後のマイナートラブルのご相談も遠慮なくどうぞ、と棚木さん。

「母乳ケアは24時間対応しています。乳腺炎は待ったなしですから、痛くて困っているという方は090-3535-9227までお電話ください」

 

最近では「性の多様性」についての講演依頼も増えているのだそう。11月30日(日)には聖路加国際大学で「性の多様性とグローバリズム」という講演を予定。当事者ゲストも招いて行われます。医療従事者でなくても、性教育や子どもの教育に関わる方、一般の方、どなたでもでも参加できますので、ご興味のあるかたはぜひお出かけください。

 

産んでも産まなくても、老いも若きも!ぜひ助産師さんにご相談を。

 

「行きたくなる町」仙川を親子で愉しむ

調布市の東部地域にある「仙川」は、京王線の駅を降りると目の前には居心地のいい駅前広場があり、活気あふれる商店エリアが周辺に広がっています。そこは自由が丘でも吉祥寺でもない、もう少しローカルな、でもちょっとした雑貨や美味しいものが揃う、ときどき訪ねたくなる街。子育て中だから遠出はできないけれど、仙川に来ると何となく満足できるという方も多いのではないでしょうか。

仙川の魅力を改めてご紹介したい!そこで、調布市在住で仙川が大好きで3人の女の子を育てている草野七瀬さんと三女の藍ちゃん(2歳)と一緒に、仙川の街をゆっくり歩いてみました。

 

日常の近くで感じる「非日常」

 

仙川駅前広場は、規模としては決して大きくありません。目の前には町のシンボルとも言える桜の木。天気のいい日などはベンチに腰掛けてそのままゆっくりしたくなる、落ち着いた雰囲気が魅力です。

 

「住まいが仙川に近いこともあり、大した用はなくても気分転換になるのでしょっちゅう来ています。小学生の長女と幼稚園に通う二女と三女のこの子と…毎日の子育ては本当に大変で、目の前のことに日々翻弄されている感じ。でもちょっと歩いてここへ来ると、気持ちがリセットできるというか…すごく近いところにあるのに、ここでは日常をふと忘れることができるんです」(草野さん)

 

それはきっと、仙川を訪れる人達の多くが感じていることかもしれません。そう感じる理由は、いったいどこにあるのでしょう。

 

おしゃれな雑貨をたのしむ

 

駅改札を降りてすぐ目に入るスタイリッシュなガラス張りのビルは、駅前シンボル的存在とも言える存在。かつてここに樫の木が植えられていた林があったことから「オークビル」と名付けられたのだそう。早速、ビル1階にあるインテリアショップ「KEYUCA」に立ち寄りました。

 

 

便利そうなキッチン用品や、センスのよい食器類、ベビー用品も並んでいます。「こんな道具や器があったら、気持ちよく暮らせるだろうな、なんて想像しながら眺めています。見ているだけでちょっと現実を忘れるというか(笑)」(草野さん)

 

ベビーカーのまま入店できるのも嬉しいところ。

「わあ、かわいい」

「素敵〜」

と、ついあれもこれも欲しくなってしまいます。

KEYUCAを出ると、目の前には珈琲ショップや雑貨店、おしゃれなお花屋さんなどが続きます。駅前から南側へ続くアプローチは歩行者専用のエリアも広く、子連れには比較的歩きやすいといえるでしょう。

実はこの先に草野さん親子のお気に入りスポットがあるというのですが…

 

本当に仙川が好き!

 

お気に入りの場所はとは、クイーンズ伊勢丹仙川店のある建物の2階テラスのこと。仙川の街を見渡しながら、心地よい屋外の空気を感じつつくつろぐには絶好の場所ですね。贅沢すぎる広いスペースに、イスとテーブルがゆったりと置かれています。

「ここに来るといつも『ああ、この街が好きだ〜っ』って思ってしまうんですよね」と草野さん。そんなふうに思えるのは、もしかしたら建物のデザインやその前に広がる風景、人々の往来までもが心地よく感じられるさまざまな「配慮」があるからかもしれません。

 

テラスだけでなく、クイーンズ伊勢丹の入口前にはウッドデッキもあり、行き交う人達の「憩いの場」にもなっています。ちょっと買い物に来ただけなのに、どこか豊かな気持ちになれる空間がある…そんな空間デザインがあるから、街全体にも「どこか心地よい空気」が広がっているのでしょうね。

 

公園でひと遊び

 

クィーンズ伊勢丹前の敷地とほぼシームレスに遊び場(公園)があることも、子連れにはありがたいこと。さっそく藍ちゃんも公園で遊び始めました。

 

