身体をつくる「バランス」子ども食

心も体も、子どもは日々成長しています。その成長を支えているのが毎日の食事。成長期だからこそ、心がけたいことはきっとたくさんあるはずです。そこで今回は、幼児期の食を提供している保育園の給食を通して、あらためて「子ども食」について考えてまいりましょう。

 

 

調布市内に5つの認可保育園を持つパイオニアキッズの給食には、さまざまなこだわりがあります。それはいずれも子どもの成長を支えるため。まずは取材当日の献立を見てみましょう。

 

サンマの塩焼き

鶏肉と大豆の切り干し大根煮

じゃがいもとかぼちゃのグリル

わかめ・冬瓜・舞茸の白味噌汁

おにぎり

フルーツ(すいか・ぶどう)

 

 

パイオニアキッズでは、食物アレルギーの子どももできるだけ同じように食事ができるようにという配慮もあり、卵・乳製品・小麦は使いません。またどちらかというと家庭では食べる機会が少ない魚料理を中心に和食の献立を提供しています。

 

 

「今日はかまどごはんの日なんです。園庭にかまどを作って火を起こして、今日はそこで子どもたちと一緒にサンマを焼きます!園庭で食べますので、ごはんもおにぎりなんですよ」(管理栄養士・めぐみさん)

 

あえてみんなで火を起こして、焼くという経験もセットでいただく食事とは、楽しそう!

 

 

「ま・ご・わ・や・さ・し・い」

 

ところでこのフレーズ、聞いたことがありますか? これは日本で伝統的に食べられてきた「和食」に使われる食材の頭文字をとって、覚えやすくしたというものです。

 

ま…豆類や豆腐、味噌など加工品など。良質なたんぱく質。

ご…ごまやナッツ類。ミネラルがたっぷり。

わ…わかめなどの海藻類。カルシウムなどのミネラルが豊富。

や…野菜全般。ビタミン、ミネラルが豊富。

さ…魚類。たんぱく質の栄養価が高くDHAやEPAなども含む。

し…しいたけなどきのこ類全般。食物繊維やビタミンDなど。

い…いも類全般。炭水化物、糖質、ビタミンC、食物繊維など。

 

 

パイオニアキッズの給食では、この「ま・ご・わ・や・さ・し・い」を常に意識して献立を作っているとのこと。

 

「子どもの身体を作る栄養素として欠かせないのはたんぱく質ですが、やはりいちばん大事にしているのはバランスです。何か1つだけ食べればよいというものではありません。いろいろな栄養素をバランスよく摂取するよう献立づくりをしています」(めぐみさん)

たとえばカレーライスの日はスープに魚を入れるなど工夫しているのだそう。家庭で日々「ま・ご・わ・や・さ・し・い」をパーフェクトに摂取するのは難しいことですが、ゆるやかにでも意識することで、自然と日々の献立のバランスが取れてくるかもしれません。たとえばきのこや海藻、野菜はお味噌汁に入れて具だくさんにするなど、工夫すれば意外にできそうな気がしてきませんか?

 

 

火を起こしてサンマを焼く

 

さあいよいよ火起こしが始まります。子どもたちが慣れた手付きで、かまど用のブロックを運びはじめました。ブロックで囲いを作り、中心に木っ端や炭、火付け剤にジュースの紙パックなどを重ね、その上に大きな金網を乗せました。

 

のりこ先生は火起こしの名人!重ね方にもコツがあるという木っ端類を手際よく重ね、火をつけます。そこからはひたすら団扇であおぎます。子どもたちもみんな全力で!

炎が安定してきたところで、めぐみさんがサンマを持ってきてくれました。一人半身ずつ。小さい子たちはしっかり骨を抜いた切り身ですが、年中、年長ぐらいになると骨付きでいただきます。

焼けています!美味しそうです!アルミホイルに包まれているのは、かぼちゃとじゃがいもです。

サンマは直火でガンガン焼いているので、丸焦げになってしまうのではないかと、見ている取材チームはハラハラしてしまいましたが、いらぬ心配だったよう。しっかりほどよく焼けました。

アルミに包んでグリルした野菜はどうなったでしょう。「そろそろいいかな?」とアルミホイルを開いてみると…湯気が立ち上りふわ〜っ!

