調布子育て応援サイト コサイト

調布市の行政、民間の子育て情報が一つに。 子育て中の人とまちをつなぐポータルサイト

京王線京王多摩川駅のすぐ横にある欧風庭園。日本庭園だった旧「京王百花苑」を2002年に一新。東京ドーム1.5個分という広さの敷地内には、30種200本のマグノリア(モクレン)を集めた「マグノリアガーデン」をはじめ、趣の違う10種類のガーデンが配置されています。庭園の一角で開催される季節に合わせたコンサートやイベントも魅力的。また、併設されている「バーベキュー ビレッジ」では、手ぶらで出かけて気軽にバーベキューを楽しめます。

コサイトinterview

「7人の専属ガーデナーが愛情込めて手入れをしてくれている庭園を、たくさんのお客様に何度も見ていただけるよう、知恵を絞るのが私の役目です!」
と、熱く語るのは「京王フローラルガーデン アンジェ」支配人の野中秀晃さん。

「長年、京王電鉄の運転士、運行管理など鉄道一筋で働いてきました。アンジェに異動となってからは、緑に囲まれた職場なのでストレスもだいぶ減りましたね(笑)」

ナチュラルさを保ちつつ繊細に整えられた庭もさることながら、GoGreenMarketなど、ロケーションの魅力を最大限生かしたイベントも、市内外から多く来場があり人気です。

「来園者のみなさまにいかに喜んでいただくかを日々考え、企画しています。たとえばブルガリアのバラに焦点を当てた『ブルガリアフェア』など、庭園の花と一緒にさまざまな国の文化や食も楽しんでいただいたり。クリスマスシーズンにはサンタクロースにちなんだ絵本イベントを企画し、お子様連れのお客様にご好評いただいています」

調布花火大会ではキッチンカーを出店するなど、「調布を盛り上げるためなら協力は惜しみません」と、地域貢献にも意欲的。「アンジェではこれからも様々な企画を予定していますので、ご期待ください!」(野中さん)

コサイトreport

ガーデナーの島田みほさんと一緒に庭園を散策しました。
庭づくりのコンセプトの一つは「ナチュラル」。それぞれの植物の特徴や魅力を知り尽くしたガーデナーさん7人が丁寧に育てている草木や花は、まるで昔からそこに生えていたかのよう。あえて整えすぎていないからか、プライベートガーデンのような親しみやすさがあります。
園内には、ベンチやテーブルセット、芝生の広場「ロウンガーデン」があるので、お弁当を持って子どもと一緒にピクニックをしても気持ちよさそう。
「植物に関するご質問にもお答えします」と島田さん。草花を見て楽しむだけでなく、知識を深めてもらいたいという姿勢に、ガーデナーさんたちの「植物が好き」というまっすぐな思いを感じました。

名称京王フローラルガーデン アンジェ
所在地調布市 多摩川 4-38
大きな地図で見る
電話042-480-2833
ホームページURLhttp://www.keio-ange.info/
休み水曜定休(祝日の場合はその翌日)、年末年始
*4月、5月、10月は無休(水曜も休まず開園)
営業時間3月~9月  10:00~17:30
10月~2月  10:00~16:30
*入園は閉園時間の30分前まで
アクセス京王多摩川駅 徒歩 
駐車場35台
隣接の「京王コインパーキング」
駐輪場64台
入園料大人(高校生以上)500円 小人(小・中学生)100円 小学生未満 無料
ページトップへ