この公園もまた、仙川を利用する人たちの憩い場。たとえば幼稚園のお迎え後の親子が集ったり、保育園の子どもたちがお散歩に利用したり、赤ちゃん連れ親子がゆっくり休んだり。もちろん、若者たちもシニアのみなさんまで、多様な世代の人たちが思い思いに過ごせる場所です。

思い切り遊んで、汗をかいて…お腹も空きました。ママと二人でお目当てのレストラン「センガワポワール」へと向かいましょう。

 

仙川の町を眺めながら美味しい時間

 

センガワポワールはリーズナブルで美味しいと人気のカジュアルレストラン。

お店はKEYUCAが入っているビルの2階にあります。1階部分には、子育て中の人たちが少しでも利用しやすいようにという配慮から、ベビーカー専用の置き場が。藍ちゃんのベビーカーもこちらへIN!(店内に持ち込む場合はスタッフさんにお声がけを。運ぶのを手伝ってくれます)

この日は、ママはパスタランチ。藍ちゃんはキッズハンバーグ(バゲット付き)を注文しました。ハンバーグはボリュームがあって美味しそう!これは「お子さまにも丁寧に作った本格的な料理を提供したい」というお店の思いがこめられています。

サラダバイキングやドリンクバーも充実していますね。藍ちゃんも「これ〜」とノリノリでリクエスト。ゆっくり楽しみながらランチをいただくことができました。

 

お買い物も快適に

 

さて、家に帰る前にもう少しだけお買い物。先ほども立ち寄ったクイーンズ伊勢丹の店内を回りました。入り口はスロープになっているので、ベビーカーはもちろん車椅子でも利用しやすい設計。店舗入口前のアプローチも広いのでストレス無く入ることができます。

 

「子どもたちと一緒に買物をするときに、子ども用の買い物かごがあるので助かるんですよ」(草野さん)

 

ママと同じように「お買い物」をしたい気持ちが、小さいかごで叶えてもらえるというわけですね。

半日たっぷり仙川の町を味わうことができました。

たまには親子で、ときには1人で。仙川で、あなたの「お気に入り」を見つけてみませんか。

 

(撮影・楠聖子)

市民の健康を守る「調布市医師会」

調布市医師会は、市内の開業医を中心とした「医師という専門家の集団」です。行政とも連携し、乳幼児健診や予防接種、休日・夜間診療の実施などに協力しています。

 

市民の医療に関する事柄に全般的に対応しているため、たとえば「親や家族の在宅医療」についての相談なども、調布市医師会で受け付けています。

 

 

その他にも、市民医学講座の開催や、福祉まつりなどのイベントへのブース出展など、市民の健康をサポートするための事業も積極的に実施。

今年の市民医学講座は、10月5日(土)にグリーンホール小ホールにて開催されます。

テーマは「知っておきたい!心臓病と『ストレス・笑い』の不思議な関係」。

入場無料・申込不要でどなたでも参加できますよ。

 

調布市医師会の活動については、まち情報ページでも詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

Magical T-Potが10月4日(金)にリニューアルオープン!

仙川駅からバスで5分。入間町西友2階にある室内遊び場「Magical T-Pot(まじかるTぽっと)」が10月4日(金)にリニューアルオープンします!

 

●おままごとコーナーがパワーアップ!
本格的なレジスターを導入や、スーパーのような陳列棚が追加され、リアルなお買い物ごっご遊びができるように。

 

●プログラミング教材を追加!
乳幼児からでも楽しめる初級編のプログラミング教材を追加!また、これまで土、日、祝日限定利用だったのが、平日も利用可能に。

 

●知育おもちゃを追加し、モンテッソーリコーナーがさらに充実!

 

リニューアル作業にともない、9月30日(月)から10月3日(木)までは休業予定。10月4日(金)からは利用料金の変更と、クレジットカード決済が対応可能となります。変更の詳細は、「Magical T-Pot 公式サイト」をご確認ください。

 

リニューアルし、ますます楽しくなりそうなMagical T-Pot。ぜひ親子で遊びに行ってみてくださいね。

 

コサイトマガジン, 大人の習い事

ママだって楽しみたい! 大人の習い事

コサイトマガジン2019年11月号配布中!