「わ〜いいにおい!」

「じゃがいもだ!おいしそう!」

「ぼく、においでじゃがいもってわかる!」

「ふわ〜〜〜(うっとり)」

「ほかほかだ!」

一人ずつ鼻を近づけて匂いを嗅いで大喜び。楽しい体験と美味しそうな香り。子どもたちにはこんな経験こそさせてあげたいものです。決して難しく考えず、たとえば家庭でもパンをトーストする香り、炊きたての御飯の香り…香りだけでも一緒に楽しむと、親子で幸せな気持ちになれそうです。

 

「子どもにとって、食べることはお腹を満たすだけでなく、心の成長のためにも大切なことだと考えています。お友だちと一緒に、共感しながら食べる楽しさが大事だと思います」(めぐみさん)

 

 

食べてみたら「なーんだ食べられた」

 

魚、海藻、きのこ類…。パイオニアキッズでは毎日しっかり献立に入っている食材ですが、子どもたちに人気の食材とは言えないような…?

「全員がはじめから順調に食べてくれるわけではありません。本当に苦手な食材もあるでしょう。けれど、保育園で子どもたちと接していて感じるのは、『食べたことが無いから、食べたくない』という、いわゆる『食べず嫌い』が案外多いということです」(のりこ先生)

 

 

給食時、幼児さんたちは自分で食べたい量を自分で盛り付けます。だから当然のことながら、苦手なものには手を出そうとしません。そんなときはごく小さいかけら程度でも1つ、必ず盛り付けるよう促しているのだそう。そして、そのひとかけらが食べられたら全力でほめてあげます。

いったん食べることができると「なんだ、食べられるじゃん」という体験になり、すぐさまおかわりする子もいるのだとか。見た目が嫌で「減らしてください」と言ってきた子も、食べてみたらおかわりすることも。

 

「食べたことがない食材は、一口目を口に入れるまでが大変です。その日の気分や体調にもよります。だから保育園では『食べてみようかな』という気分にもっていけるムード作りを大切にしています」(のりこ先生)

どうしても苦手なものは、無理に食べさせないことも大事だといいます。どうしても匂いが嫌だったり、食べようとしてもオエッとなってしまうこともあります。

 

「じっくり時間をかけてゆっくり少しずつ食べられるようにしていくことを目指しています。だから今日食べられなくてもいいじゃない、また次の機会に食べてみようか、と。何よりも重要なことは、食事が楽しいこと、だと考えています」(のりこ先生)

 

 

食べる量と栄養バランス、咀嚼の関係

 

一人ひとりが食べる量は個人差があります。食べる量が少なめでも、身長と体重がバランスよく増えていれば気にしなくてもよいのだそう。

 

「数カ月間ずっと体重が増えない場合は食事を見直したほうがいい場合があります。たとえばお菓子をたくさん食べている子は日々お腹は満たされているものの、成長に必要な栄養素が足りていない可能性があると考えられます」(のりこ先生)

 

また、家庭ではたくさん食べているという子どもたちの中には、実はあまり噛まずにそのまま飲み込んでいる場合もあるのだそう。よく噛んで食べると味わうことはもちろん、満足感にもつながります。

「食べる量は多いけれど、実は咀嚼が十分ではないこともあります。噛まないとどうしても食べすぎてしまうので、やはり噛むことは大事。咀嚼は滑舌とも関係があり、よく噛んでいると滑舌もよくなると言われています」(めぐみさん)

 

身体にも滑舌にも大切な咀嚼を促すため、保育園では噛むことを促す献立を提供する「かみかみ月間」なども設けているそう。

 

「噛みごたえのあるメニューを、と思いたたきゴボウを出したことがあるのですが、人気がなくて(笑)。いろいろ工夫して甘味噌味のたたきゴボウにしたら、喜んで食べてくれるようになりました。玄米も週に2回ほど提供しています」(めぐみさん)

▲ワンプレートに盛り付けました。 写真のサンマは調理室のグリルで焼いたもの。 味噌汁もつきます。

 

今日はお外で「いただきます」

 

さて、子どもたちの食事が始まりました。かまどで焼いたサンマをみんな器用に食べています。

▲こちらはかまどで焼いたサンマ。焼き色がワイルド!

