調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

行政サポート

出産したら

ここでは、あなたの子育てをサポートする調布市の行政サービスをはじめとした、さまざまな情報を紹介します。あなたの子育てステージや状況に合った子育てに役立つ情報が、きっと見つかります。

こんにちは赤ちゃん訪問

出生通知書「わが家の赤ちゃんお知らせはがき」をもとに助産師、保健師、看護師が家庭訪問します。生まれた赤ちゃん全員が対象です。市外から転入した方は、保健センターへ連絡してください。費用は無料です。

 

問い合わせ 調布市福祉健康部健康推進課(保健センター)  042-441-6081

 

産後ケア事業

産後ケア事業とは、家族などから出産後のサポートを受けられない母子が日帰りでケアを、1回3000円の負担で受けることができるというもの(生活保護世帯・住民税非課税世帯・中国残留邦人等支援給付受給世帯は無料)。

お母さんのリラックスケア、母乳相談や育児相談を主とし、必要に応じて母乳ケアや沐浴サービスなどが受けられ、助産師に赤ちゃんを預けてゆっくり眠ることもできます。

 

対象

次の1から4のすべてにあてはまる方
1市内の住所がある、生後4カ月以内のお子さんとそのお母さん
2出産後に家族等から支援が受けらない方
3育児に関しての不安のある方
4母子ともに医療的な処置の必要ない方

 

利用可能な日

午前10時から午後4時まで(3時間以上の利用をお願いします)。
月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)。

 

利用料金

1回 3000円(食事代別途、持ち込み可能)

生活保護世帯・住民税非課税世帯・中国残留邦人等支援給付受給世帯は無料

 

申込み

利用前に健康推進課で利用申請が必要です。妊娠中から利用申請が可能です。申請できるのは妊婦または産婦本人、もしくはその配偶者です。

 

申込方法

申請書(外部リンクPDF)に必要事項をご記入の上、下記の持ち物ご持参いただき、健康推進課の窓口にてお申し込みください。

・母子健康手帳

・生活保護世帯・中国残留邦人等支援給付受給世帯は受給証明書、住民税非課税世帯の方で、調布市で申告をしていない場合は、世帯全員分の非課税証明書

 

利用申請後、利用が承認された方には、後日「産後ケア事業利用承認通知書」と「産後ケア事業利用カード」が郵送されます(申請時の状況によっては、利用が承認されない場合もあります)。

 

産後ケア施設の利用方法

利用申請後に「産後ケア事業利用カード」を発行された方は、直接実施施設にお申込みください。施設の状況によっては、利用日時のご希望に添えないこともございますので、ご了承ください。

産後ケア事業実施施設
施設名 住所 電話番号
sage femme
(サージュ ファム)
国領町2-8-3ゴコウエテルナーレB107 042-427-0131
マザリーズ助産院 深大寺北町4-13-51 042-484-3757

 

 image1

 

問い合わせ 
調布市福祉健康部健康推進課(保健センター) 042-441-6081
調布市産後ケア事業(外部リンク)

 

ベイビーすこやか(産前・産後支援ヘルパー事業)

産前・産後の家事や育児の支援が必要な子育て家庭で、ヘルパーが子どもの世話や家事援助などをする子育て支援サービスです。
事前に、すこやかの職員がコーディネーターとして家庭を訪問します。

 

利用内容
1 育児に関すること(授乳、沐浴、おむつ交換、兄姉の育児など)
2 家事に関すること(食事の準備・片付け、買い物、居室の掃除、洗濯など)

利用対象
市内在住で母子健康手帳交付を受けた日から、出産日後6カ月を迎える月の末日までの妊産婦、または乳児のいる家庭(多胎の場合は出産日後1年を迎える月の月末まで)

利用日数
1カ月のうち7日間まで(多胎の場合は1カ月のうち12日間まで)

利用時間
9時~18時までの4時間以内で1時間単位

利用料
1時間 1000円

申し込み
子ども家庭支援センターすこやか
※利用に関しては、早めの相談を。

 

問い合わせ 子ども家庭支援センターすこやか  042-481-7731 (相談電話兼用)

ベイビーすこやか(外部リンク)

ページトップへ