調布市子ども生活部の窓口や、子ども家庭センターすこやか児童館、 図書館などの市内の子育て関連施設や親子カフェaonaなどで配布しています)

 

今回は人気コラム「育てる」こどもごはんや、ママの習い事を特集。その内容をちょっとだけご紹介しますね♪コサイトマガジン2019年11月号

始めよう! 大人の習い事

●女性専用スタジオで楽しくキレイに

岩盤ホットヨガのほかバレエやダンスレッスンも「ルキナ仙川

 

●親子で英語絵本に親しもう

読み聞かせ方法や絵本の選び方が学べる「バイリンガル絵本クラブ

 

●ママも子どもも通えるフラダンス

体験レッスンあり。子連れで参加できるクラスも「Halau O Pilialoha(ハーラウ オ ピリアロハ)

 

●子連れで参加できる編み物教室

好きなものを自由に編めるニットカフェも開催「あおいろニット

 

●手軽なパン作りを単発レッスンで

元保健師の先生が指導。子連れOK!「小さなおうちパン教室CLOVER

 

 

いつかはと思っていても、つい後回しになりがちなママの習い事。思い切って始めたら、いい息抜きになるかも♪ 上手に自分の時間を持てたらいいですね。

 

気分転換にピッタリな「大人の習い事」は、こちらもチェック!

 

月1回の無料メルマガ「コサイトクラブ」

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ ご登録はこちらから!コサイトマガジン, コサイトクラブ, 調布, 子育て, 子連れ, イベント

いつからでもOK!気軽に使えるレンタル布おむつ

「布おむつは大変そう」

「やってみたいけれど自信がない」

 

そんな方にオススメなのが布おむつレンタル専門店のnu.norm

 

赤ちゃん用布おむつ・トレーニングパンツをレンタルできて、しかも使用済みの布おむつを洗わずに返却できるので、洗濯の負担はありません。布おむつは、排泄のたびに赤ちゃんのおむつを交換するので、肌と肌のふれあいが増えるだけでなく、赤ちゃんの些細な体調の変化にも気が付きやすいというメリットも。早いうちからスタートすることで、トイレトレーニングもスムーズにいくことが多いといわれています。

 

無理なく紙オムツと混合で使ってみようという方向けのマンスリープラン(月7000円税別)などご自分のペースで利用できます。初めての方向けには、1週間限定のお試し価格(3750円税別)でトライアルもOK

 

他にも、トイレトレーニングを始めたいと思っている方にぴったりの布おむつとトレーニングパンツをレンタルするプランもあります。

 

レンタルプランの詳細については、ぜひnu.norm公式ホームページ(外部サイト)ご覧ください。

 

また、nu.normでは、使うのが楽しくなるおしゃれな柄の布おむつカバーを数量限定で販売が決定。通常レンタルでは白無地の布おむつカバーが手元に届きますが、今回販売するストライプ柄の布おむつカバーは「かわいい柄の布おむつを使いたい」というユーザーからのリクエストに応えて販売するというもの。

 

濃いグレーとホワイトの太めのストライプが洗練されたデザイン。レンタル品と同様に股部のギャザーで横漏れがしにくく布おむつ初心者にも使いやすい設計です。公式ホームページ(外部サイト)にて現在お問合せを受け付けています。

 

コサイトまち情報では、nu.norm世田谷通り沿い店を訪ねたリポートなども掲載中。店舗では、ワークショップなどのイベントも多数開催していますのでお見逃しなく。

【新着】2019年8月公開「まち情報」

今年の夏も暑かったですね。

そんな暑い中、コサイト編集部スタッフは夏休みをエンジョイしながらも、取材に奔走。8月はたくさんの情報がまち情報に加わりました〜♪

 

パンdeアノー

品川通り沿いにあるパン屋さん。多い日は1日2000個もパンが売れるのですって!

 

Park

神代植物公園近くにあるカフェ。手ごねのドーナツが美味しそう!

 

cafe DOMITOLI

野川沿いにあるカフェ。ランチやデザートをのんびり楽しめそう。

 

和菓子処 今木屋

つつじケ丘駅近くにある老舗。定番のどらやきなど伝統和菓子がずらり。

 

ドリム

カードゲームなどが楽しめるカフェ。小学生から大人まで幅広い利用があります。

 

くしのはな

カジュアルな創作フレンチが楽しめるお店。

 

ギンズ(GINZ)

ライブハウス。サックスやボーカル教室は幅広い年代の人たちが参加しています。

 

篠宮果樹園

ブルーベリー狩りが人気です。来シーズンは早めにチェックしてね。

 

コサイトでは新着情報などをまとめて、毎月1回メールマガジンを発行中です。登録してね〜♪

空と大地と, 調布市, ママ会

ママ会にピッタリ&子連れ歓迎のお店

コサイトマガジン2019年10月号配布中! 内容をちょっとだけご紹介しますね♪

調布市子ども生活部の窓口や、子ども家庭センターすこやか児童館、 図書館などの市内の子育て関連施設や親子カフェaonaなどで配布しています)

コサイトマガジン2019年10月号

ママ会にピッタリな調布のお店

●品川通り沿いのお洒落なイタリアン

ランチコースや飲み放題付き女子会プランが人気「TRATTORIA TIMO (トラットリア ティモ)