 

かまど調理の日は、外でテントを張ったり、どろんこ遊びをしたり…朝から夕方まで屋外で過ごすことが多いそう。

「栄養バランスよく、量もしっかり食べるだけでなく、身体づくりに大切なことは外の光を浴びて遊ぶことだと考えています。それが子どもの体力を育み、ますます元気に成長していく土台となるからです」(のりこ先生)

子どもの身体作りに欠かせない「食」。ただお腹を満たしていればいいというものではありません。とはいえ、毎日の食事作りは大変なこと。保育園の給食を参考に、みなさんのご家庭でもできそうなところから、子どもの身体づくりのために始めてみませんか。

知っておきたい 子宮頸がんワクチンのこと

子宮頸がんの原因になると考えられている、ヒトパピローマウイルス(HPV)。そのHPVの感染を防ぐために接種するのが子宮頸がんワクチンです。現在、厚生労働省からは予防接種の積極的勧奨見合わせの通知が、各自治体に届いていますが、これは定期予防接種を中止するものではありません。調布市のウェブサイトにその詳細が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

 

飛田給駅前の「ささもとこどもクリニック」院長・笹本和広先生が、毎月発行しているニュースレター(外部リンク)にも「家族で話し合う機会になれば…」と、子宮頸がんとそのワクチンについての情報が取り上げられています。

 

なんとなく不安なままよりは、ワクチンのメリット・デメリットをしっかりと理解しておきたいですね。

sasamoto02

ニュースレター(外部リンク)のバックナンバーは、クリニックのホームページで閲覧が可能です。

 

コサイトのまち情報では、笹本先生へのインタビューや、クリニックの様子がわかる体験レポートも掲載中!併せてご覧ください。

 

コサイトマガジン. 調布, 仙川, しまねこや

手土産や「ご褒美おやつ」に♪ 調布のスイーツ

コサイトマガジン2019年9月号配布中! 内容をちょっとだけお見せしますね♪

(調布市子ども生活部の窓口や、子ども家庭センターすこやか、児童館、 図書館などの市内の子育て関連施設や親子カフェaonaなどで配布しています)

コサイトマガジン2019年9月号

食べてニッコリ♪甘いもの

●かわいい焼き菓子やケーキがずらり

百貨店催事で人気のフランス菓子店。イートインも可「J’arrive!! (ジャリーヴ)

 

●オシャレなカフェでスイーツを堪能

フォトジェニックな季節のデザートを楽しめる「cafe VANNIER(カフェ・ヴァニエール)

 

●ポーランド生まれのふわふわドーナツ

看板商品ポンチキのほかポーランド料理も味わえる「ポンチキヤ KIKUNODAI

 

●厳選素材を使った低糖質おやつ

月替わりおやつセットが人気。各種ワークショップも「しまねこや~低糖質おやつのお店

 

●こだわりの餡を使った和スイーツ

美しい季節菓子は手土産にも。モダンな雰囲気の和菓子店「餡の輪

 

手土産や差し入れ、帰省土産にも♪ 調布のおいしいものを探すなら「カフェ・レストラン」や「食料品店」もチェック!

 

メールマガジン「コサイトクラブ」をご存知ですか?
地域の子育て関連情報を月1回メールでお届けしています。地域のイベントなどが詳細情報へのリンク付きで見られて便利ですよ♪ ご登録はこちらから!コサイトマガジン, コサイトクラブ, 調布, 子育て, 子連れ, イベント

夏休み中の見直しもおすすめ!「学校生活管理指導表」

アレルギー疾患を持つお子さんが、安全・安心な学校生活を過ごすために提出する「学校生活管理指導表」。アレルギーは成長に伴って症状が変化することも多いため、毎年更新が必要となります。

 

より正確な管理指導表を作成するために、問診に加えて必要となってくるのが、血液検査や皮膚テスト、そして食物負荷試験です。特に負荷試験は少なくとも1回2時間程度かかり、複数回行う場合もあります。

 

「年度末は予約が混みあったり、インフルエンザの流行と重なったりすることもある時期。流行の病気の影響を受けにくい、夏から秋ごろにかけての時期の見直しはおすすめですよ」(ささもとこどもクリニック・笹本和弘先生)

 

一年に一度の大切な更新。「我が家は〇月に見直そう」とあらかじめ決めておくことで、しっかりじっくり相談ができるかもしれないですね。

飛田給駅前にある、小児科・アレルギー科の「ささもとこどもクリニック」では、日本アレルギー学会認定のアレルギー専門医でもある院長・笹本和広先生に相談が可能です。

なお、月・水・金曜日の14:00~15:00は予約外来(アレルギー、予防接種、乳児健診)、予約の方のみの優先時間帯になっています。

 

笹本先生は毎月発行しているニュースレター(外部リンク)で、アレルギーに関する情報も発信しています。クリニックのホームページではバックナンバーも閲覧可能です!

 

コサイトのまち情報では、笹本先生へのインタビューや、クリニックの様子がわかる体験レポートも掲載中!併せてご覧ください。

 

6月から受付開始、スギ花粉舌下免疫療法

飛田給駅前にある小児科・アレルギー科のクリニック「ささもとこどもクリニック」では、6月からスギ花粉舌下免疫療法の受付を開始しています。

 

スギ花粉症の治療法のひとつである「舌下免疫療法」。スギ花粉が飛んでいない時期でないと始められないこの治療法は、つらい症状を抑えるだけでなく、根本的な体質改善を目指す治療法です。

今までは12歳以上が対象でしたが、2018年から12歳未満でも使用できる治療薬「シダキュア」の販売が開始され、12歳未満の子どもも対象となりました。

 

「ささもとこどもクリニック」院長の笹本和広先生は、日本アレルギー学会認定の「アレルギー専門医」。子どもから大人まで、日々アレルギーについての相談を承っています。舌下免疫療法についてもっと知りたい方、治療を希望する方は、まずご相談ください。

sasamoto

笹本先生が毎月発行しているニュースレター(外部リンク)でも、舌下免疫療法についての情報を発信しています。実際に舌下免疫療法を行った方のアンケートも見られますよ。

 

コサイトのまち情報では、笹本先生へのインタビューや、クリニックの様子がわかる体験レポートも掲載中!併せてご覧ください。

 

 

情報発信中!アレルギーを知ろう

離乳食を始めるときや、食後に発疹を見つけたときなど…食物アレルギーについて不安を覚えた経験のある方は、少なくないのではないでしょうか。

 

子どもにとって、食事は心身の成長・発達のための大切なもの。

心配のあまり、「あれもこれも食べるのは避けておこう」とならないために、アレルギーについての正しい知識を身につけておきたいですね。

 

「ささもとこどもクリニック」院長の笹本和広先生が毎月発行しているニュースレター(外部リンク)、4月は「エビアレルギー」の話。

笹本先生は日本アレルギー学会認定の「アレルギー専門医」でもあるため、アレルギーについての情報を多数発信しています。sasamoto02

押さえておきたいポイントが短くわかりやすくまとめられているので、忙しい合間にもさっと読みやすいニュースレター。クリニックのホームページではバックナンバーも閲覧可能です。

 

「ささもとこどもクリニック」では、子どもから大人まで、アレルギーに関する相談を受け付け中。なお、月・水・金曜日の14:00~15:00は予約外来(アレルギー、予防接種、乳児健診)、予約の方のみの優先時間帯になっています。

 

コサイトのまち情報では、笹本先生へのインタビューや、クリニックの様子がわかる体験レポートも掲載中!併せてご覧ください。

 

つらい花粉症…その薬、自分に合ってる?

日ごとに春らしく、暖かくなってきました。散歩をするのに気持ちいい季節ですが、花粉症の方には悩ましい季節でもありますね。

 

ひとくちに「花粉症の薬」といっても、アレルギーの薬は実にさまざま。「どうにも眠くなってしまって」「飲んでいるけどあまり効いていないような」という方は、自分の症状や生活に合った薬を検討してみるのもいいかもしれません。

 

詳しくは「ささもとこどもクリニック」院長・笹本和広先生の発行している、今月のニュースレター(外部リンク)をご覧ください。

news_s

 

飛田給駅前にある、小児科・アレルギー科の「ささもとこどもクリニック」の院長である笹本和広先生は、日本アレルギー学会認定の「アレルギー専門医」。

子どもから大人まで、様々なアレルギーに関する相談を随時受け付けています。スギ花粉症の治療法のひとつである「舌下免疫療法」の相談も可能です。

※舌下免疫療法はスギ花粉の飛散期に開始することはできません

 

なお、月・水・金曜日の14:00~15:00は予約外来(アレルギー、予防接種、乳児健診)、予約の方のみの優先時間帯になっています。

また、アレルギーについての知識を得たいという方には、笹本先生が毎月発行しているニュースレター(外部リンク)もおすすめです。クリニックのホームページからバックナンバーも閲覧できますよ。

 

コサイトのまち情報では、笹本先生へのインタビューや、クリニックの様子がわかる体験レポートも掲載中!併せてご覧ください。

 

 

スキンケアでアレルギー予防を!