 

●座敷席のあるたこ焼き・鉄板焼き店

子連れOK!お得なコースや飲み放題メニューも「あずまや調布南口店

 

●平日限定の「3時間プラン」が好評

午前中からランチまで、たっぷりおしゃべりと食事を楽しめる「aona (アオナ)

 

●こだわりの「おむすび」に舌鼓

ソファー席多数。新潟の食材を使ったメニューが豊富「micro-cafe(マイクロカフェ)

 

●体に優しい食事とインテリアが魅力

赤ちゃん連れ歓迎。ヘルシーなランチや飲み物を提供「空と大地と

 

●野菜多めの餃子は子どもにも人気!

住宅地に佇む個室のある家庭料理店。予約がおすすめ「こな家

 

子連れで集まれるお店をお探しなら「カフェ・レストラン」もチェック♪

 

月1回の無料メルマガ「コサイトクラブ」

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ ご登録はこちらから!コサイトマガジン, コサイトクラブ, 調布, 子育て, 子連れ, イベント

児童館まつり, 調布市

児童館まつりへ行こう!

今年も9月から11月にかけて「児童館まつり」が開催されます!

調布市内11カ所の児童館がそれぞれテーマを決め、ゲームや模擬店、工作、幼児コーナーなど楽しい企画を用意。地域にお住まいの方ならどなたでも参加できます。

児童館まつり, 調布市, 児童館祭り

ふだんは0歳から18歳までの子どもや親子が利用している児童館。まだ利用したことがない方は、この機会に出かけてみませんか? 「子育てひろば」を利用している方も、いつもとは一味違う児童館を親子で一緒に楽しみましょう!

調布市, 児童館祭り, 児童館まつり, 児童館祭

チケットのご用意をお忘れなく!

児童館まつりの各コーナーに参加するには、チケットが必要です。数に限りがあるため、前もってお早めに各児童館でお求めください。(前売りチケットが余った場合のみ当日券あり)

日程やチケット情報など詳細については、各児童館 にお問い合わせいただくか、コサイトのイベントページ および 調布市のホームページ をご覧ください。

 

児童館一覧(コサイト)
令和元年度 児童館まつり (調布市ホームページ)
児童館のおたより(調布市ホームページ)

調布市, 児童館祭り, 児童館まつり, 児童館祭

「子育てひろば」

各児童館では、調布市内にお住まいの子育て中や妊娠中の方を対象に、乳幼児向けの施設の開放や、助産師や専門の相談員による悩み相談などを行う「子育てひろば」を実施しています。

 

「児童館まつり」のチケットを手に入れるついでに「子育てひろば」に参加してみませんか? 楽しい遊びのイベントや役立つ講座も開かれ、月齢の近いお友達とのふれあいや地域のママとのつながりもできますよ♪ 各児童館の「子育てひろばのおたより」でスケジュールをチェックして、ぜひおでかけください。

 

子どもの居場所:子育てひろば(コサイト)
子育てひろばのおたより(調布市ホームページ)
児童館「子育てひろば」(調布市ホームページ)

DSC_4072

赤ちゃんおでかけ安心まっぷ」に各児童館の授乳・おむつ替え設備の情報を掲載中! ぜひチェックしてくださいね♪

産前産後のマイナートラブルケア&お悩み相談も

産前産後の体や心は不安定。産前にはつわりや腰痛、産後には乳腺炎や腱鞘炎など日常生活に支障が出てしまうこともあります。また、日常生活に影響が出るほどではないけれど、なんとなく体が重い、疲れやすい、気持ちが落ち込みやすいなど、いろいろなお悩みを抱えがち。そんな時には、助産師の力を借りてみてはいかがでしょう。

調布市入間町にある「産前産後助産院moegi」では、助産師の森崎真澄さんがひとりひとりに寄り添い、母乳ケアや授乳相談、育児相談やマイナートラブルケア、デイケアなどを行っています。オンライン相談にも対応しているので、外出ができない場合でも利用OK。妊娠前の相談にも乗ってくれますよ。

 

また、さまざまなワークショップも随時開催しています。たとえば小豆袋のアイマスクを作ったり、悩みや不安を抱える人が多い帝王切開について語り合ったり、薬膳の講座や映画の上映会なども。

もちろん乳幼児連れでの参加もOK。周りを気にすることなく、ワークショップを楽しむこともできます。

     ▲ワークショップは心づくしのお茶とお菓子も。

 

妊娠前から産後にかけてのちょっとした困りごとから気になるマイナートラブルまで、産前産後助産院moegiに相談してみてはいかがでしょう。