多くの方が花粉症に悩まされる季節になりましたね。大人だけでなく子どもにも増えていて、なかには乳幼児期に花粉症を発症する子も。もし子どもが小さなうちに予防できることならしたい!というのが親心というもの。アレルギー全般の予防にスキンケアが関係するという最近の研究のお話を調布市医師会の貫井清孝先生(ぬきいこどもクリニック院長)にお聞きしました。

 

「アレルギーの原因物質が体の中に入ってくる経路を考えた時に、花粉症や気管支ぜんそくでは、鼻や気管支粘膜に原因物質が付着してアレルギー反応を起こし、食物アレルギーでは食べたものが消化管粘膜でアレルギー反応を起こすと考えるのが一般的です。しかし最近の研究から、皮膚から原因物質が体の中に入って感作(アレルギー準備)状態が作られ、次に原因物質が鼻や気管支、腸に入ったときにその場所でアレルギー反応を起こしているのではないかと考えられるようになりました。

 

本来、皮膚の表面は汗や皮脂などの薄い膜で覆われ、外部からの刺激や物質を跳ね返しています。実はアレルギーの素因(その病気にかかりやすい素質)のある子どもの周りには、原因物質の細かな粉(タンパク分子)があり、この物質が絶えず皮膚表面に付着していると考えられています。

 

成長の流れから見ると、子どもは生まれた時には胎脂につつまれていますが、皮脂の分泌は生後2ヶ月頃から減りはじめ、小学校入学前頃に最も少なくなります。幼児の皮膚が、冬場にビロード状にキラキラ光っているのは、ものすごく細かな亀裂が皮膚に入った状態です。この皮膚の細かな亀裂や、引っ掻いて赤くなった所からアレルギーの原因物質(ダニの糞や花粉、食物の微粉)が体内に入って免疫担当細胞を刺激して、感作状態を作るといわれています。逆に肌のバリアをしっかり作ってあげればアレルギーを予防できる可能性が高くなります。細かな亀裂を作らないようにいつも肌をしっとりと保湿に気をつけ、肌が赤くなったり、痒みが出るようなら早めに治療を受けて健常な皮膚に戻すことが大切です。」(貫井先生)

 

※写真はイメージです

災害時にも役立つ!お薬手帳

「具合が悪くて小児科に行ったけれど、目も赤くて気になるので眼科に行かなくちゃ」

「昨日は肌の状態が心配で皮膚科へ、今日は耳を気にしている様子なので耳鼻科へ…」

子どもは同じタイミングで、複数のお医者さんにかかるときも少なくないですよね。

そんなときの強い味方が、お薬手帳!

 

お薬手帳のよいところについて、「ささもとこどもクリニック」院長の笹本和広先生が最新のニュースレター(外部リンク)で紹介中です。是非、目を通してみてくださいね。

sasamoto02

 

飛田給駅前にある、小児科・アレルギー科の「ささもとこどもクリニック」では、薬は院内処方。オンライン受付もあり、おうちで待ち状況を確認することが可能です。

具合の悪い子どもが一緒なので、移動の手間や待ち時間が少なくなるのは助かりますね。

 

 

笹本先生が毎月発行しているニュースレター(外部リンク)には、流行りの病気や子どもの医療ニュースなど、チェックしておきたい情報が満載!クリニックのホームページではバックナンバーも閲覧可能です。

 

 

コサイトのまち情報では、笹本先生へのインタビューや、クリニックの様子がわかる体験レポートも掲載中!併せてご覧ください。

 

年末年始 急な体調不良時の緊急連絡先

年末年始のお休み中も、子どもの病気は待ってくれませんね。

 

コサイトでは、調布市の年末年始の休日診療当番医や、休日夜間休館診療所をはじめ、小児救急相談(#8000)、近隣の救急病院の情報をまとめています。

 

もしものときの緊急連絡先一覧

 

ぜひご活用ください!

 

楽しみがたくさんの年末年始ですが、子どもの事故には十分気をつけましょう。とくに小さい子どもは何でも口に入れてしまうことがありますので、誤飲には十分ご注意を。また、やけどや転落、お風呂場で溺れてしまう事故などにもいっそう注意しましょう。